ハッシュとデジタル署名

ハッシュ関数とデジタル署名関数を使用すると、他のユーザーがデータが署名されてから変更されていないことを確認できるように、ユーザーはデータにデジタル署名を行うことができます。 データに署名したユーザーの ID も確認できます。

デジタル署名は、少量のバイナリ データで構成され、通常は 256 バイト未満です。 この署名は、特定のアプリケーションの実装方法に応じて、署名されたメッセージにバンドルすることも、個別に格納することもできます。

Microsoft Strong Cryptographic Provider は、RSA 公開キー暗号化標準 (PKCS) #1 に準拠したデジタル署名を作成します。