Shell. Controlパネル Item メソッド

指定されたコントロールパネル ( *.cpl) アプリケーションを実行します。 アプリケーションが既に開いている場合は、実行中のインスタンスをアクティブ化します。

注意

Windows Vista では、ほとんどのコントロールパネルアプリケーションはシェル項目であるため、この機能を使用して開くことはできません。 これらのコントロールパネルアプリケーションを開くには、正規名を control.exe に渡します。 次に例を示します。

control.exe /name Microsoft.Personalization

構文

Shell.ControlPanelItem(
  bstrDir
)

Shell.ControlPanelItem( _
  ByVal bstrDir As BSTR _
)

パラメーター

Bstrdir [から]

型: BSTR

コントロールパネルアプリケーションのファイル名。 コントロールパネルのすべてのアプリケーションには、.cpl の拡張機能があります。

戻り値

JScript

このメソッドは値を返しません。

VB

このメソッドは値を返しません。

次の例では、 Controlpanel 項目 を使用して、コントロールパネルの 表示プロパティ 項目を実行します。 JScript、VBScript、および Visual Basic については、適切な使用方法が示されています。

JScript:

<script language="JScript">
    function fnShellControlPanelItemJ()
    {
        var objShell = new ActiveXObject("shell.application");
        
        objShell.ControlPanelItem("desk.cpl");
    }
</script>

Items

<script language="VBScript">
    function fnShellControlPanelItemVB()
        dim objShell
        
        set objShell = CreateObject("shell.application")
        objShell.ControlPanelItem("desk.cpl")
       
        set objShell = nothing
    end function
 </script>

Visual Basic:

Private Sub fnShellControlPanelItemVB()
    Dim objShell As Shell
    
    Set objShell = New Shell
    objShell.ControlPanelItem ("desk.cpl")
    
    Set objShell = Nothing
End Sub

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional、Windows XP [ デスクトップアプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Shldisp。 h
IDL
Shldisp .idl
[DLL]
Shell32.dll (バージョン4.71 以降)