InkPicture コントロールリファレンス

InkPicture コントロールは、アプリケーションにイメージを配置し、ユーザーがその上にインクを追加できるようにする機能を提供します。 これは、インクがテキストとして認識されず、代わりにインクとして格納されるシナリオを対象としています。

InkPicture コントロールは、C++ で CoCreateInstance メソッドを呼び出すことによってインスタンス化できます。

注意

InkPicture コントロールは、スクリプト用に安全としてマークされていません。 InkPicture コントロールは、HTML または ASP.NET ページでは使用できません。

透明なコントロール (WS EX transparent プロパティセットを持つ GroupBox など) の背後で InkPicture コントロールを作成すると、 _ _ inkpicture がインクを収集できなくなります。

メンバー

列挙 説明
InkPictureSizeMode InkPicture コントロール内での背景画像の動作を指定する値を定義します。
Event 説明
ChangeUICues 非推奨になりました。
Click ユーザーが InkPicture コントロールをクリックしたときに発生します。
カーソルボタンダウンイベント InkCollectorコントロールが、停止している Iinkカーソルボタンオブジェクトを検出したときに発生します。
カーソルボタンアップイベント InkPicture コントロールが、上にある Iinkカーソルボタン を検出したときに発生します。
カーソルダウンイベント カーソルの先端がデジタルタブレットの画面にアクセスしたときに発生します。
カーソル Inrange イベント カーソルがタブレットコンテキストの物理的な検出範囲 (近接) に入ったときに発生します。
CursorOutOfRange イベント カーソルがタブレットコンテキストの物理的な検出範囲 (近接) を離れると発生します。
DblClick InkPicture コントロールがダブルクリックされたときに発生します。
このイベントメソッドは、 _ iinkピクチャイベント インターフェイスで定義されています。 _ Iinkピクチャイベント インターフェイスは、DISPID ipedblclick の識別子を使用して IDispatchインターフェイスを実装し _ ます。
ジェスチャイベント アプリケーションのジェスチャが認識されたときに発生します。
KeyDown イベント [ InkPicture コントロール] InkPicture コントロールにフォーカスがあるときに、キーが押されてから下に移動したときに発生します。
KeyPress イベント [ InkPicture コントロール] InkPicture コントロールにフォーカスがあるときにキーが押されたときに発生します。
KeyUp イベント [ InkPicture コントロール] InkPicture コントロールにフォーカスがあるときにキーが離されたときに発生します。
MouseDown イベント [ InkPicture コントロール] マウスポインターが InkPicture コントロール上にあり、マウスボタンが押されたときに発生します。
MouseEnter マウスポインターが InkPicture コントロールに入ったときに発生します。
MouseHover マウスポインターが InkPicture コントロールの上に置かれたときに発生します。
MouseLeave マウスポインターが InkPicture コントロールから離れると発生します。
MouseMove イベント [ InkPicture コントロール] マウスポインターが InkPicture コントロール上を移動すると発生します。
MouseUp イベント [ InkPicture コントロール] マウスポインターが InkPicture コントロール上にあり、マウスボタンが離されたときに発生します。
マウスホイール InkPicture コントロールにフォーカスがあるときにマウスホイールが動くと発生します。
NewInAirPackets イベント 無線パケットが表示されたときに発生します。
NewPackets イベント InkPicture コントロールがパケットを受信したときに発生します。
描画 InkPicture コントロールがそれ自体の再描画を完了したときに発生します。
描画 InkPicture コントロール自体が再描画される前に発生します。
サイズ InkPicture コントロールのサイズが変更されたときに発生します。
SelectionChanged InkPicture コントロール内のテキストの選択が変更されたときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、 selection プロパティなどです。
作成 InkPicture コントロール内のテキストの選択が変更されようとしているときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、 selection プロパティなどです。
移動された selection 現在の選択範囲の位置が変更されたときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、または selection プロパティなどです。
SelectionMoving イベント [ InkPicture コントロール] 現在の選択範囲の位置が変更されようとしているときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、または selection プロパティなどです。
SelectionResized サイズ変更 現在の選択範囲のサイズが変更されたときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、または selection プロパティなどです。
SelectionResizing 変更 現在の選択範囲のサイズが変更されようとしているときに発生します。たとえば、ユーザーインターフェイスへの変更、切り取りと貼り付けの手順、または selection プロパティなどです。
SizeChanged InkPicture コントロールのサイズが変更された後に発生します。具体的には、 Width プロパティ値または Height プロパティ値が変更された後に発生します。
SizeModeChanged InkPicture コントロールの SizeMode プロパティが変更された後に発生します。
StyleChanged 実装されていません。
消す ユーザーが任意のタブレットに新しいストロークを描画したときに発生します。
StrokesDeleted インクプロパティから IInkStrokeDispオブジェクトが削除された後に発生します。
StrokesDeleting Inkプロパティから IInkStrokeDispオブジェクトが削除される前に発生します。
SystemColorsChanged システムカラーが変更された後に発生します。
SystemGesture システムジェスチャが認識されると発生します。
TabletAdded イベント タブレットがシステムに追加されたときに発生します。
TabletRemoved イベント タブレットがシステムから削除されたときに発生します。
Method 説明
GetEventInterest メソッド InkPicture コントロールが特定のイベントを対象としているかどうかを示す値を返します。
GetGestureStatus InkPicture コントロールが特定のアプリケーションジェスチャに関係しているかどうかを示す値を返します。
GetWindowInputRectangle メソッド インクが描画されるウィンドウの四角形をピクセル単位で返します。
HitTestSelection Selectionhit result列挙体のメンバーを返します。これは、ヒットテスト中に選択された項目がある場合、その部分を指定します。
SetAllTabletsMode メソッド InkPicture コントロールが、Tablet PC に接続されている任意のタブレットからインクを収集できるようにします。
SetEventInterest メソッド 指定されたイベントに、InkPicture コントロールが関心を持っているかどうかを示す値を設定します。
SetFocus フォーカスを InkPicture コントロールに移動します。
SetGestureStatus メソッド 指定されたアプリケーションジェスチャで、InkPicture オブジェクトの対象を設定します。
SetSingleTabletIntegratedMode メソッド タブレット PC に接続された1つのタブレットからのみインクを収集するように、InkPicture コントロールを設定します。 他のタブレットからのインクは無視されます。
SetWindowInputRectangle メソッド インクが描画されるウィンドウ座標で設定するウィンドウ四角形を指定します。
ショー 32ビットの Microsoft Windows オペレーティングシステム (デザイン時のみ) のヘルプで提供されている "This This" ポップアップを使用して、ヘルプファイル内の選択されたトピックを表示します。
Z コントロールをそのグラフィカルなレベル (デザイン時のみ) の先頭または後ろに配置します。
プロパティ 説明
AutoRedraw プロパティ ウィンドウが無効化されたときに InkPicture コントロールを再描画するかどうかを指定する値を取得または設定します (inkpicture に関連付けられているウィンドウが WM_PAINT メッセージを受信したときに、現在 InkPicture コントロールに関連付けられている Inkdisp オブジェクトが自動的に再描画されるかどうか)。
InkPicture コントロールの背景色を取得または設定します。 既定の背景色は、システムウィンドウの背景色 (通常は白) です。
CollectingInk プロパティ InkPicture コントロールがインクを収集している (実行時のみ) かどうかを指定する値を取得します。
CollectionMode ユーザーの書き込み時にインク、ジェスチャ、またはインクとジェスチャを認識するかどうかを決定するコレクションモードを取得または設定します。
Cursor プロパティ InkPicture コントロールのインク領域で使用できる Iinkcursors コレクションを取得します。
CustomStrokes インクによって永続化される Iinkcustomstrokes コレクションを取得します (デザイン時のみ)。
System.windows.controls.inkcanvas.defaultdrawingattributes プロパティ インクを描画および表示するときに使用する既定の InkDrawingAttributes collection を取得または設定します (実行時のみ)。
DesiredPacketDescription プロパティ InkPicture コントロールのパケットの説明を取得または設定します (実行時のみ)。
DynamicRendering プロパティ InkPicture コントロールが収集時にインクを動的にレンダリングするかどうかを指定する値を取得または設定します。
EditingMode InkPicture コントロールがインクモード、削除モード、または選択/編集モードであるかどうかを示す値を取得または設定します。
有効 InkPicture コントロールがユーザーが生成したイベントに応答できるかどうかを示す値を取得または設定します。
[!Note]
このプロパティは、 Inkenabled プロパティと同じです。

EraserMode ストロークまたはポイントによってインクを消去するかどうかを指定する値を取得または設定します。
EraserWidth 消しゴムのペンの先端の幅を指定する値を取得または設定します。
hWnd InkPicture コントロールがバインドされているウィンドウハンドルを取得します。 (実行時間のみ)
インク InkPicture コントロールに関連付けられている Inkdisp オブジェクトを取得または設定します (実行時のみ)。
InkEnabled InkPicture コントロールがペン入力 (空気内パケット、範囲イベント内のカーソルなど) を収集するかどうかを指定する値を取得または設定します。
MarginX プロパティ ウィンドウの四角形の周囲の x 軸の余白を画面座標で取得または設定します。
MarginY プロパティ ウィンドウの四角形の周囲の y 軸の余白を画面座標で取得または設定します。
MouseIcon プロパティ 現在のカスタムマウスアイコンを取得または設定します。
ポインタープロパティ InkPicture コントロールの特定の部分の上にマウスポインターを置いたときに表示されるマウスポインターの種類を示す値を取得または設定します。
InkPicture コントロールに表示されるグラフィックスファイルを取得します。
レンダラープロパティ InkPicture コントロールでインクを描画するために使用される Inkrenderer オブジェクトを取得または設定します (実行時のみ)。
[選択] InkPicture コントロール内で現在選択されている Inkstrokes コレクションを取得します (実行時のみ)。
OLE サイズ コントロールがイメージの配置とサイズ設定を処理する方法を取得または設定します。
SupportHighContrastInk プロパティ システムがハイコントラストモードの場合に、インクを1色、カラー = COLOR_WINDOWTEXT (GetSystemMetrics 呼び出しから) としてレンダリングするかどうかを指定する値を取得します。
SupportHighContrastSelectionUI システムがハイコントラストモードの場合に、すべての選択ユーザーインターフェイス (選択境界ボックスと選択ハンドル) をハイコントラストで描画するかどうかを指定する値を取得または設定します。
タブレットのプロパティ InkPicture コントロールが入力を収集するために現在使用している Iinktablet オブジェクトを取得します。

解説

InkPicture コントロールの実行時のユーザーインターフェイスは、不透明なインクを含む不透明な背景 (単色、画像の背景、またはその両方) を持つウィンドウです。

InkPicture コントロールを使用すると、Microsoft Windows 2000、Windows Server 2003、Windows xp Tablet PC edition 以外の任意のエディションの Windows xp、およびすべてのバージョンの Windows Vista でインクを表示できます。 ただし、次の条件下では、インクの入力、ジェスチャの受け入れ、または手書きの認識を行うことができます。

  • Windows Vista または XP Tablet PC Edition 2005 がインストールされている場合は、インクを入力して認識できます。
  • ジェスチャも同様に認識されます。
  • レコグナイザーが存在する限り、古いバージョンの Windows を実行しているコンピューターで手書き入力が発生した場合、手書き文字をテキストとして認識できます。

Windows 2000、Windows Server 2003、Windows xp Tablet PC edition 2005 以外のすべてのエディションの Windows xp を使用する場合は、InkPicture コントロールのアンビエントプロパティに値を割り当ててから、インクをコピーして他のアプリケーションに貼り付けることができます。 ただし、InkEnabled プロパティの値は常に FALSE になります。

永続化された inkdispオブジェクトは、Windows Vista および xp のすべてのエディションと、Windows xp Tablet PC Edition のソフトウェア開発キット (SDK) がインストールされているシステム上に読み込むことができます。 Windows Vista または Windows XP Tablet PC Edition 2005 がインストールされている場合は、 inkdisp オブジェクトをテキスト (認識可能) に変換できません。

このコントロールに対する操作が成功しなかった場合は、有効な HRESULT が返されます。 エラー状態が発生した場合は、返された HRESULT をエラーに対して確認します。

インクコントロールの詳細については、「 インク」を参照してください。

特定のイベントを発生させるスレッドについては、「イベントを発生させる スレッド」を参照してください。

アプリケーションのパフォーマンスを向上させるには、必要なくなったときに、InkPicture コントロールを手動で破棄します。

注意

店舗が透明 に設定さ れているなど、別のコントロールで inkpicture コントロールが使用されている場合、inkpicture はインクを収集しません。 InkPicture は、Z オーダーの最上位のコントロールであるか、または GroupBox の子である必要があります。

COM 実装

このオブジェクトは、 Iinkpicture COM インターフェイスを実装します。

InkEdit コントロール リファレンス

InkOverlay クラス