InkRecognizerGuide クラス

インクを描画できる認識エンジンが使用する領域を表します。 この領域は認識ガイドと呼ばれます。

InkRecognizerGuide には、次の種類のメンバーがあります。

インターフェイス

InkRecognizerGuide クラスは、これらのインターフェイスを定義します。

インターフェイス 説明
IInkRecognizerGuide このオブジェクトは 、IInkRecognizerGuide COM インターフェイスを実装します。

Properties

InkRecognizerGuide クラスには、これらのプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
[列]
読み取り/書き込み
ガイド ボックスの列数を取得または設定します。
DrawnBox
読み取り/書き込み
Tablet PCの画面に物理的に描画され、書き込みが行われるボックスを取得または設定します。
GuideData
読み取り/書き込み
C++ 開発者向けのガイド データを取得または設定します。
正中 線
読み取り/書き込み
中間線の高さを取得または設定します。 中線の高さは、描画ボックスの基準線から中線までの距離です。
行数
読み取り/書き込み
ガイド ボックスの行数を取得または設定します。
WritingBox
読み取り/書き込み
実際に書き込みを行うことができるガイド ボックスの非表示の書き込み領域を取得または設定します。

解説

このオブジェクトは、 CoCreateInstance メソッドを呼び出すことによってインスタンス化できます。

既定では、認識エンジン ガイドはありません。 既定のガイドでは、すべてのプロパティ値が 0 に設定されています。 ガイドを設定するには、このオブジェクトのプロパティを使用する必要があります。

アプリケーションが、ユーザーが書き込む必要がある画面にガイドラインを作成した場合、アプリケーションは認識エンジンに通知するために、認識エンジン ガイドのプロパティの値を設定する必要があります。 これらのプロパティは、認識エンジンでのみ使用されます。 設定するだけでは、ディスプレイに視覚的な手掛かりは描画されません。 アプリケーションまたはコントロールは、視覚的な手掛かりを描画します。

認識エンジン ガイドは行と列で構成でき、これらは認識エンジンに認識を実行するためのより良いコンテキストを提供します。 "t" や "I" などの文字は、ガイドを使用してインクにコンテキストを与えるときに認識しやすくなります。 たとえば、画面上に水平線を描画して、書き込みが行われる場所を示すことができます (この種類のガイドは行のみで構成され、列は作成されません)。 任意のスペースではなく、行に書き込むことで、認識精度が向上します。

このガイドでは、インク空間座標のインクの境界を指定します。

DrawnBox プロパティは、WritingBox プロパティで定義されているボックスと同じサイズまたは小さいボックスを定義できます。

次の図は、2 つの行と列のない認識エンジン ガイドの要素を示しています。

illustration showing elements of recognizer guide

ユーザーが書く場所を示す線を画面上に描画するだけでなく、文字や単語が書かれたセルを画面上に描画することもできます。 これはボックス化された入力と呼ばれ、一部のアジア言語で役立ちます。 認識エンジンがボックス化された入力に対応しているかどうかを確認するには、IInkRecognizer オブジェクトの Capabilities プロパティを呼び出します。

次の図は、4 つの列を含む認識エンジン ガイドを示しています。

illustration showing recognizer guide with four columns

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP タブレット PC エディション [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
サポートなし
ヘッダー
Msinkaut.h (Msinkaut_i.c も必要)
ライブラリ
InkObj.dll

関連項目

IInkRecognizer インターフェイス

InkRecognizerContext クラス