ダイアログボックス内のコントロールの名前付け

Microsoft Windows のダイアログボックスを使用する場合は、音声機能を容易にするために、すべてのコントロールにラベルを付ける必要があります。 次の [ 実行 ] ダイアログボックスには、ドロップダウンリストボックスの静的テキストコントロールラベルが表示されます。 静的テキストはコロンで終わります。

[実行] ダイアログボックスを示すスクリーンショット

コントロールには、次の 2 つの種類があります:

  • コマンドボタンやチェックボックスなど、そのコントロールのプロパティとしてキャプションを持つコントロール。 キャプションが適切に定義されていれば、ユーザー補助機能でこれらのコントロールを識別することはできません。
  • エディットコントロール、リストボックス、リストビューなど、独自のキャプションを持たないコントロールには、個別の静的テキストコントロールを使用してラベルを付ける必要があります。 独自のキャプションを持たないコントロールの詳細については、「 キャプションプロパティのないコントロール」を参照してください。

いくつかの手法を使用すると、コントロールに独自のキャプションがなくても、標準のダイアログマネージャー (SDM) によって表示されるウィンドウに対してのみ有効になります。 他のすべてのウィンドウでは、Microsoft Active Accessibility を明示的にサポートして、コントロール間の名前と関係を公開する必要があります。 Active Accessibility の詳細については、MSDN ライブラリの「 アクセシビリティ 」セクションを参照してください。