TSPI 回線デバイス関数

このセクションには、テレフォニー SPI で使用可能な回線デバイス機能のアルファベット順の一覧が含まれています。 各関数の情報には、次のものが含まれます。

  • 関数の目的のステートメント。

  • 関数の正しい構文。

  • 有効な呼び出し状態を含む、関数のパラメーターの説明。

  • 関数の戻り値の説明。

  • 次のいずれかまたはすべてを含めることができる解説セクション: 関数の入力時の有効な呼び出し状態の一覧と、要求の完了時の一般的な呼び出し状態の遷移。サービス プロバイダーによって大きなデータ構造のメンバーを入力する必要があり、どのメンバーがその値をそのまま保持する必要があるのかを説明します。TAPI 内の対応する関数との比較。

  • 他の関数、メッセージ、またはデータ構造への参照。

    注意

    関数を実行できる実際の状態は、サービス プロバイダーの機能によって制限される場合があります。 サービス プロバイダーは、LINECALLSTATUS 構造体の dwCallFeatures メンバー、LINEADDRESSSTATUS 構造体の dwAddressFeatures メンバー、および LINEDEVSTATUS 構造体の dwLineFeatures メンバーを設定して、その時点で関数が許可されているかどうかをアプリケーションに示す必要があります。

     

このセクションには、次の TSPI ライン デバイス機能が含まれています。