RegistrationInfo. Description プロパティ

スクリプトを作成する場合は、タスクの説明を取得または設定します。

構文

RegistrationInfo.Description As String

プロパティ値

タスクの説明です。

解説

タスクの XML の読み取りまたは書き込みを行う場合は、タスクスケジューラスキーマの description 要素を使用してタスクの説明を指定します。

このプロパティ値を設定する場合、値は、リソースの .dll ファイルから取得されるテキストにすることができます。 リソースファイルからテキストを参照するには、特殊な文字列を使用します。 文字列の形式は $ (@ [ Dll ] , ResourceID) です。ここで、 [ ] [ dll ] はリソースを含む .dll ファイルへのパスであり、 [ ResourceID ] はリソーステキストの識別子です。 たとえば、このプロパティ値を $ (@% SystemRoot% \ System32 \ResourceName.dll,-101) に設定すると、プロパティはリソーステキストの値に設定され、識別子は% SystemRoot% System32ResourceName.dll ファイルで-101 になり \ \ ます。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [ デスクトップアプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [ デスクトップアプリのみ]
タイプ ライブラリ
Task/d .tlb
[DLL]
Taskschd.dll

関連項目

タスク スケジューラ