RepetitionPattern.Duration プロパティ

スクリプトの場合、パターンが繰り返される時間を取得または設定します。

構文

RepetitionPattern.Duration As String

プロパティ値

パターンが繰り返される時間。 この文字列の形式は PnYnMnDTnHnMnS で、nY は年数、nM は月数、nD は日数、'T' は日付/時刻区切り記号、nH は時間数、nM は分数、nS は秒数です (たとえば、PT5M は 5 分を指定し、P1M4DT2H5M は 1 か月を指定します。 4 日、2 時間、5 分)。 許容される最小時間は 1 分です。

期間に値が指定されていない場合、パターンは無期限に繰り返されます。

解説

タスクの繰り返し期間を指定する場合は、繰り返し間隔も指定する必要があります。

タスクの XML を読み取りまたは書き込む場合、繰り返し期間はタスク スケジューラ スキーマの Duration 要素で指定されます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
タイプ ライブラリ
Taskschd.tlb
[DLL]
Taskschd.dll

関連項目

タスク スケジューラ