タスク プロパティの取得の例

タスクのプロパティを取得するには 、ITaskScheduler::Activate を呼び出してタスク オブジェクトのインターフェイスを取得し、適切な ITask メソッドを呼び出して、対象のタスク プロパティを取得します。 ページの下部に表示されるコード例は、さまざまなタスク プロパティを取得する方法を示しています。

ページの下部に表示されるコード例は、タスク オブジェクトに固有のプロパティを取得する方法を示しています。 タスクにも 適用されるその 他の作業項目プロパティについては、「作業項目の取得 の例」を参照してください

注意

次のコード例では、すべてのインターフェイスが不要になった後にリリースされます。

文字列プロパティ (アプリケーション名、パラメーター、作業ディレクトリなど) を取得する場合は 、CoTaskMemFree を呼び出して、返された文字列に割り当てられたメモリを解放する必要があります。

次の手順では、タスク プロパティを取得する方法について説明します。

タスク プロパティを取得するには

  1. CoInitialize を呼び出して COM ライブラリを初期化し 、CoCreateInstanceを呼び出して、タスク スケジューラします。 (これらの例では、サービスがタスク スケジューラを想定しています)。
  2. ITaskScheduler::Activateを呼び出して、タスク オブジェクト の ITaskインターフェイスを取得します。 (この例では、"テスト タスク" タスクが取得されます)。
  3. 適切な ITask メソッドを呼 び出して、関心のあるプロパティを取得します。
  4. 必要に応じて プロパティを処理します。 (これらの例では、 プロパティを画面に出力します)。
  5. 返されるプロパティが文字列の場合は 、CoTaskMemFree を呼び出して、返された文字列に割り当てられたメモリを解放します。
のコード例の場合 参照先
特定のタスクに関連付けられているアプリケーションの名前を取得する C/C++ コード例: タスク アプリケーション名の取得
タスクを実行できる最大時間を取得し、その数値を画面に表示する C/C++ コード例: タスク MaxRunTime の取得
タスクの実行時に実行されるパラメーター文字列を取得し、その文字列を画面に表示する C/C++ コード例: タスク パラメーターの取得
タスクの 優先度レベル の取得 C/C++ コード例: タスクの優先順位の取得
タスクの 作業ディレクトリを 取得し、画面に作業ディレクトリへのパスを表示する C/C++ コード例: タスク作業ディレクトリの取得

タスク スケジューラ 1.0 の例