Win32 _ TSSessionSetting クラスの BrokenConnection メソッド

BrokenConnectionAction プロパティを設定します。これは、セッションの制限時間に達した場合、または接続が壊れている場合にサーバーが実行するアクションです。

構文

uint32 BrokenConnection(
  [in] uint32 BrokenConnectionAction
);

パラメーター

BrokenConnectionAction [インチ]

実行するアクション。

切断 (0)

ユーザーはセッションから切断されています。

Terminate (1)

セッションはサーバーから完全に削除されます。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合は WMI エラー コードを返します。 これらの値 リモート デスクトップ サービス WMI プロバイダーエラー コードの一覧を参照してください。 設定がコントロールの下にある場合、メソッドはグループ ポリシーします。

解説

Managed Object Format (MOF) ファイルには、WINDOWS Management Instrumentation (WMI) クラスの定義が含まれています。 MOF ファイルは、Microsoft Windows Software Development Kit (SDK) の一部としてインストールされません。 これらのロールは、関連付けられているロールを追加するときに、サーバーにインストールサーバー マネージャー。 MOF ファイルの詳細については、MOF (MOF) のManaged Object Format を参照してください

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
ルート \ CIMv2 \ ターミナルサービス
ヘッダー
Wtsprotocol.h
MOF
TSCfgWmi.mof
[DLL]
TSCfgWmi.dll

関連項目

Win32 _ TSSessionSetting