クライアント DVC モジュールの作成

動的仮想チャネル (DVC) クライアント モジュールを作成するには、まずリモート デスクトップ接続 (RDC) クライアント プラグインを実装して登録する必要があります。 DVC プラグインは、コンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトとして登録された IWTSPlugin の実装です。

Note

プラグインは、フリー スレッド モデルで実装する必要があります。 アパートメント モデルの実装はサポートされていません。

プラグインによってインスタンス化されるオブジェクトによって実装されるインターフェイスの一覧を次に示します。

インターフェイス 説明
IWTSPlugin リモート デスクトップ接続 (RDC) クライアントによって読み込まれるリモート デスクトップ接続 (RDC) クライアント プラグインを許可します。
IWTSListenerCallback 特定のリスナーでの受信要求に関するリモート デスクトップ接続 (RDC) クライアント プラグインに通知します。
IWTSVirtualChannelCallback チャネル状態の変更または受信したデータに関する通知を受信します。 このインターフェイスの各インスタンスは、 IWTSVirtualChannel の 1 つのインスタンスに関連付けられます。

リモート デスクトップ接続 (RDC) クライアントによってインスタンス化され、フレームワークの一部であるオブジェクトによって実装されるインターフェイスの一覧を次に示します。

インターフェイス 説明
IWTSVirtualChannelManager すべてのリモート デスクトップ接続 (RDC) クライアント プラグイン、DVC リスナー、または静的仮想チャネルを管理します。
IWTSListener DVC 接続の各リスナーの構成設定を管理します。
IWTSVirtualChannel チャネルの状態と、チャネルの書き込みを制御します。

次の図は、リモート デスクトップ接続 (RDC) クライアントとリモート デスクトップ接続 (RDC) クライアント プラグインの関係を示しています。

relationship of client and plug-in