イベント コレクター Windows使用する

このセクションでは、Event Collector SDK を使用して実行できるタスクについて説明Windows一覧を示します。 すべてのタスクのコード例と説明は、次の各トピックに含まれています。

このセクションの内容

  • コレクターによって開始されるサブスクリプションの作成

    コレクターによって開始されるサブスクリプションを作成するための情報と C++ コード例を提供します。 コレクターによって開始されるサブスクリプションを使用すると、リモート コンピューター (イベント ソース) から転送されるローカル コンピューター (イベント コレクター) でイベントを受信できます。

  • ソース開始サブスクリプションの設定

    ソースによって開始されるサブスクリプションを作成するための情報と C++ コード例を提供します。 ソースによって開始されるサブスクリプションを使用すると、サブスクリプションでイベント ソースを指定せずに、リモート コンピューター (イベント ソース) から転送されるローカル コンピューター (イベント コレクター) でイベントを受信できます。

  • コレクターによって開始されるサブスクリプションへのイベント ソースの追加

    コレクターによって開始されるサブスクリプションにイベント ソース (ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター) を追加する情報と C++ コード例を提供します。 コレクターが開始したサブスクリプションは、イベント ソースがサブスクリプションに追加されるまで、イベントの収集を開始できません。

  • ハードウェア イベント サブスクリプションの作成

    ベースボード管理コントローラー (BMC) がインストールされているコンピューターからハードウェア イベントを受信するために、イベント サブスクリプションを作成する方法について説明します。

  • イベント コレクター サブスクリプションの削除

    ローカル コンピューターから Event Collector サブスクリプションを削除するための情報と C++ コード例を提供します。

  • イベント コレクター サブスクリプションのプロパティの表示

    イベント コレクター サブスクリプションのプロパティ値を表示するための情報と C++ コード例を提供します。 プロパティ値は、イベント ソースのアドレス、サブスクリプションとイベント ソースの状態、イベントの配信方法に関する情報など、有用な情報を提供できます。

  • イベント コレクター サブスクリプションの状態の表示

    イベント コレクター サブスクリプションに関連付けられているイベント ソースの実行時の状態を表示するための情報と C++ コード例を提供します。 これにより、問題の解決に役立つエラー メッセージを表示できます。これにより、イベント ソースがイベントを転送できない可能性があります。

  • イベント コレクター サブスクリプションの一覧を表示する

    ローカル コンピューターに存在するサブスクリプションの一覧を表示する情報と C++ コード例を提供します。 この例で取得したサブスクリプション名を使用して、サブスクリプションの削除、サブスクリプションへのイベント ソースの追加、サブスクリプションのプロパティの取得、またはサブスクリプションの状態の表示を行えます。

  • コレクターによって開始されるサブスクリプションからのイベント ソースの削除

    コレクターによって開始されるサブスクリプションからイベント ソースを削除するための情報と C++ コード例を提供します。 サブスクリプションを無効にすることなく、コレクターが開始したサブスクリプションからイベント ソースを削除できます。

  • イベント コレクター サブスクリプションの再試行

    1 つ以上のイベント ソースが失敗した場合にイベント コレクター サブスクリプションを再試行する情報と C++ コード例を提供します。 1 つのイベント ソースを再試行するか、サブスクリプション全体を再試行できます。