コーデックの可用性とプラットフォームのサポート

カメラの製造元には、新しいカメラでソフトウェアを配布するときに、更新された未加工の Windows Imaging Component (WIC) コーデックを含めることをお勧めします。また、更新されたコーデックは、既定のベンダーソフトウェアインストール Windows 7、Windows Vista、および Windows XP と共にインストールされることをお勧めします。 カメラベンダーも、サポートサイトからダウンロードできる最新の WIC コーデックを提供する必要があります。

コーデックの検出

Microsoft は次のことを行って、ユーザーがコーデックのダウンロードのためにベンダーの Web サイトを参照できるようにします。

  • Windows エクスプローラーで、ユーザーが認識されていないファイルをダブルクリックした場合 (既定のケースでは、RAW ファイルがコンピューターにあり、コーデックがまだインストールされていない場合)、ダイアログボックスはファイルが認識されないことを報告し、ユーザーがファイルを認識しているプログラムを検索するかどうかを確認します。 Microsoft では、ファイルを理解するためにプログラムを提供できるベンダーの Web サイトにユーザーを転送するために、既存のリダイレクトサービスを管理しています。 この機能は、Windows XP および Windows Vista に存在します。
  • Windows フォトギャラリー、Windows Live フォトギャラリー、および Windows 7 フォトビューアーは、ファイル拡張子のセットを RAW ファイルとして認識します。 そのセットのファイルが、これらのいずれかのアプリケーションが参照しているフォルダーにあり、そのファイルのコーデックがまだインストールされていない場合は、前の段落で説明したようにダイアログボックスが表示されます。

コーデックの検出の詳細については、「コーデックの可用性とプラットフォームのサポート」を参照してください。

Windows XP プラットフォームのサポート

Microsoft は、Windows XP SP3 と WIC、および Windows XP SP2 のスタンドアロンの WIC インストーラーをリリースしました。 これらは、WIC コーデックを使用して、これらのプラットフォームでサムネイルとプレビューをサポートできるようにします。 そのため、コーデックのダウンロードとインストールは、Windows 7、Windows Vista、および Windows XP でサポートおよびテストされていることが重要です。

概念的

Windows イメージングコンポーネントの概要

カメラの未加工イメージ形式に関する WIC ガイドライン

WIC-Enabled コーデックを記述する方法