DDS 形式の概要

このトピックでは、Windows イメージング コンポーネント (WIC) で使用できるネイティブ DDS コーデックに関する情報を提供します。

コーデック ID

次の表に、コーデックの識別情報を示します。

コンポーネント 説明
正式な名前 DirectDraw Surface
ファイル名拡張子 Dds
MIME の種類 (MIME type) image/vnd.ms-dds

 

次の表は、ネイティブ DDS コーデック コンポーネントを識別するために使用される GUID の一覧です。

コンポーネント フレンドリ名 GUID
コンテナーの形式 GUID_ContainerFormatDds 9967cb95-2e85-4ac8-8ca283d7ccd425c9
デコーダー CLSID_WICDdsDecoder 9053699f-a341-429d-9e90ee437cf80c73
エンコーダー CLSID_WICDdsEncoder a61dde94-66ce-4ac1-881b71680588895e

 

ピクセル形式のサポート

DDS 形式では、有効なDXGI_FORMAT値がサポートされていること 注意してください。 ただし、WIC DDS コーデックでは、次の形式を含むファイルのデコードとエンコードのみがサポートされています。

  • DXGI_FORMAT_BC1_UNORM
  • DXGI_FORMAT_BC2_UNORM
  • DXGI_FORMAT_BC3_UNORM

Encoding

WIC エンコード API はコーデックに依存しないため、WIC 対応コーデックのイメージ エンコードは基本的に同じです。 WIC API を使用したイメージ エンコードの詳細については、「エンコードの 概要」を参照してください。

DDS ファイル形式には、ミップマップやテクスチャ配列などの概念のサポートから生じる固有の要件があります。 DDS イメージ エンコードを完全に制御するには、 IWICDdsEncoder インターフェイスを使用して DDS 固有のエンコード パラメーターを設定する必要があります。

デコード

WIC デコード API はコーデックに依存しないよう設計されており、WIC 対応コーデックの画像デコードは基本的に同じです。 画像のデコードの詳細については、「 デコードの概要」を参照してください。 デコードされたイメージ データの使用の詳細については、「 ビットマップ ソースの概要」を参照してください。

圧縮されたデータ アクセスをブロックする

DDS デコーダーは、標準の WIC コーデック インターフェイスをサポートするだけでなく、DDS 固有のインターフェイス、IWICDdsDecoder、および IWICDdsFrameDecode使用して、ネイティブ ブロック圧縮データへの直接アクセスを提供します。 これらのインターフェイスを使用するには、 それぞれ IWICBitmapDecoderIWICBitmapFrameDecode から QueryInterface を呼び出します。