UI オートメーション コントロール型の概要

Microsoft UI オートメーション コントロール型は、コンボ ボックスやボタンなど、特定の UI 要素が表すコントロールの種類を示す既知の識別子として機能するプロパティです。 クライアント アプリケーションでは、この型を使用してコントロールの機能を識別し、コントロールと対話する方法を決定します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

UI オートメーション コントロール型の要件

各UI オートメーションコントロールの種類には、一連の条件が関連付けられています。 プロバイダーがコントロールにコントロールの種類を割り当てる場合、プロバイダーは、コントロールがそのコントロールの種類に関連付けられているすべての条件を満たしていることを確認する必要があります。 条件は次のとおりです。

  • UI オートメーションコントロール パターン: 各コントロールの種類には、コントロールがサポートする必要があるコントロール パターンのセット、オプションのセット、およびコントロールがサポートしてはならないセットがあります。
  • UI オートメーション プロパティ値: 各コントロール型には、そのコントロールでサポートする必要のあるプロパティのセットがあります。
  • UI オートメーション イベント: 各コントロール型には、そのコントロールでサポートする必要のあるイベントのセットがあります。
  • UI オートメーション ツリー構造: 各コントロール型は、そのコントロールが UI コントロール ツリー構造にどのように現れるかを定義します。

コントロールが特定のコントロール型の条件を満たしている場合、 IUIAutomationElement::CurrentControlType (または IUIAutomationElement::CachedControlType) プロパティの値はそのコントロールの種類を示します。

コントロールが特定のコントロール型の仕様を満たしていない場合は、 コントロール の種類 ID としてUIA_CustomControlTypeIdを使用し、関連するコントロール パターンとプロパティを使用してコントロールを完全に記述します。 UIA_LocalizedControlTypePropertyId プロパティを、コントロールの型を最もよく説明する文字列に設定することもできます。

LocalizedControlType プロパティ

定義済みのコントロール型を使用してコントロールを記述する場合は、UIA_LocalizedControlTypePropertyId プロパティの既定値を使用し、プロバイダーが適切に公開するためのローカライズされた文字列をUI オートメーションに提供できるようにします。 定義済みのコントロール型を使用してコントロールを記述できない場合は、 UIA_LocalizedControlTypePropertyId プロパティを、コントロールの型を正確に記述するローカライズされた文字列に設定します。 文字列は簡潔で正確である必要があります。ただし、スクリーン リーダーなどの支援技術が UI で使用して、コントロールの種類をユーザーに通知できるほど正確である必要があります。

現在の UI オートメーション コントロール型

次のトピックでは、UI オートメーションコントロールの種類について説明します。 コントロールの種類ごとに、説明には、指定された型のコントロールがサポートする必要がある一連の条件が含まれます。

リファレンス

コントロール型識別子

概念

UI オートメーション コントロール型のサポート

UI オートメーションによる標準コントロールのサポート

UI オートメーションの基礎