エラーメッセージ (Winhttp)

次に示すエラー値は、Microsoft Windows HTTP サービス (WinHTTP) のいずれかの機能が失敗したときに、 GetLastErrorによって返されます。また、これらのエラーは、 winhttprequestオブジェクトから返される HRESULTエラーの下位16ビットでも返されます。

名前が "エラー winhttp" で始まるエラー値 _ _ は、WINHTTP の機能に固有です。 また、WinHTTP 関数は、必要に応じて Windows エラーメッセージを返します。

_WINHTTP _ 自動 _ プロキシ _ サービス _ エラーのエラー

12178

指定された URL のプロキシが見つからないときに WinHttpGetProxyForUrl によって返されます。

_WINHTTP の _ 自動検出に _ 失敗しました

12180

WinHTTP がプロキシの自動構成 (PAC) ファイルの URL を検出できなかった場合に、 WinHttpDetectAutoProxyConfigUrl によって返されます。

_WINHTTP _ 無効な _ 自動 _ プロキシ _ スクリプトのエラー

12166

プロキシの自動構成 (PAC) ファイルでスクリプトコードの実行中にエラーが発生しました。

_ _ _ _ 開いた後に WINHTTP が呼び出すことができないエラー _

12103

Openメソッドが呼び出された後に指定されたオプションを要求できない場合に、 HttpRequestオブジェクトによって返されます。

送信後に WINHTTP がメッセージを _ _ _ 呼び出すことができない _ _

12102

送信メソッドの呼び出し後に要求された操作を実行できない場合に、 HttpRequestオブジェクトによって返されます。

_開いて _ いる _ _ 前に WINHTTP が呼び出すことができないエラー _

12100

Openメソッドを呼び出す前に要求された操作を実行できない場合に、 HttpRequestオブジェクトによって返されます。

_ _ _ _ 送信前に WINHTTP が呼び出すことができないエラー _

12101

送信メソッドを呼び出す前に要求された操作を実行できない場合に、 HttpRequestオブジェクトによって返されます。

エラー _ WINHTTP _ は接続できません _

12029

サーバーへの接続に失敗した場合に返されます。

_WINHTTP _ クライアント _ 認証 _ 証明書が _ 必要なエラー

サーバーには、SSL クライアント認証が必要です。 アプリケーションは、 WINHTTP _ option _ CLIENT _ CERT _ ISSUER _ List オプションを指定して WinHttpQueryOptionを呼び出すことによって、証明書の発行者の一覧を取得します。 詳細については、「 WINHTTP _ オプション _ クライアント _ 証明書 _ 発行者 _ リスト オプション」を参照してください。

サーバーがクライアント証明書を要求しても必要ない場合、アプリケーションは、 WINHTTP _ オプション _ client _ CERT _ CONTEXT オプションを使用して WinHttpSetOptionを呼び出すことができます。 この場合、アプリケーションは、 _ _ _ _ WinHttpSetOptionlpbuffer パラメーターに、WINHTTP クライアント証明書コンテキストマクロを指定します。 詳細については、「 WINHTTP _ オプション _ クライアント _ 証明書の _ コンテキスト オプション」を参照してください。

Windows Server 2003 SP1 および WINDOWS XP SP2: このエラーはサポートされていません。

エラー _ WINHTTP _ クライアント _ 証明書の _ _ _ 秘密 _ キーがありません

アプリケーションに、クライアント証明書に関連付けられている秘密キーにアクセスするために必要な特権がありません。

Windows Server 2003 SP1 および WINDOWS XP SP2: このエラーはサポートされていません。

エラー _ WINHTTP _ クライアント _ 証明書の _ _ 秘密キーがありません _

SSL クライアント証明書のコンテキストには、秘密キーが関連付けられていません。 クライアント証明書が、秘密キーなしでコンピューターにインポートされている可能性があります。

Windows Server 2003 SP1 および WINDOWS XP SP2: このエラーはサポートされていません。

_WINHTTP _ チャンク _ エンコード _ ヘッダーサイズの _ _ オーバーフローエラー

12183

チャンクエンコードの解析中にオーバーフロー状態が発生したときに WinHttpReceiveResponse によって返されます。

_WINHTTP _ クライアント _ 認証 _ 証明書が _ 必要なエラー

12044

サーバーがクライアント認証を要求したときに WinHttpReceiveResponse によって返されます。

Windows Server 2003 SP1 および WINDOWS XP SP2: このエラーはサポートされていません。

エラー _ WINHTTP _ 接続 _ エラー

12030

サーバーとの接続がリセットまたは終了されたか、互換性のない SSL プロトコルが検出されました。 たとえば、WinHTTP バージョン5.1 では、クライアントが明示的に有効にしない限り、SSL2 はサポートされません。

エラー _ WINHTTP _ ヘッダーは _ 既に _ 存在します

12155

公表使用されなくなりました。

_WINHTTP ヘッダーのエラー _ 数を _ _ 超えました

12181

WinHttpReceiveResponseによって返されるのは、WinHTTP が受信するよりも多くのヘッダーが応答に含まれていた場合です。

エラー _ WINHTTP _ ヘッダー _ _ が見つかりません

12150

要求されたヘッダーが見つかりません。

_WINHTTP _ ヘッダー _ サイズ _ オーバーフローエラー

12182

受信したヘッダーのサイズが要求ハンドルの上限を超えたときに、 WinHttpReceiveResponse によって返されます。

WINHTTP エラー- _ _ ハンドルの _ 状態が正しくありません _

12019

指定されたハンドルが適切な状態ではないため、要求された操作を実行できません。

エラー _ WINHTTP _ エラー _ ハンドルの種類が正しくありません _

12018

この操作では、指定されたハンドルの型が正しくありません。

エラー _ WINHTTP _ 内部 _ エラー

12004

内部エラーが発生しました。

エラー _ WINHTTP _ 無効 _ オプション

12009

WinHttpQueryOptionまたは WinHttpSetOptionに対する要求で、無効なオプション値が指定されました。

エラー _ WINHTTP _ 無効な _ クエリ _ 要求

12154

公表使用されなくなりました。

エラー _ WINHTTP _ 無効な _ サーバー _ 応答

12152

サーバーの応答を解析できません。

エラー _ WINHTTP _ 無効な _ URL

12005

URL が無効です。

_WINHTTP _ ログイン _ エラーのエラー

12015

ログインに失敗しました。 このエラーが発生した場合は、 WinHttpCloseHandleを使用して要求ハンドルを閉じる必要があります。 最初にこのエラーを生成した関数を再試行する前に、新しい要求ハンドルを作成する必要があります。

エラー _ WINHTTP _ 名が _ 解決されません _

12007

サーバー名を解決できません。

エラー _ WINHTTP が _ 初期化されていません _

12172

公表使用されなくなりました。

エラー _ WINHTTP _ 操作が _ 取り消されました

12017

操作が取り消されました。通常、操作が完了する前に、要求が動作していたハンドルが閉じられました。

エラー _ WINHTTP _ オプション _ は設定できません _

12011

要求されたオプションを設定することはできません。クエリのみを行います。

エラー _ WINHTTP _ _ のハンドルが不足 _ しています

12001

公表使用されなくなりました。

エラー _ WINHTTP _ リダイレクトに _ 失敗しました

12156

スキームが変更されたか、またはリダイレクトの試行がすべて失敗したため、リダイレクトに失敗しました (既定では5回)。

エラー _ WINHTTP _ 再送信 _ 要求

12032

WinHTTP 関数が失敗しました。 目的の関数は、同じ要求ハンドルで再試行できます。

_WINHTTP _ 応答の _ _ オーバーフローエラー

12184

受信応答が WinHTTP の内部サイズ制限を超えた場合に返されます。

エラー _ WINHTTP _ スクリプトの _ 実行 _ エラー

12177

スクリプトの実行中にエラーが発生しました。

_WINHTTP _ セキュリティで保護された _ 証明書 _ CN _ が無効です

12038

証明書の CN 名が渡された値と一致しない場合に返されます ( CERT _ E _ CN _ NO _ match error と同じです)。

エラー _ WINHTTP _ セキュリティで保護された _ 証明書の _ 日付 _ が無効です

12037

現在のシステムクロックまたは署名されたファイル内のタイムスタンプに対して検証するときに、必要な証明書が有効期間内にないこと、または証明書チェーンの有効期間が正しく入れ子になっていないことを示します (証明書の _ _ 有効期限切れ または cert _ e _ VALIDITYPERIODNESTING エラーと同等)。

_WINHTTP _ セキュリティで保護され _ た証明書の _ リビジョン _ エラー

12057

失効サーバーがオフラインであったため、失効を確認できないことを示します (暗号化された暗号化と同じです) _ _ _

_WINHTTP _ セキュリティで保護された _ 証明書の _ 失効エラー

12170

証明書が失効したことを示します ( CRYPT _ E が _ 失効 した場合と同じです)。

_WINHTTP _ セキュリティで保護された _ 証明書の間違った _ _ 使用状況

12179

証明書が要求された使用法に対して無効であることを示します ( CERT _ E の不適切な _ _ 使用 に相当します)。

_WINHTTP _ セキュア _ チャネル _ エラーのエラー

12157

セキュリティで保護されたチャネルでエラーが発生したことを示します (" _ _ _ _ winerror.h" ヘッダーファイルに記載されている "sec E" と "sec I" で始まるエラーコードに相当します)。

_WINHTTP _ セキュリティ _ エラーのエラー

12175

サーバーによって送信された Secure Sockets Layer (SSL) 証明書に1つ以上のエラーが見つかりました。 発生したエラーの種類を確認するには、ステータスコールバック関数に、 WINHTTP _ コールバック _ ステータスの _ セキュリティで保護さ _ れたエラー通知があるかどうかを確認します。 詳細については、「 WINHTTP _ ステータス _ コールバック」を参照してください。

エラー _ WINHTTP _ SECURE _ 無効な _ CA

12045

証明書チェーンが処理されたが、信頼プロバイダーによって信頼されていないルート証明書 ( CERT _ E _ untrustedroot と同等) で終了したことを示します。

エラー _ WINHTTP _ SECURE _ 無効な _ 証明書

12169

証明書が無効であることを示します ( cert _ e _ ロールcert _ e _ PATHLENCONSTcert _ e _ CRITICALcert e の _ _ 目的、cert e _ _ issuerchaining証明書の形式が _ _ 正しく ない、cert _ e _ チェーン など)。

_WINHTTP _ シャットダウンエラー

12012

WinHTTP 関数のサポートはシャットダウンまたはアンロードされています。

_WINHTTP _ タイムアウトエラー

12002

要求がタイムアウトしました。

このエラーは、Windows HTTP サービスで設定されたタイムアウト値に関係なく、TCP/IP タイムアウト動作の結果として返される場合があります。

_WINHTTP エラー _ - _ _ スクリプトをダウンロード _ できません

12167

PAC ファイルをダウンロードできません。 たとえば、PAC URL によって参照されているサーバーが到達できない場合、またはサーバーが "404 見つかりません" という応答を返した場合などです。

エラー WINHTTP 処理されてい _ _ ない _ スクリプトの _ 種類

12176

スクリプトの種類はサポートされていません。

_WINHTTP 認識され _ ない _ 構成のエラー

12006

URL で、"http:" または "https:" 以外のスキームが指定されています。

_ _ メモリ不足の _ エラー

要求された操作を完了するのに十分なメモリがありませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

エラー _ バッファーが不十分です _

関数に渡されたバッファーのサイズ (バイト単位) が、返されたデータを格納するのに十分ではありませんでした。 詳細については、「特定の関数」を参照してください。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

エラー _ ハンドルが無効です _

アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) に渡されたハンドルが無効になっているか閉じられています。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

エラー _ _ ファイルを追加しない _

これ以上ファイルは見つかりませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

エラー _ これ _ 以上項目がありません _

これ以上項目は見つかりませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

サポートされ _ ていないエラー _

必要なプロトコルスタックが読み込まれていないため、アプリケーションは WinSock を開始できません。

ヘッダー: Winerror.h で宣言されています。

解説

Windows XP および Windows 2000 の場合は、WinHttp スタートページの「 実行時の要件 」セクションを参照してください。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP、Windows 2000 Professional SP3 [ デスクトップアプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003、Windows 2000 Server SP3 [ デスクトップアプリのみ]
再頒布可能パッケージ
Windows XP および Windows 2000 の WinHTTP 5.0 および Internet Explorer 5.01 以降。
ヘッダー
Winhttp. h

関連項目

WinHTTP のバージョン