Windows (Windows とメッセージ)Windows (Windows and Messages)

グラフィカルな Windows ベースのアプリケーションでは、ウィンドウは画面の四角形の領域であり、アプリケーションは出力を表示し、ユーザーからの入力を受け取ります。In a graphical Windows-based application, a window is a rectangular area of the screen where the application displays output and receives input from the user. そのため、Windows ベースのグラフィカルアプリケーションの最初のタスクの1つは、ウィンドウを作成することです。Therefore, one of the first tasks of a graphical Windows-based application is to create a window.

ウィンドウは、他のアプリケーションからのものも含めて、他のウィンドウと画面を共有します。A window shares the screen with other windows, including those from other applications. ユーザーからの入力を受け取ることができるのは、一度に1つのウィンドウだけです。Only one window at a time can receive input from the user. ユーザーは、マウス、キーボード、またはその他の入力デバイスを使用して、このウィンドウと、それを所有するアプリケーションとの対話を行うことができます。The user can use the mouse, keyboard, or other input device to interact with this window and the application that owns it.

このセクションの内容In This Section

名前Name 説明Description
バージョン情報About Windows アプリケーションが windows を作成して使用するために使用するプログラミング要素について説明します。windows 間の関係を管理します。ウィンドウをサイズ変更、移動、および表示します。Describes the programming elements that applications use to create and use windows; manage relationships between windows; and size, move, and display windows.
Windows の使用Using Windows Windows の使用に関連するタスクを実行する例が含まれています。Contains examples that perform tasks associated with using windows.
ウィンドウ機能Window Features ウィンドウの種類、状態、サイズ、位置など、ウィンドウの機能について説明します。Discusses features of windows such as window types, states, size, and position.
ウィンドウ参照Window Reference API リファレンスが含まれています。Contains the API reference.

ウィンドウ関数Window Functions

名前Name 説明Description
AdjustWindowRectAdjustWindowRect 目的のクライアントの四角形のサイズに基づいて、ウィンドウの四角形の必要なサイズを計算します。Calculates the required size of the window rectangle, based on the desired client-rectangle size. ウィンドウの四角形を CreateWindow 関数に渡して、目的のサイズのクライアント領域を持つウィンドウを作成できます。The window rectangle can then be passed to the CreateWindow function to create a window whose client area is the desired size.
AdjustWindowRectExAdjustWindowRectEx クライアントの四角形の目的のサイズに基づいて、ウィンドウの四角形の必要なサイズを計算します。Calculates the required size of the window rectangle, based on the desired size of the client rectangle. ウィンドウの四角形を CreateWindowEx 関数に渡して、目的のサイズのクライアント領域を持つウィンドウを作成できます。The window rectangle can then be passed to the CreateWindowEx function to create a window whose client area is the desired size.
AllowSetForegroundWindowAllowSetForegroundWindow 指定されたプロセスが、 SetForegroundWindow 関数を使用してフォアグラウンドウィンドウを設定できるようにします。Enables the specified process to set the foreground window using the SetForegroundWindow function. 呼び出しプロセスでは、既にフォアグラウンドウィンドウを設定できる必要があります。The calling process must already be able to set the foreground window. 詳細については、このトピックで後述する「解説」を参照してください。For more information, see Remarks later in this topic.
AnimateWindowAnimateWindow ウィンドウを表示または非表示にするときに特殊効果を生成できるようにします。Enables you to produce special effects when showing or hiding windows. アニメーションには、[ロール]、[スライド]、[折りたたみ]、[展開]、[アルファブレンド] の4種類があります。There are four types of animation: roll, slide, collapse or expand, and alpha-blended fade.
AnyPopupAnyPopup 所有、表示、トップレベルのポップアップ、または重なったウィンドウが画面上に存在するかどうかを示します。Indicates whether an owned, visible, top-level pop-up, or overlapped window exists on the screen. 関数は、呼び出し元のアプリケーションのクライアント領域だけでなく、画面全体を検索します。The function searches the entire screen, not just the calling application's client area.
並べ替え EiconicwindowsArrangeIconicWindows 指定した親ウィンドウの最小化された (アイコン化された) 子ウィンドウをすべて配置します。Arranges all the minimized (iconic) child windows of the specified parent window.
BeginDeferWindowPosBeginDeferWindowPos 複数のウィンドウ位置の構造体にメモリを割り当て、構造体へのハンドルを返します。Allocates memory for a multiple-window- position structure and returns the handle to the structure.
BringWindowToTopBringWindowToTop 指定されたウィンドウを Z オーダーの最上部に移動します。Brings the specified window to the top of the Z order. ウィンドウがトップレベルウィンドウの場合は、アクティブ化されます。If the window is a top-level window, it is activated. ウィンドウが子ウィンドウの場合は、子ウィンドウに関連付けられているトップレベルの親ウィンドウがアクティブになります。If the window is a child window, the top-level parent window associated with the child window is activated.
CalculatePopupWindowPositionCalculatePopupWindowPosition 指定したアンカーポイント、ポップアップウィンドウのサイズ、フラグ、およびオプションの除外四角形を使用して、適切なポップアップウィンドウの位置を計算します。Calculates an appropriate pop-up window position using the specified anchor point, pop-up window size, flags, and the optional exclude rectangle. 指定されたポップアップウィンドウのサイズがデスクトップウィンドウのサイズよりも小さい場合は、 CalculatePopupWindowPosition 関数を使用して、指定したアンカーポイントに関係なく、デスクトップウィンドウにポップアップウィンドウが完全に表示されるようにします。When the specified pop-up window size is smaller than the desktop window size, use the CalculatePopupWindowPosition function to ensure that the pop-up window is fully visible on the desktop window, regardless of the specified anchor point.
CascadeWindowsCascadeWindows 指定した親ウィンドウの指定した子ウィンドウを重ねて表示します。Cascades the specified child windows of the specified parent window.
ChangeWindowMessageFilterChangeWindowMessageFilter ユーザーインターフェイス特権分離 (UIPI) メッセージフィルターによってメッセージを追加または削除します。Adds or removes a message from the User Interface Privilege Isolation (UIPI) message filter.
ChangeWindowMessageFilterExChangeWindowMessageFilterEx 指定したウィンドウの UIPI メッセージフィルターを変更します。Modifies the UIPI message filter for a specified window.
ChildWindowFromPointChildWindowFromPoint 親ウィンドウに属している子ウィンドウのうち、指定したポイントが存在するものがあるかどうかを判断します。Determines which, if any, of the child windows belonging to a parent window contains the specified point. 検索は、直接の子ウィンドウに限定されます。The search is restricted to immediate child windows. 孫、さらに深い子孫ウィンドウは検索されません。Grandchildren, and deeper descendant windows are not searched.
ChildWindowFromPointExChildWindowFromPointEx 指定した親ウィンドウに属する子ウィンドウのうち、指定したポイントが存在するものがあるかどうかを判断します。Determines which, if any, of the child windows belonging to the specified parent window contains the specified point. この関数は、不可視、disabled、および transparent 子ウィンドウを無視できます。The function can ignore invisible, disabled, and transparent child windows. 検索は、直接の子ウィンドウに限定されます。The search is restricted to immediate child windows. 孫と深い子孫は検索されません。Grandchildren and deeper descendants are not searched.
CloseWindowCloseWindow 指定したウィンドウを最小化します (ただし、破棄しません)。Minimizes (but does not destroy) the specified window.
CreateWindowCreateWindow オーバーラップ、ポップアップ、または子ウィンドウを作成します。Creates an overlapped, pop-up, or child window. ウィンドウクラス、ウィンドウタイトル、ウィンドウスタイル、および (必要に応じて) ウィンドウの初期位置とサイズを指定します。It specifies the window class, window title, window style, and (optionally) the initial position and size of the window. 関数は、ウィンドウの親または所有者 (存在する場合) とウィンドウのメニューも指定します。The function also specifies the window's parent or owner, if any, and the window's menu.
CreateWindowExCreateWindowEx 拡張ウィンドウスタイルを使用して、オーバーラップ、ポップアップ、または子ウィンドウを作成します。それ以外の場合、この関数は CreateWindow 関数と同じです。Creates an overlapped, pop-up, or child window with an extended window style; otherwise, this function is identical to the CreateWindow function. ウィンドウの作成と、 CreateWindowExのその他のパラメーターの詳細については、 CreateWindow を参照してください。For more information about creating a window and for full descriptions of the other parameters of CreateWindowEx, see CreateWindow.
DeferWindowPosDeferWindowPos 指定したウィンドウの指定した複数ウィンドウの位置構造を更新します。Updates the specified multiple-window – position structure for the specified window. 次に、関数は、更新された構造体へのハンドルを返します。The function then returns a handle to the updated structure. EndDeferWindowPos関数は、この構造体の情報を使用して、多数のウィンドウの位置とサイズを同時に変更します。The EndDeferWindowPos function uses the information in this structure to change the position and size of a number of windows simultaneously. BeginDeferWindowPos関数は、構造体を作成します。The BeginDeferWindowPos function creates the structure.
DeregisterShellHookWindowDeregisterShellHookWindow シェルフックメッセージを受信するように登録されている、指定されたシェルウィンドウの登録を解除します。Unregisters a specified Shell window that is registered to receive Shell hook messages. RegisterShellHookWindow関数の呼び出しに登録されている windows の登録を解除します。It unregisters windows that are registered with a call to the RegisterShellHookWindow function.
DestroyWindowDestroyWindow 指定されたウィンドウを破棄します。Destroys the specified window. 関数は、 wm _ DESTROY および wm _ NCDESTROY メッセージをウィンドウに送信し、非アクティブ化してから、キーボードフォーカスを削除します。The function sends WM_DESTROY and WM_NCDESTROY messages to the window to deactivate it and remove the keyboard focus from it. また、この関数は、ウィンドウのメニューを破棄し、スレッドメッセージキューをフラッシュし、タイマーを破棄し、クリップボードの所有権を削除し、クリップボードビューアーのチェーンを解除します (ウィンドウがビューアーチェーンの最上位にある場合)。The function also destroys the window's menu, flushes the thread message queue, destroys timers, removes clipboard ownership, and breaks the clipboard viewer chain (if the window is at the top of the viewer chain).
EndDeferWindowPosEndDeferWindowPos 1つの画面更新サイクルで、1つまたは複数のウィンドウの位置とサイズを同時に更新します。Simultaneously updates the position and size of one or more windows in a single screen-refreshing cycle.
EndTaskEndTask 指定されたウィンドウを強制的に閉じます。Forcibly closes a specified window.
EnumChildProcEnumChildProc Enumchildwindows関数で使用されるアプリケーション定義のコールバック関数。Application-defined callback function used with the EnumChildWindows function. 子ウィンドウハンドルを受け取ります。It receives the child window handles. WNDENUMPROC 型は、このコールバック関数へのポインターを定義します。The WNDENUMPROC type defines a pointer to this callback function. Enumchildproc は、アプリケーション定義関数名のプレースホルダーです。EnumChildProc is a placeholder for the application-defined function name.
EnumChildWindowsEnumChildWindows 各子ウィンドウへのハンドルをアプリケーション定義のコールバック関数に渡すことによって、指定した親ウィンドウに属する子ウィンドウを列挙します。Enumerates the child windows that belong to the specified parent window by passing the handle to each child window, in turn, to an application-defined callback function. Enumchildwindows は、最後の子ウィンドウが列挙されるか、コールバック関数が FALSE を返すまで続行されます。EnumChildWindows continues until the last child window is enumerated or the callback function returns FALSE.
EnumThreadWindowsEnumThreadWindows 各ウィンドウへのハンドルをアプリケーション定義のコールバック関数に渡すことによって、スレッドに関連付けられているすべての子以外のウィンドウを列挙します。Enumerates all nonchild windows associated with a thread by passing the handle to each window, in turn, to an application-defined callback function. Enumthreadwindows は、最後のウィンドウが列挙されるか、コールバック関数が FALSE を返すまで続行されます。EnumThreadWindows continues until the last window is enumerated or the callback function returns FALSE. 特定のウィンドウの子ウィンドウを列挙するには、 Enumchildwindows 関数を使用します。To enumerate child windows of a particular window, use the EnumChildWindows function.
EnumThreadWndProcEnumThreadWndProc Enumthreadwindows関数と共に使用されるアプリケーション定義のコールバック関数。An application-defined callback function used with the EnumThreadWindows function. スレッドに関連付けられているウィンドウハンドルを受け取ります。It receives the window handles associated with a thread. WNDENUMPROC 型は、このコールバック関数へのポインターを定義します。The WNDENUMPROC type defines a pointer to this callback function. Enumthreadwndproc は、アプリケーション定義関数名のプレースホルダーです。EnumThreadWndProc is a placeholder for the application-defined function name.
EnumWindowsEnumWindows 各ウィンドウへのハンドルをアプリケーション定義のコールバック関数に渡すことによって、画面上のすべてのトップレベルウィンドウを列挙します。Enumerates all top-level windows on the screen by passing the handle to each window, in turn, to an application-defined callback function. EnumWindows は、最後のトップレベルウィンドウが列挙されるか、コールバック関数が FALSE を返すまで続行されます。EnumWindows continues until the last top-level window is enumerated or the callback function returns FALSE.
EnumWindowsProcEnumWindowsProc EnumWindowsまたは enumdesktopwindows関数で使用される、アプリケーション定義のコールバック関数。An application-defined callback function used with the EnumWindows or EnumDesktopWindows function. トップレベルのウィンドウハンドルを受け取ります。It receives top-level window handles. WNDENUMPROC 型は、このコールバック関数へのポインターを定義します。The WNDENUMPROC type defines a pointer to this callback function. Enumwindowsproc は、アプリケーション定義関数名のプレースホルダーです。EnumWindowsProc is a placeholder for the application-defined function name.
FindWindowFindWindow クラス名とウィンドウ名が指定した文字列と一致するトップレベルウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the top-level window whose class name and window name match the specified strings. この関数では、子ウィンドウは検索されません。This function does not search child windows. この関数では、大文字と小文字を区別する検索は実行されません。This function does not perform a case-sensitive search.
FindWindowExFindWindowEx 指定した文字列に一致するクラス名とウィンドウ名を持つウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to a window whose class name and window name match the specified strings. 関数は、指定された子ウィンドウの後にある子ウィンドウを検索します。The function searches child windows, beginning with the one following the specified child window. この関数では、大文字と小文字を区別する検索は実行されません。This function does not perform a case-sensitive search.
GetAltTabInfoGetAltTabInfo 指定されたウィンドウがアプリケーション切り替え (ALT + TAB) ウィンドウの場合、そのステータス情報を取得します。Retrieves status information for the specified window if it is the application-switching (ALT+TAB) window.
GetAncestorGetAncestor 指定したウィンドウの先祖へのハンドルを取得します。Retrieves the handle to the ancestor of the specified window.
GetClientRectGetClientRect ウィンドウのクライアント領域の座標を取得します。Retrieves the coordinates of a window's client area. クライアント座標は、クライアント領域の左上隅と右下隅を指定します。The client coordinates specify the upper-left and lower-right corners of the client area. クライアント座標はウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準としているため、左上隅の座標は (0, 0) です。Because client coordinates are relative to the upper-left corner of a window's client area, the coordinates of the upper-left corner are (0,0).
GetDesktopWindowGetDesktopWindow デスクトップウィンドウへのハンドルを返します。Returns a handle to the desktop window. デスクトップウィンドウには、画面全体が表示されます。The desktop window covers the entire screen. デスクトップウィンドウは、他のウィンドウが描画される上の領域です。The desktop window is the area on top of which other windows are painted.
GetForegroundWindowGetForegroundWindow 前のウィンドウ (ユーザーが現在作業しているウィンドウ) へのハンドルを返します。Returns a handle to the foreground window (the window with which the user is currently working). システムは、フォアグラウンドウィンドウを作成するスレッドに、他のスレッドよりも若干高い優先度を割り当てます。The system assigns a slightly higher priority to the thread that creates the foreground window than it does to other threads.
GetGUIThreadInfoGetGUIThreadInfo アクティブなウィンドウまたは指定した GUI スレッドに関する情報を取得します。Retrieves information about the active window or a specified GUI thread.
GetLastActivePopupGetLastActivePopup 指定したウィンドウによって所有されているポップアップウィンドウが最後にアクティブになったことを示します。Determines which pop-up window owned by the specified window was most recently active.
Getレイヤー EdwindowattributesGetLayeredWindowAttributes レイヤード ウィンドウの不透明度および透明度のカラー キーを取得します。Retrieves the opacity and transparency color key of a layered window.
GetNextWindowGetNextWindow Z オーダーで、次または前のウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the next or previous window in the Z-Order. 次のウィンドウは、指定されたウィンドウの下にあります。前のウィンドウが上にあります。The next window is below the specified window; the previous window is above. 指定されたウィンドウが最上位のウィンドウである場合、関数は次 (または前) の最上位ウィンドウへのハンドルを取得します。If the specified window is a topmost window, the function retrieves a handle to the next (or previous) topmost window. 指定されたウィンドウがトップレベルウィンドウである場合、関数は次 (または前) のトップレベルウィンドウへのハンドルを取得します。If the specified window is a top-level window, the function retrieves a handle to the next (or previous) top-level window. 指定されたウィンドウが子ウィンドウの場合、関数は次の (または前の) 子ウィンドウへのハンドルを検索します。If the specified window is a child window, the function searches for a handle to the next (or previous) child window.
GetParentGetParent 指定したウィンドウの親または所有者へのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the specified window's parent or owner.
GetProcessDefaultLayoutGetProcessDefaultLayout Windows が親または所有者なしで作成されるときに使用される既定のレイアウトを取得します。Retrieves the default layout that is used when windows are created with no parent or owner.
GetShellWindowGetShellWindow シェルのデスクトップウィンドウへのハンドルを返します。Returns a handle to the Shell's desktop window.
Getタイトルバー情報GetTitleBarInfo 指定されたタイトル バーの情報を取得します。Retrieves information about the specified title bar.
GetTopWindowGetTopWindow 指定した親ウィンドウに関連付けられている子ウィンドウの Z オーダーを調べ、Z オーダーの最上部にある子ウィンドウへのハンドルを取得します。Examines the Z order of the child windows associated with the specified parent window and retrieves a handle to the child window at the top of the Z order.
GetWindowGetWindow 指定したウィンドウへの指定したリレーションシップ (Z オーダー またはオーナー) を持つウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to a window that has the specified relationship (Z-Order or owner) to the specified window.
GetWindowDisplayAffinityGetWindowDisplayAffinity 特定のウィンドウについて、現在の表示関係の設定を任意のプロセスから取得します。Retrieves the current display affinity setting, from any process, for a given window.
GetWindowInfoGetWindowInfo 指定されたウィンドウに関する情報を取得します。Retrieves information about the specified window.
GetWindowModuleFileNameGetWindowModuleFileName 指定したウィンドウハンドルに関連付けられているモジュールの完全パスとファイル名を取得します。Retrieves the full path and file name of the module associated with the specified window handle.
GetWindowPlacementGetWindowPlacement 指定されたウィンドウの表示状態と、復元、最小化、および最大化された位置を取得します。Retrieves the show state and the restored, minimized, and maximized positions of the specified window.
GetWindowRectGetWindowRect 指定したウィンドウの外接する四角形の寸法を取得します。Retrieves the dimensions of the bounding rectangle of the specified window. 寸法は、画面の左上隅を基準とした、画面座標で指定します。The dimensions are given in screen coordinates that are relative to the upper-left corner of the screen.
GetWindowTextGetWindowText 指定したウィンドウのタイトルバーのテキスト (存在する場合) をバッファーにコピーします。Copies the text of the specified window's title bar (if it has one) into a buffer. 指定したウィンドウがコントロールの場合は、コントロールのテキストがコピーされます。If the specified window is a control, the text of the control is copied. ただし、 Getwindowtext は、別のアプリケーション内のコントロールのテキストを取得することはできません。However, GetWindowText cannot retrieve the text of a control in another application.
GetWindowTextLengthGetWindowTextLength 指定したウィンドウのタイトルバーテキストの長さを文字数で取得します (ウィンドウにタイトルバーがある場合)。Retrieves the length, in characters, of the specified window's title bar text (if the window has a title bar). 指定されたウィンドウがコントロールである場合、関数はコントロール内のテキストの長さを取得します。If the specified window is a control, the function retrieves the length of the text within the control. ただし、 GetWindowTextLength は、別のアプリケーションの編集コントロールのテキストの長さを取得することはできません。However, GetWindowTextLength cannot retrieve the length of the text of an edit control in another application.
GetWindowThreadProcessIdGetWindowThreadProcessId 指定したウィンドウを作成したスレッドの識別子を取得します。また、必要に応じて、ウィンドウを作成したプロセスの識別子を取得します。Retrieves the identifier of the thread that created the specified window and, optionally, the identifier of the process that created the window.
IsChildIsChild ウィンドウが、子ウィンドウであるか、または指定された親ウィンドウの子孫ウィンドウであるかを判断します。Determines whether a window is a child window or descendant window of a specified parent window. 子ウィンドウは、親ウィンドウが親ウィンドウのチェーンにある場合は、指定された親ウィンドウの直接の子孫です。親ウィンドウのチェーンは、元の重なったウィンドウまたはポップアップウィンドウから子ウィンドウにつながります。A child window is the direct descendant of a specified parent window if that parent window is in the chain of parent windows; the chain of parent windows leads from the original overlapped or pop-up window to the child window.
IsGUIThreadIsGUIThread 呼び出し元のスレッドが既に GUI スレッドであるかどうかを判断します。Determines whether the calling thread is already a GUI thread. また、必要に応じて、スレッドを GUI スレッドに変換することもできます。It can also optionally convert the thread to a GUI thread.
IsHungAppWindowIsHungAppWindow 指定したアプリケーションが応答していないと Windows が見なすかどうかを指定します。Determines whether Windows considers that a specified application is not responding. アプリケーションが入力を待機しておらず、スタートアップ処理中ではなく、内部タイムアウト期間が5秒の間に PeekMessage を呼び出していない場合、アプリケーションは応答していないと見なされます。An application is considered to be not responding if it is not waiting for input, is not in startup processing, and has not called PeekMessage within the internal timeout period of 5 seconds.
IsIconicIsIconic 指定したウィンドウが最小化 (アイコン化) されているかどうかを判断します。Determines whether the specified window is minimized (iconic).
IsProcessDPIAwareIsProcessDPIAware 現在のプロセスが dpi (dpi) に対応しているかどうかを示す値を取得します。これは、dpi 設定を補正するために UI 要素のサイズを調整することを意味します。Gets a value that indicates if the current process is dots per inch (dpi) aware such that it adjusts the sizes of UI elements to compensate for the dpi setting.
IsWindowIsWindow 指定したウィンドウハンドルが既存のウィンドウを識別するかどうかを判断します。Determines whether the specified window handle identifies an existing window.
IsWindowUnicodeIsWindowUnicode 指定されたウィンドウがネイティブ Unicode ウィンドウかどうかを判断します。Determines whether the specified window is a native Unicode window.
IsWindowVisibleIsWindowVisible 指定したウィンドウの表示状態を取得します。Retrieves the visibility state of the specified window.
IsZoomedIsZoomed ウィンドウが最大化されているかどうかを判断します。Determines whether a window is maximized.
LockSetForegroundWindowLockSetForegroundWindow フォアグラウンドプロセスは、 LockSetForegroundWindow 関数を呼び出して、 SetForegroundWindow 関数の呼び出しを無効にすることができます。The foreground process can call the LockSetForegroundWindow function to disable calls to the SetForegroundWindow function.
LogicalToPhysicalPointLogicalToPhysicalPoint ウィンドウ内の点の論理座標を物理座標に変換します。Converts the logical coordinates of a point in a window to physical coordinates.
MoveWindowMoveWindow 指定したウィンドウの位置とサイズを変更します。Changes the position and dimensions of the specified window. 最上位レベルのウィンドウでは、位置と大きさは画面の左上隅を基準としています。For a top-level window, the position and dimensions are relative to the upper-left corner of the screen. 子ウィンドウの場合は、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準とした相対値になります。For a child window, they are relative to the upper-left corner of the parent window's client area.
OpenIconOpenIcon 最小化 (アイコン化) されたウィンドウを以前のサイズと位置に復元します。その後、ウィンドウをアクティブにします。Restores a minimized (iconic) window to its previous size and position; it then activates the window.
PhysicalToLogicalPointPhysicalToLogicalPoint ウィンドウ内の点の物理座標を論理座標に変換します。Converts the physical coordinates of a point in a window to logical coordinates.
RealChildWindowFromPointRealChildWindowFromPoint 指定したポイントにある子ウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the child window at the specified point. 検索は、直接の子ウィンドウに限定されます。孫と深い子孫ウィンドウは検索されません。The search is restricted to immediate child windows; grandchildren and deeper descendant windows are not searched.
RealGetWindowClassRealGetWindowClass ウィンドウの種類を指定する文字列を取得します。Retrieves a string that specifies the window type.
RegisterShellHookWindowRegisterShellHookWindow シェルアプリケーションに役立つイベントまたは通知の特定のメッセージを受信するように、指定したシェルウィンドウを登録します。Registers a specified Shell window to receive certain messages for events or notifications that are useful to Shell applications. 受信したイベントメッセージは、指定されたウィンドウのデスクトップに関連付けられたシェルウィンドウに送信されたメッセージだけです。The event messages received are only those sent to the Shell window associated with the specified window's desktop. 多くのメッセージは、 SetWindowsHookEx 関数を呼び出した後に受信できるものと同じであり、フック型に WH _ SHELL を指定しています。Many of the messages are the same as those that can be received after calling the SetWindowsHookEx function and specifying WH_SHELL for the hook type. RegisterShellHookWindowとの違いは、メッセージは、コールバックプロシージャではなく、指定されたウィンドウの WindowProcを通じて受信されることです。The difference with RegisterShellHookWindow is that the messages are received through the specified window's WindowProc and not through a call back procedure.
SetForegroundWindowSetForegroundWindow 指定したウィンドウを作成したスレッドを前景に配置し、ウィンドウをアクティブにします。Puts the thread that created the specified window into the foreground and activates the window. キーボード入力がウィンドウに送られ、ユーザーに対してさまざまな視覚的な手掛かりが変更されます。Keyboard input is directed to the window, and various visual cues are changed for the user. システムは、フォアグラウンドウィンドウを作成したスレッドに、他のスレッドよりも少し高い優先順位を割り当てます。The system assigns a slightly higher priority to the thread that created the foreground window than it does to other threads.
SetLayeredWindowAttributesSetLayeredWindowAttributes レイヤード ウィンドウの不透明度および透明度のカラー キーを設定します。Sets the opacity and transparency color key of a layered window.
SetParentSetParent 指定した子ウィンドウの親ウィンドウを変更します。Changes the parent window of the specified child window.
SetProcessDefaultLayoutSetProcessDefaultLayout 現在実行中のプロセスに対してのみ、親または所有者なしで windows を作成したときの既定のレイアウトを変更します。Changes the default layout when windows are created with no parent or owner only for the currently running process.
SetProcessDPIAwareSetProcessDPIAware 現在のプロセスを dpi 対応として設定します。Sets the current process as dpi aware.
SetWindowDisplayAffinitySetWindowDisplayAffinity ウィンドウに関連付けられている hWnd に、表示アフィニティ設定をカーネルモードで格納します。Stores the display affinity setting in kernel mode on the hWnd associated with the window.
SetWindowPlacementSetWindowPlacement 指定したウィンドウの表示状態と、復元、最小化、および最大化された位置を設定します。Sets the show state and the restored, minimized, and maximized positions of the specified window.
SetWindowPosSetWindowPos 子、ポップアップ、またはトップレベルウィンドウのサイズ、位置、および Z の順序を変更します。Changes the size, position, and Z order of a child, pop-up, or top-level window. これらのウィンドウは、画面上の外観に従って並べ替えられます。These windows are ordered according to their appearance on the screen. 最上位のウィンドウは最上位のランクを受け取り、最初のウィンドウは Z オーダーで表示されます。The topmost window receives the highest rank and is the first window in the Z order.
SetWindowTextSetWindowText 指定したウィンドウのタイトルバーのテキストを変更します (存在する場合)。Changes the text of the specified window's title bar (if it has one). 指定したウィンドウがコントロールの場合は、コントロールのテキストが変更されます。If the specified window is a control, the text of the control is changed. ただし、 SetWindowText は、別のアプリケーション内のコントロールのテキストを変更することはできません。However, SetWindowText cannot change the text of a control in another application.
ShowOwnedPopupsShowOwnedPopups 指定したウィンドウに所有されているすべてのポップアップウィンドウの表示と非表示を切り替えます。Shows or hides all pop-up windows owned by the specified window.
ShowWindowShowWindow 指定したウィンドウの表示状態を設定します。Sets the specified window's show state.
ShowWindowAsyncShowWindowAsync 別のスレッドによって作成されたウィンドウの表示状態を設定します。Sets the show state of a window created by a different thread.
サウンドSoundSentry サウンドが再生中であることを示す視覚的信号をトリガーします。Triggers a visual signal to indicate that a sound is playing.
SwitchtoこのウィンドウSwitchToThisWindow フォーカスを指定したウィンドウに切り替え、前面に移動します。Switches focus to a specified window and bring it to the foreground.
タイルウィンドウTileWindows 指定された親ウィンドウの指定された子ウィンドウを並べます。Tiles the specified child windows of the specified parent window.
UpdateLayeredWindowUpdateLayeredWindow レイヤード ウィンドウの位置、サイズ、形状、内容、および透明度を更新します。Updates the position, size, shape, content, and translucency of a layered window.
UpdateLayeredWindowIndirectUpdateLayeredWindowIndirect レイヤード ウィンドウの位置、サイズ、形状、内容、および透明度を更新します。Updates the position, size, shape, content, and translucency of a layered window.
WindowFromPhysicalPointWindowFromPhysicalPoint 指定した物理ポイントを格納しているウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the window that contains the specified physical point.
WindowFromPointWindowFromPoint 指定した点を格納しているウィンドウへのハンドルを取得します。Retrieves a handle to the window that contains the specified point.
WinMainWinMain WinMain は、ユーザーが指定した Windows ベースのアプリケーションのエントリポイントの従来の名前です。WinMain is the conventional name for the user-provided entry point for a Windows-based application.

ウィンドウマクロWindow Macros

名前Name 説明Description
_X _ LPARAM を取得するGET_X_LPARAM 指定された LPARAM 値から符号付き x 座標を取得します。Retrieves the signed x-coordinate from the given LPARAM value.
_Y _ LPARAM を取得するGET_Y_LPARAM 指定された LPARAM 値から符号付き y 座標を取得します。Retrieves the signed y-coordinate from the given LPARAM value.
HIBYTEHIBYTE 指定した16ビット値から上位バイトを取得します。Retrieves the high-order byte from the given 16-bit value.
HIWORDHIWORD 指定された32ビット値から上位ワードを取得します。Retrieves the high-order word from the given 32-bit value.
LOBYTELOBYTE 指定した値から下位バイトを取得します。Retrieves the low-order byte from the specified value.
LOWORDLOWORD 指定された値から下位ワードを取得します。Retrieves the low-order word from the specified value.
MAKELONGMAKELONG 指定された値を連結して LONG 型 の値を作成します。Creates a LONG value by concatenating the specified values.
MAKELPARAMMAKELPARAM メッセージで lParam パラメーターとして使用する値を作成します。Creates a value for use as an lParam parameter in a message. マクロは、指定された値を連結します。The macro concatenates the specified values.
MAKELRESULTMAKELRESULT ウィンドウプロシージャからの戻り値として使用する値を作成します。Creates a value for use as a return value from a window procedure. マクロは、指定された値を連結します。The macro concatenates the specified values.
MAKEWORDMAKEWORD 指定された値を連結することによって、 単語 の値を作成します。Creates a WORD value by concatenating the specified values.
MAKEWPARAMMAKEWPARAM メッセージで wParam パラメーターとして使用する値を作成します。Creates a value for use as a wParam parameter in a message. マクロは、指定された値を連結します。The macro concatenates the specified values.

ウィンドウメッセージWindow Messages

名前Name 説明Description
_GETHMENUMN_GETHMENU 現在のウィンドウの HMENU を取得します。Gets the HMENU for the current window.
WM _ GETFONTWM_GETFONT コントロールが現在テキストを描画しているフォントを取得します。Retrieves the font with which the control is currently drawing its text.
WM _ GETTEXTWM_GETTEXT ウィンドウに対応するテキストを、呼び出し元によって提供されるバッファーにコピーします。Copies the text that corresponds to a window into a buffer provided by the caller.
WM _ GETTEXTLENGTHWM_GETTEXTLENGTH ウィンドウに関連付けられているテキストの長さを文字数で決定します。Determine the length, in characters, of the text associated with a window.
WM _ SETFONTWM_SETFONT テキストを描画するときにコントロールが使用するフォントを指定します。Specifies the font that a control is to use when drawing text.
WM _ SETICONWM_SETICON 新しい大きいアイコンまたは小さいアイコンをウィンドウに関連付けます。Associates a new large or small icon with a window. システムの [ALT + TAB] ダイアログボックスに大きいアイコンが表示され、ウィンドウのキャプションに小さいアイコンが表示されます。The system displays the large icon in the ALT+TAB dialog box, and the small icon in the window caption.
WM _ SETTEXTWM_SETTEXT ウィンドウのテキストを設定します。Sets the text of a window.

ウィンドウ通知Window Notifications

名前Name 説明Description
WM の _ アクティブアプリWM_ACTIVATEAPP アクティブウィンドウとは別のアプリケーションに属しているウィンドウがアクティブになるときに送信されます。Sent when a window belonging to a different application than the active window is about to be activated. メッセージは、ウィンドウがアクティブになっているアプリケーションと、ウィンドウが非アクティブ化されているアプリケーションに送信されます。The message is sent to the application whose window is being activated and to the application whose window is being deactivated.
ウィンドウは、 WindowProc 関数を通じてこのメッセージを受信します。A window receives this message through its WindowProc function.
WM _ CANCELMODEWM_CANCELMODE マウスキャプチャなどの特定のモードをキャンセルするために送信されます。Sent to cancel certain modes, such as mouse capture. たとえば、ダイアログボックスまたはメッセージボックスが表示されたときに、システムからアクティブウィンドウにこのメッセージが送信されます。For example, the system sends this message to the active window when a dialog box or message box is displayed. また、特定の関数は、アクティブなウィンドウかどうかに関係なく、指定されたウィンドウにこのメッセージを明示的に送信します。Certain functions also send this message explicitly to the specified window regardless of whether it is the active window. たとえば、 enablewindow 関数は、指定されたウィンドウを無効にしたときにこのメッセージを送信します。For example, the EnableWindow function sends this message when disabling the specified window.
WM _ CHILDACTIVATEWM_CHILDACTIVATE ユーザーがウィンドウのタイトルバーをクリックしたとき、またはウィンドウがアクティブ化、移動、またはサイズ変更されたときに、子ウィンドウに送信されます。Sent to a child window when the user clicks the window's title bar or when the window is activated, moved, or sized.
WM _ CLOSEWM_CLOSE ウィンドウまたはアプリケーションを終了する必要があることを示すシグナルとして送信されます。Sent as a signal that a window or an application should terminate.
WM の _ 圧縮WM_COMPACTING システムが 30 ~ 60 秒の期間にわたって12.5% を超えるシステム時間を検出した場合に、すべてのトップレベルのウィンドウに送信されます。Sent to all top-level windows when the system detects more than 12.5 percent of system time over a 30- to 60-second interval is being spent compacting memory. これは、システムメモリが不足していることを示します。This indicates that system memory is low.
WM の _ 作成WM_CREATE CreateWindowExまたは CreateWindow関数を呼び出すことによって、アプリケーションがウィンドウの作成を要求したときに送信されます。Sent when an application requests that a window be created by calling the CreateWindowEx or CreateWindow function. (メッセージは、関数が戻る前に送信されます)。ウィンドウが作成された後、ウィンドウが表示される前に、新しいウィンドウのウィンドウプロシージャがこのメッセージを受信します。(The message is sent before the function returns.) The window procedure of the new window receives this message after the window is created, but before the window becomes visible.
WM _ 破棄WM_DESTROY ウィンドウが破棄されるときに送信されます。Sent when a window is being destroyed. ウィンドウが画面から削除された後、ウィンドウのウィンドウプロシージャに送信されます。It is sent to the window procedure of the window being destroyed after the window is removed from the screen.
このメッセージは、破棄されるウィンドウに最初に送信され、その後、破棄されるときに子ウィンドウ (存在する場合) に送信されます。This message is sent first to the window being destroyed and then to the child windows (if any) as they are destroyed. メッセージの処理中に、すべての子ウィンドウがまだ存在していると見なすことができます。During the processing of the message, it can be assumed that all child windows still exist.
WM の _ 有効化WM_ENABLE アプリケーションがウィンドウの有効な状態を変更したときに送信されます。Sent when an application changes the enabled state of a window. 有効な状態が変化しているウィンドウに送信されます。It is sent to the window whose enabled state is changing. このメッセージは、 enablewindow 関数から制御が戻る前に送信されますが、ウィンドウの有効状態 (WS _ 無効 スタイルビット) が変更された後に送信されます。This message is sent before the EnableWindow function returns, but after the enabled state (WS_DISABLED style bit) of the window has changed.
WM _ ENTERSIZEMOVE すべてのものをWM_ENTERSIZEMOVE 移動またはサイズ変更のモーダルループに入った後、ウィンドウに1回送信されます。Sent one time to a window after it enters the moving or sizing modal loop. ウィンドウは、ユーザーがウィンドウのタイトルバーまたはサイズ変更境界線をクリックしたとき、またはウィンドウが WM _ syscommand メッセージを DefWindowProc 関数に渡し、メッセージの wParam パラメーターで sc _ MOVE または sc _ SIZE 値が指定されている場合に、移動またはサイズ変更のモーダルループに入ります。The window enters the moving or sizing modal loop when the user clicks the window's title bar or sizing border, or when the window passes the WM_SYSCOMMAND message to the DefWindowProc function and the wParam parameter of the message specifies the SC_MOVE or SC_SIZE value. DefWindowProc がを返すと、操作が完了します。The operation is complete when DefWindowProc returns.
システムは、完全なウィンドウのドラッグが有効になっているかどうかに関係なく、 WM _ entersizemove メッセージを送信します。The system sends the WM_ENTERSIZEMOVE message regardless of whether the dragging of full windows is enabled.
WM _ ERASEBKGNDWM_ERASEBKGND ウィンドウのサイズが変更されたときなど、ウィンドウの背景を消去する必要があるときに送信されます。Sent when the window background must be erased (for example, when a window is resized). メッセージは、ウィンドウの無効な部分を描画用に準備するために送信されます。The message is sent to prepare an invalidated portion of a window for painting.
WM _ EXITSIZEMOVE すべてのものをWM_EXITSIZEMOVE 移動またはサイズ変更のモーダルループを終了した後、ウィンドウに1回送信されます。Sent one time to a window, after it has exited the moving or sizing modal loop. ウィンドウは、ユーザーがウィンドウのタイトルバーまたはサイズ変更境界線をクリックしたとき、またはウィンドウが WM _ syscommand メッセージを DefWindowProc 関数に渡し、メッセージの wParam パラメーターで sc _ MOV E または sc _ サイズ の値が指定されたときに、移動またはサイズ変更のモーダルループに入ります。The window enters the moving or sizing modal loop when the user clicks the window's title bar or sizing border, or when the window passes the WM_SYSCOMMAND message to the DefWindowProc function and the wParam parameter of the message specifies the SC_MOV E or SC_SIZE value. DefWindowProc がを返すと、操作が完了します。The operation is complete when DefWindowProc returns.
WM _ GETICONWM_GETICON ウィンドウに関連付けられている大きいアイコンまたは小さいアイコンへのハンドルを取得するために、ウィンドウに送信されます。Sent to a window to retrieve a handle to the large or small icon associated with a window. システムによって、ALT + TAB のダイアログに大きいアイコンが表示され、ウィンドウのキャプションに小さいアイコンが表示されます。The system displays the large icon in the ALT+TAB dialog, and the small icon in the window caption.
WM _ GETMINMAXINFOWM_GETMINMAXINFO ウィンドウのサイズまたは位置が変更されようとしているときにウィンドウに送信されます。Sent to a window when the size or position of the window is about to change. アプリケーションでは、このメッセージを使用して、ウィンドウの既定の最大サイズと位置、または既定の最小値または最大値の追跡サイズをオーバーライドできます。An application can use this message to override the window's default maximized size and position, or its default minimum or maximum tracking size.
WM _ INPUTLANGCHANGEWM_INPUTLANGCHANGE アプリケーションの入力言語が変更された後、影響を受ける最上位のウィンドウに送信されます。Sent to the topmost affected window after an application's input language has been changed. アプリケーション固有の設定を行い、 DefWindowProc 関数にメッセージを渡す必要があります。これにより、すべての第1レベルの子ウィンドウにメッセージが渡されます。You should make any application-specific settings and pass the message to the DefWindowProc function, which passes the message to all first-level child windows. これらの子ウィンドウは、メッセージを子ウィンドウに渡すことができるように、メッセージを DefWindowProc に渡すことができます。These child windows can pass the message to DefWindowProc to have it pass the message to their child windows, and so on.
WM _ INPUTLANGCHANGEREQUESTWM_INPUTLANGCHANGEREQUEST ユーザーが新しい入力言語を選択したときにフォーカスがあるウィンドウにポストされます。ホットキー (キーボードコントロールパネルアプリケーションで指定) を使用するか、システムタスクバーのインジケーターを使用します。Posted to the window with the focus when the user chooses a new input language, either with the hotkey (specified in the Keyboard control panel application) or from the indicator on the system taskbar. アプリケーションは、メッセージを DefWindowProc 関数に渡すことによって変更を受け入れるか、直ちに制御を戻すことによって変更を拒否することができます (そのようにすることもできません)。An application can accept the change by passing the message to the DefWindowProc function or reject the change (and prevent it from taking place) by returning immediately.
WM _ 移動WM_MOVE ウィンドウが移動された後に送信されます。Sent after a window has been moved.
WM _ 移動WM_MOVING ユーザーが移動しているウィンドウに送信されます。Sent to a window that the user is moving. このメッセージを処理することにより、アプリケーションはドラッグ四角形の位置を監視し、必要に応じてその位置を変更できます。By processing this message, an application can monitor the position of the drag rectangle and, if needed, change its position.
WM _ NCACTIVATEWM_NCACTIVATE 非クライアント領域を、アクティブまたは非アクティブ状態を示すために変更する必要がある場合に、ウィンドウに送信されます。Sent to a window when its nonclient area needs to be changed to indicate an active or inactive state.
WM _ NCCALCSIZEWM_NCCALCSIZE ウィンドウのクライアント領域のサイズと位置を計算する必要があるときに送信されます。Sent when the size and position of a window's client area must be calculated. このメッセージを処理することによって、ウィンドウのサイズまたは位置が変更されたときに、アプリケーションでウィンドウのクライアント領域の内容を制御できるようになります。By processing this message, an application can control the content of the window's client area when the size or position of the window changes.
WM _ NCCREATEWM_NCCREATE ウィンドウが最初に作成されたときに、 WM _ 作成 メッセージの前に送信されます。Sent prior to the WM_CREATE message when a window is first created.
WM _ NCDESTROYWM_NCDESTROY 非クライアント領域が破棄されていることをウィンドウに通知します。Informs a window that its nonclient area is being destroyed. DestroyWindow関数は、wm _ DESTROYメッセージに続くウィンドウに wm _ NCDESTROYメッセージを送信します。The DestroyWindow function sends the WM_NCDESTROY message to the window following the WM_DESTROY message. WM _破棄 は、ウィンドウに関連付けられている割り当て済みメモリオブジェクトを解放するために使用されます。WM_DESTROY is used to free the allocated memory object associated with the window.
WM _ NCDESTROYメッセージは、子ウィンドウが破棄された後に送信されます。The WM_NCDESTROY message is sent after the child windows have been destroyed. これに対して、 WM _ DESTROY は、子ウィンドウが破棄される前に送信されます。In contrast, WM_DESTROY is sent before the child windows are destroyed.
WM _ NULLWM_NULL 操作を実行しません。Performs no operation. アプリケーションは、受信者ウィンドウが無視するメッセージをポストする必要がある場合に、 WM _ NULL メッセージを送信します。An application sends the WM_NULL message if it wants to post a message that the recipient window will ignore.
WM _ PARENTNOTIFYWM_PARENTNOTIFY 子ウィンドウが作成または破棄されたとき、またはカーソルが子ウィンドウの上にあるときにマウスボタンをクリックしたときに、子ウィンドウの親に送信されます。Sent to the parent of a child window when the child window is created or destroyed, or when the user clicks a mouse button while the cursor is over the child window. 子ウィンドウが作成されると、ウィンドウを作成する CreateWindow関数または CreateWindowEx関数の直前に、システムによって WM _ PARENTNOTIFYが送信されます。When the child window is being created, the system sends WM_PARENTNOTIFY just before the CreateWindow or CreateWindowEx function that creates the window returns. 子ウィンドウが破棄されると、ウィンドウを破棄する処理が行われる前に、システムからメッセージが送信されます。When the child window is being destroyed, the system sends the message before any processing to destroy the window takes place.
WM _ QUERYDRAGICONWM_QUERYDRAGICON 最小化 (アイコン化) ウィンドウに送信されます。Sent to a minimized (iconic) window. ウィンドウはユーザーによってドラッグされようとしていますが、そのクラスに対してアイコンが定義されていません。The window is about to be dragged by the user but does not have an icon defined for its class. アプリケーションは、アイコンまたはカーソルのハンドルを返すことができます。An application can return a handle to an icon or cursor. ユーザーがアイコンをドラッグしているときに、システムによってこのカーソルまたはアイコンが表示されます。The system displays this cursor or icon while the user drags the icon.
WM _ QUERYOPENWM_QUERYOPEN ユーザーがウィンドウを元のサイズと位置に復元するように要求したときに、アイコンに送信されます。Sent to an icon when the user requests that the window be restored to its previous size and position.
WM _ 終了WM_QUIT アプリケーションの終了要求を示します。アプリケーションが PostQuitMessage 関数を呼び出したときに生成されます。Indicates a request to terminate an application, and is generated when the application calls the PostQuitMessage function. これにより、 GetMessage 関数は0を返します。It causes the GetMessage function to return zero.
WM _ SHOWWINDOWWM_SHOWWINDOW ウィンドウが非表示または表示されようとしているときにウィンドウに送信されます。Sent to a window when the window is about to be hidden or shown.
WM の _ サイズWM_SIZE サイズが変更された後、ウィンドウに送信されます。Sent to a window after its size has changed.
WM の _ サイズ変更WM_SIZING ユーザーがサイズを変更しているウィンドウに送信されます。Sent to a window that the user is resizing. このメッセージを処理することにより、アプリケーションはドラッグ四角形のサイズと位置を監視し、必要に応じてサイズまたは位置を変更できます。By processing this message, an application can monitor the size and position of the drag rectangle and, if needed, change its size or position.
WM _ STYLECHANGEDWM_STYLECHANGED SetWindowLong関数が1つ以上のウィンドウのスタイルを変更した後に、ウィンドウに送信されます。Ssent to a window after the SetWindowLong function has changed one or more of the window's styles.
WM _ STYLECHANGINGWM_STYLECHANGING SetWindowLong関数が1つまたは複数のウィンドウのスタイルを変更しようとしているときに、ウィンドウに送信されます。Sent to a window when the SetWindowLong function is about to change one or more of the window's styles.
WM _WM_THEMECHANGED テーマ変更イベントの後のすべてのウィンドウにブロードキャストします。Broadcast to every window following a theme change event. テーマ変更イベントの例としては、テーマのアクティブ化、テーマの非アクティブ化、テーマ間での切り替えなどがあります。Examples of theme change events are the activation of a theme, the deactivation of a theme, or a transition from one theme to another.
WM _ USERCHANGEDWM_USERCHANGED ユーザーがログオンまたはログオフした後、すべてのウィンドウに送信されます。Sent to all windows after the user has logged on or off. ユーザーがログオンまたはログオフすると、システムによってユーザー固有の設定が更新されます。When the user logs on or off, the system updates the user-specific settings. 設定を更新した直後に、システムからこのメッセージが送信されます。The system sends this message immediately after updating the settings.
WM _ WINDOWPOSCHANGEDWM_WINDOWPOSCHANGED SetWindowPos関数または別のウィンドウ管理関数を呼び出した結果として、サイズ、位置、または Z オーダー内の場所が変更されたウィンドウに送信されます。Sent to a window whose size, position, or place in the Z order has changed as a result of a call to the SetWindowPos function or another window-management function.
WM _ WINDOWPOSCHANGINGWM_WINDOWPOSCHANGING SetWindowPos関数または別のウィンドウ管理関数の呼び出しの結果として、サイズ、位置、または Z オーダー内の位置が変更されようとしているウィンドウに送信されます。Sent to a window whose size, position, or place in the Z order is about to change as a result of a call to the SetWindowPos function or another window-management function.

ウィンドウ構造Window Structures

名前Name 説明Description
ALTTABINFOALTTABINFO アプリケーション切り替え (ALT + TAB) ウィンドウの状態情報が含まれます。Contains status information for the application-switching (ALT+TAB) window.
CHANGEFILTERSTRUCTCHANGEFILTERSTRUCT Changewindowmessagefilterex関数を呼び出すことによって取得された拡張結果情報を格納します。Contains extended result information obtained by calling the ChangeWindowMessageFilterEx function.
CLIENTCREATESTRUCTCLIENTCREATESTRUCT MDI クライアントウィンドウのメニューと最初のマルチドキュメントインターフェイス (MDI) 子ウィンドウに関する情報を格納します。Contains information about the menu and first multiple-document interface (MDI) child window of an MDI client window. アプリケーションは、MDI クライアントウィンドウを作成するときに、 CreateWindow関数の lpparam パラメーターとして、この構造体へのポインターを渡します。An application passes a pointer to this structure as the lpParam parameter of the CreateWindow function when creating an MDI client window.
CREATESTRUCTCREATESTRUCT アプリケーションのウィンドウプロシージャに渡される初期化パラメーターを定義します。Defines the initialization parameters passed to the window procedure of an application. これらのメンバーは、 CreateWindowEx 関数のパラメーターと同じです。These members are identical to the parameters of the CreateWindowEx function.
GUITHREADINFOGUITHREADINFO GUI スレッドに関する情報を格納します。Contains information about a GUI thread.
MINMAXINFOMINMAXINFO ウィンドウの最大サイズと位置、および最小および最大の追跡サイズに関する情報を格納します。Contains information about a window's maximized size and position and its minimum and maximum tracking size.
NCCALCSIZE _ PARAMSNCCALCSIZE_PARAMS ウィンドウのクライアント領域のサイズ、位置、および有効な内容を計算するために、アプリケーションが WM _ NCCALCSIZE メッセージを処理するときに使用できる情報を格納します。Contains information that an application can use while processing the WM_NCCALCSIZE message to calculate the size, position, and valid contents of the client area of a window.
スタイル構造体STYLESTRUCT ウィンドウのスタイルを格納します。Contains the styles for a window.
タイトルバー情報TITLEBARINFO タイトルバー情報が含まれています。Contains title bar information.
タイトルバーのインフォ EXTITLEBARINFOEX タイトルバーの各要素の座標を含めることにより、タイトルバー 情報 構造で説明されている情報を拡大します。Expands on the information described in the TITLEBARINFO structure by including the coordinates of each element of the title bar.
UPDATELAYEREDWINDOWINFOUPDATELAYEREDWINDOWINFO UpdateLayeredWindowIndirectが、レイヤードウィンドウの位置、サイズ、形状、コンテンツ、および透明度の情報を提供するために使用されます。Used by UpdateLayeredWindowIndirect to provide position, size, shape, content, and translucency information for a layered window.
WINDOWINFOWINDOWINFO ウィンドウ情報を格納します。Contains window information.
WINDOWPLACEMENTWINDOWPLACEMENT 画面上のウィンドウの配置に関する情報を格納します。Contains information about the placement of a window on the screen.
WINDOWPOSWINDOWPOS ウィンドウのサイズと位置に関する情報を格納します。Contains information about the size and position of a window.

ウィンドウ定数Window Constants

名前Name 説明Description
拡張ウィンドウスタイルExtended Window Styles 拡張ウィンドウスタイルが必要な場所で指定できるスタイル。Styles that can be specified wherever an extended window style is required.
ウィンドウ スタイルWindow Styles ウィンドウスタイルが必要な場所で指定できるスタイル。Styles that can be specified wherever a window style is required. コントロールを作成した後は、これらのスタイルを変更することはできません。ただし、特に明記されている場合は除きます。After the control has been created, these styles cannot be modified, except as noted.