サービスクエリ

Name service クエリには、一連の呼び出しが含まれています。これには、 NSPLookupServiceBeginの後に NSPLookupServiceNext の1回以上の呼び出しが続き、最後に NSPLookupServiceEndが呼び出されます。 NSPLookupServiceBegin は、クエリパラメーターと一連のフラグを定義して、検索操作をさらに制御できるようにするために、 wsaqueryset 構造体を入力として受け取ります。 これは、 NSPLookupServiceNext および NSPLookupServiceEnd への後続の呼び出しで使用されるクエリハンドルを返します。

名前空間 SPI クライアントは、クエリ結果を取得するために NSPLookupServiceNext を呼び出します。結果は、クライアントが指定した wsaqueryset バッファーに出力されます。 クライアントは、 _ _ _ すべての結果が取得されたことを示すエラーコードが返されるまで、引き続き NSPLookupServiceNext を呼び出します。 その後、 NSPLookupServiceEndの呼び出しによって検索が終了します。 NSPLookupServiceEnd 関数を使用すると、別のスレッドから呼び出されたときに、現在保留中の NSPLookupServiceNext を取り消すこともできます。

Windows ソケット2では、wsaare more (10102) と WSA _ E (10110) に対して競合しているエラーコードが定義されてい _ _ ます。 エラーコード WSAは、今後のバージョンでは削除される予定であり、これ以上のもの _ _ はありません _ 。 名前空間プロバイダーは、可能な限り早く、最大のエラーコードを使用するように切り替える必要があります。これは、可能な限り _ _ 多くの _ アプリケーションとの互換性を維持するためです。