必要な DRM ライブラリの取得

DRM で保護されたデジタル メディア ファイルを作成または再生するには、アプリケーションが Microsoft によってバイナリ形式で提供される静的ライブラリにリンクする必要があります。 このライブラリは、スタブ ライブラリまたは "stublib" と呼ばれ、アプリケーションを一意に識別します。

このドキュメントでは、DRM ライブラリを "WMStubDRM.lib" と呼びます。 受け取るライブラリの名前には、識別番号が含まれます。 このライブラリを入手するには、Microsoft とのライセンス契約に署名する必要があります。 契約の条件は、評価版ライセンスと運用ライセンスのどちらを要求するかによって異なる場合があります。 DRM ライセンス プロセスの詳細については、Microsoft Web サイトの Windows メディア ライセンス フォームを参照してください。

受け取るライブラリには、入力したライセンス契約の種類に応じて DRM セキュリティ レベルがあります。 DRM ライセンスを使用すると、指定されたセキュリティ レベル未満の DRM コンポーネントを持つアプリケーションがファイルの内容にアクセスできないように制限できます。 このセキュリティ レベルは、DRM の個別化レベルと同じではなく、出力保護レベル (OPL) のどの数値にも関連していません。 次の表は、さまざまなプレーヤーとポータブル デバイスの DRM セキュリティ レベルの例を示しています。

セキュリティ レベル プレイヤーとポータブル デバイス
150 Windows Media DRM をサポートしていないデバイス。 DRM 保護は、コンテンツがそのようなデバイスに転送されるときに削除されます。 メディア ベースのコンテンツWindowsサポートしているが、保護されていないコンテンツをサポートするデバイス
1,000 Windows Media Format 9.5 SDK 以前に基づくプレーヤー アプリケーション。Windows Media Portable Device DRM v1 に基づくレベル 2000.Devices の追加要件を満たしていません。
Windows CE 4.2 以降に基づくデバイス。
Windows メディア プレーヤー 6.4 では、Windows Media Portable Device DRM v1 をサポートする 7Portable メディア デバイスをWindows メディア プレーヤーします。
2,000 Windows Media Format 9 Series SDK 以降に基づいており、ポータブル デバイス用の Windows Media DRM 10 に基づくレベル 1000.Devices のアプリケーションよりも厳しい一連のコンテンツ保護ガイドラインに従うプレーヤー アプリケーション。
ネットワーク デバイスWindowsメディア DRM 10 に基づくデバイス。
Windows メディア プレーヤー 9 シリーズ以降ポータブル デバイス用の Windows Media DRM 10 をサポートする移植可能なメディア デバイス
Windows Mobile に基づくポータブル メディア センター デバイス

ビルドとデバッグに関する情報

WMStubDRM.lib にリンクする場合は、wmvcore.lib にリンクしないでください。 アプリケーションが両方のライブラリにリンクしている場合、DRM コンポーネントは正しく動作しません。

DRM コンポーネントのユーザー ブレークポイントを使用すると、デバッガー内で実行するときに、アプリケーションのデバッグ バージョンとリリース バージョンの両方が保護されたコンテンツにアクセスできなくなります。 アプリケーションで DRM 関連の関数をトラブルシューティングするには、 HRESULT 値などの情報をログ ファイルなどの場所に保存する独自のトレース ルーチンを記述する必要があります。

SDK ビットのデバッグ バージョンがインストールされている (またはその逆) システムでアプリケーションのリリース バージョンを実行しようとすると、DRM バージョン 7 のコンテンツの再生中にヒープ エラーが発生します。 デバッグ SDK ビットを介してデバッグ アプリケーションを実行し、リリース ビットでアプリケーションをリリースしてください。 個別化された DRM コンポーネント (常にリリース ビルド) を使用して SDK のデバッグ バージョンを実行すると、同じ問題が発生します。

ノート DRM は、この SDK の x64 ベースのバージョンではサポートされていません。

Windows Media Format 9.5 SDK に関連付けられている WMStubDRM.lib ファイルは、Microsoft Visual Studio .NET 2003 のコンポーネントでのみ使用できます。 古いバージョンのスタブ ライブラリを使用している場合、その使用に関する新しい制限はありません。

DRM サポートの有効化