WDM プロバイダー

WDM (Windows Driver Model) プロバイダーは、WDM モデルに準拠するハードウェア ドライバーのクラス、インスタンス、メソッド、およびイベントへのアクセスを許可します。 ハードウェア ドライバーのクラスは、"ルート wmi 名前空間" \ に存在します。

WDM クラスは、主に Wmi.mof で定義されます。

WDM は、ハードウェア コンポーネントが情報とイベント通知を提供するオペレーティング システム インターフェイスです。 WDM プロバイダーは、WMI-for-WDM 対応デバイス ドライバーから管理アプリケーションがデータとイベントにアクセスできるクラス、インスタンス、イベント、およびメソッド プロバイダーです。 デバイス ドライバー データを表す WDM プロバイダーによって作成されたクラスは、"ルート \ WMI" 名前空間にのみ存在します。 この名前空間は、WDM プロバイダーがインストールされている WDM ドライバーを処理する前に、既に存在している必要があります。

WDM プロバイダーは、WMIProv.log ファイルに WDM 操作に関する情報を記録します。 詳細については、「WMI ログ ファイル 」を参照してください

クラス、インスタンス、メソッド、およびイベント プロバイダーとして、WDM プロバイダーは標準の IWbemProviderInit インターフェイスと、次の IWbemServices メソッド を実装します。

WDM プロバイダーは 、WMIEvent extrinsic イベントをサポートしています。このイベントは、WDM ベースのドライバーからのイベントに関して WMI に通知します。 他のイベントと同様に 、WMIEvent イベントのイベント コンシューマーを登録できます。 詳細については、「WMI イベントの 受信」を参照してください。 ドライバーの作成時にクラス作成イベントは発生しません。

WDM プロバイダーは、次のクラスをサポートしています。

WMI プロバイダー

デバイス ドライバーからのデータへのアクセス