__InstanceProviderRegistration クラス

__InstanceProviderRegistration システム クラスは、WMI にインスタンス プロバイダーを登録します。

次の構文は、マネージド オブジェクト フォーマット (MOF) コードを簡素化しており、継承されたすべてのプロパティを含んでいます。 プロパティは、MOF の順序ではなく、アルファベット順で一覧表示されます。

構文

class __InstanceProviderRegistration : __ObjectProviderRegistration
{
  sint32         InteractionType = 0;
  __Provider REF provider;
  string         QuerySupportLevels[];
  boolean        SupportsBatching;
  boolean        SupportsDelete = False;
  boolean        SupportsEnumeration = True;
  boolean        SupportsGet = False;
  boolean        SupportsPut = False;
  boolean        SupportsTransactions;
};

メンバー

__InstanceProviderRegistration クラスには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

__InstanceProviderRegistration クラスには、これらのプロパティがあります。

InteractionType

データ型: sint32

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

クラスまたはインスタンス プロバイダーがデータを提供するか、WMI と共通情報モデル (CIM) リポジトリからデータを取得することを示します。 プル プロバイダーは、データへの動的アクセスをサポートします。プッシュ プロバイダーは CIM リポジトリにデータを格納し、WMI を使用してアクセスを提供します。 詳細については、「 プッシュまたはプルの状態の決定」を参照してください。 既定値は 0 (ゼロ) です。

Pull (0)

プロバイダーはプル プロバイダーです。

プッシュ (1)

プロバイダーはプッシュ プロバイダーです。

PushVerify (2)

プロバイダーはプッシュ検証プロバイダーです。 プッシュ検証プロバイダーは現在サポートされていないことに注意してください。

プロバイダー

データ型: __Provider

アクセスの種類: 読み取り専用

インスタンス プロバイダーへのオブジェクト パスを表す __Provider のインスタンスへの参照。 このプロパティは、 __ProviderRegistrationから継承されます。

QuerySupportLevels

データ型: 文字列 配列

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

クエリ処理に対するプロバイダーに含まれるサポートの種類の配列。 クラス プロバイダーでは、すべての種類のクエリがサポートされているわけではありません。 インスタンス プロバイダーは、クエリ処理をサポートしていない場合、 QuerySupportLevelsを NULL に 設定できます。 クエリをサポートするプロバイダーは IWbemServices::ExecQueryAsync メソッドを実装し、このプロパティを次の値の 1 つ以上に設定します。

("WQL:UnarySelect")

("WQL:References")

("WQL:Associators")

("WQL:V1ProviderDefined")

SupportsBatching

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

使用されていません。

SupportsDelete

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

True の場合、プロバイダーはデータの削除をサポートします。

True

プロバイダーは、 IWbemServices::D eleteClassAsync (クラス プロバイダー)、または IWbemServices::D eleteInstanceAsync (インスタンス プロバイダー) を実装することで、クラスまたはインスタンスの削除をサポートします。

誤り

プロバイダーはデータの削除をサポートせず、DeleteClassAsync または DeleteInstanceAsync からWBEM_E_PROVIDER_NOT_CAPABLEを返します。

SupportsEnumeration

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

True の場合、プロバイダーはデータ列挙をサポートします。

(True)

プロバイダーは、 IWbemServices::CreateClassEnumAsync (クラス プロバイダー)、または IWbemServices::CreateInstanceEnumAsync (インスタンス プロバイダー) のいずれかを実装することで、データ列挙をサポートします。

(False)

プロバイダーはデータ列挙をサポートせず、CreateClassEnumAsync または CreateInstanceEnumAsync からWBEM_E_PROVIDER_NOT_CAPABLEを返します。

SupportsGet

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

True の場合、クラスまたはインスタンス プロバイダーはデータ取得をサポートします。

正しい

プロバイダーは、 IWbemServices::GetObjectAsync を実装することでデータ取得をサポートします。

誤り

プロバイダーはデータ取得をサポートせず、GetObjectAsync からWBEM_E_PROVIDER_NOT_CAPABLEを返します。

SupportsPut

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

True の場合、クラスまたはインスタンス プロバイダーはデータの変更をサポートします。

(True)

プロバイダーは、 IWbemServices::P utClassAsync (クラス プロバイダー)、または IWbemServices::P utInstanceAsync (クラス プロバイダー) のいずれかのメソッドを実装することで、クラスまたはインスタンスの変更をサポートします。

(False)

プロバイダーはデータ変更をサポートせず、PutClassAsync または PutInstanceAsync からWBEM_E_PROVIDER_NOT_CAPABLEを返します。

SupportsTransactions

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り/書き込み

使用しません。

解説

__InstanceProviderRegistration クラスは、__ProviderRegistrationから派生した__ObjectProviderRegistrationから派生します。 __Win32Provider__InstanceProviderRegistrationのインスタンスを作成することで、インスタンス プロバイダーを登録できるのは管理者だけです。 プロバイダーを削除できるのは管理者だけです。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
すべての WMI 名前空間

関連項目

__ObjectProviderRegistration

WMI システム クラス

クラス プロバイダーの登録

インスタンス プロバイダーの登録