新しい永続的なイベント コンシューマー クラスの作成

永続的なイベント コンシューマーを作成する最初の手順の 1 つは、イベント コンシューマーを記述する WMI クラスを作成することです。 具体的には、永続的なイベント コンシューマー クラスは、物理コンシューマーによって実装されるアクションのパラメーターを定義します。

次の手順では、永続的なイベント コンシューマー クラスを作成する方法について説明します。

永続的なイベント コンシューマー クラスを作成するには

  1. __EventConsumer システム クラスからクラスを派生させます。
  2. イベント通知を処理するために必要なパラメーターを実装します。

次の例は、SMTPConsumerEvent クラスの作成に使用される構文を示しています。 これは、新しいクラスを作成する例として使用できます。 SMTPEventConsumer クラスは、イベントが配信されるたびに、簡易メール転送プロトコル (SMTP) を使用して電子メール メッセージを送信します。 このクラスは smtpcons.mof で定義されています。

class SMTPEventConsumer : __EventConsumer
{
  [key] string Name;
  [not_null] string SMTPServer;
  [Template] string Subject;
  [Template] string FromLine;
  [Template] string ReplyToLine;
  [Template] string Message;
  [Template] string ToLine;
  [Template] string CcLine;
  [Template] string BccLine;
  string HeaderFields[];
};

永続的なイベント コンシューマー クラスのインスタンスを作成して、物理コンシューマーにイベントを送信する 1 つ以上の方法を記述できる必要があります。 詳細については、「 論理コンシューマーの作成」を参照してください。