WBEMTime:: GetLocalOffsetForDate メソッド

[WBEMTimeクラスは WMI プロバイダーフレームワークの一部であり、最終的な状態と見なされるようになりました。これらのライブラリに影響を与えるセキュリティ関連ではない問題に対して、これ以上の開発、拡張、更新は使用できません。 MI apiは、すべての新規開発に使用する必要があります。]

Getlocaloffsetfordate メソッドは、引数で指定された時間に対して、GMT と現地時刻の間のオフセットを分 (+ または) で返します。

オーバーロードの一覧

Method 説明
GetLocalOffsetForDate (time _ t&) 引数は、 time _ t への参照です。
GetLocalOffsetForDate (FILETIME * ) 引数は、 FILETIME へのポインターです。
GetLocalOffsetForDate (struct tm * ) 引数は、 tm 構造体へのポインターです。
GetLocalOffsetForDate (SYSTEMTIME * ) 引数は、 SYSTEMTIME へのポインターです。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
ヘッダー
WbemTime
[DLL]
FrameDynOS.dll;
FrameDyn.dll