DSP プラグインについて

Microsoft Windows Media Player は、再生中にオーディオストリームまたはビデオストリームでデジタル信号処理 (DSP) 機能を実行するアドオンソフトウェアを接続するためのアーキテクチャを提供します。 これらのアドオンプログラムは、DSP プラグインと呼ばれます。

以下のセクションでは、Windows Media Player DSP プラグインの概要について説明します。

Section 説明
DSP プラグインユーザーの概要 エンドユーザーの視点からの DSP プラグインについて説明します。
DSP プラグイン開発者向け概要 Windows Media Player 用の DSP プラグインを構築する前に理解しておく必要がある一般的な情報について説明します。
DSP プラグインの構築 Windows Media Player プラグインウィザードを使用してサンプル DSP プラグインを作成する方法について説明します。
DSP コードの実装 Windows Media Player 用のカスタムオーディオおよびビデオ DSP プラグインを作成する際の考慮事項について説明します。

Windows Media PlayerDSP プラグイン