バナー要素

バナー 要素は、表示パネルに表示されるグラフィックファイルへの URL を定義します。

<BANNER
   HREF = "URL"
>
</BANNER>

属性

HREF (必須)

表示パネルに表示されるグラフィックファイルの URL。

親/子要素

Hierarchy 要素
親要素 ASXENTRY
子要素 抽象 的で 詳細情報

解説

この要素は、ビデオコンテンツの下にある Windows Media Player 表示パネルに表示されるグラフィックファイルへの URL を定義します。 メディアがオーディオのみの場合は、それ自体でバナーグラフィックが表示されます。 Windows Media Player では、グラフィックに対して194ピクセル幅 (バナーバー) の高さが32ピクセルに予約されています。 URL で定義されているグラフィックがそれより小さい場合は、元のサイズで表示されます。 グラフィックが予約済みの領域を超えている場合は、Windows Media Player によって、スペースに合うように画像がトリミングされます。

バナー要素の スコープ内で ABSTRACT 要素を使用して、ユーザーがバナーグラフィックの上にマウスポインターを置いたときにヒントとしてテキストを表示できます。 バナー 要素内のより 詳細 な要素は、ユーザーがバナーグラフィックをクリックしたときにユーザーが使用する URL を定義します。 (URL には、電子メールリンク、web サイトへのハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) URL、Microsoft JScript コマンドなど、任意のパスまたはプロトコルを使用できます)。ポインターをグラフィック上に移動すると、グラフィックは浮き出しになり、ボタンのように見えます。

ASX 要素に対して定義されている バナー 要素は、再生リストのすべてのクリップが再生中であるときに表示されます。 ENTRY 要素で定義されている バナー 要素は、そのクリップの再生中にのみ表示され、その間は親の ASX 要素内で定義されているすべてのバナーをオーバーライドします。 Windows Media Player は、 ASX 要素の BANNERBAR 属性を設定することによって、バナーの領域を予約する方法を指定できます。

バナー画像は、DRM ファイルではサポートされていません。また Windows Media Player が web ページに埋め込まれている場合もあります。

子要素を持たない バナー 要素の例を次に示します。

<BANNER HREF="https://sample.microsoft.com/art/banner1.bmp" />

次に示すのは、抽象 要素と 詳細な情報 要素を含む バナー 要素の例です。

<BANNER HREF="https://www.proseware.com/logos/banner1.bmp">
    <ABSTRACT>Click here to go to our website.</ABSTRACT>
    <MOREINFO HREF="https://sample.microsoft.com" />
    <!-- The text in the Abstract element displays as a 
         ToolTip when the mouse hovers over the banner 
         graphic. When a user clicks the banner, the URL 
         given in the MoreInfo element opens in the 
         browser. -->
</BANNER>

必要条件

要件
Version
Windows Media Player バージョン7.0 以降

関連項目

WindowsMedia Metafile 要素のリファレンス

Windowsメディアメタファイルのリファレンス