DSP プラグインパッケージ

Windows Media Player は、次のいずれかのパイプラインを使用してオーディオとビデオをレンダリングします。

  • DirectShow
  • メディア ファンデーション

Microsoft Windows XP およびそれ以前のバージョンでは、windows media Player では DirectShow が使用されています。 Windows Vista では、プレーヤーが DirectShow を使用し、場合によってはメディアファンデーションを使用することがあります。

DirectShow パイプラインで実行するように設計された dsp プラグインは、基本的な dsp プラグイン と呼ばれます。 基本的な DSP プラグインは、DirectX メディアオブジェクト (DMO) として機能します。 基本的な DSP プラグインは DirectShow パイプラインでネイティブに実行でき、メディアファンデーションによって提供されるラッパー内のメディアファンデーションパイプラインでも実行できます。

DirectShow とメディアファンデーションの両方のパイプラインでネイティブに (ラッパーを必要としない) 実行するように設計された dsp プラグインは、デュアルモード DSP プラグイン と呼ばれます。 デュアルモード DSP プラグインは、DMO またはメディアファンデーション変換 (MFT) として機能することができます。

DSP プラグインは、自己登録 .dll ファイルとしてパッケージ化された COM オブジェクトです。 プラグインが実装するインターフェイスは、プラグインが基本的な DSP プラグインとして設計されているか、またはデュアルモード DSP プラグインとして設計されているかによって異なります。 DSP プラグインが実装する必要のあるインターフェイスの詳細については、「 必須インターフェイス」を参照してください。

(ネイティブまたはラップされた) メディアファンデーションパイプラインで実行される DSP プラグインは、そのスレッドモデルを "Both" として登録する必要があります。 レジストリサブキーと DSP プラグインに関連するエントリの詳細については、「 Dsp プラグインの登録」を参照してください。

カスタムインターフェイスを実装し、メディアファンデーションパイプライン (ネイティブまたはラップ) で実行する DSP プラグインは、プロセスの境界を越えてカスタムインターフェイスをマーシャリングできるプロキシスタブ .dll ファイルとペアにする必要があります。 プロキシスタブコンポーネントの詳細については、Windows Media Player 11 の「既存の dsp プラグインdsp プラグインウィザードの更新プログラムの更新」を参照してください。

DSP プラグインオブジェクトをシングルトンとして作成することはできません。 Windows Media Player は、特定の DSP プラグインの複数の個別インスタンスを作成できる必要があります。

Windows Vista の保護されたメディアパス (PMP) で実行される DSP プラグインには署名が必要です。 詳細については、「 Windows Vista の保護されたメディアコンポーネントのコード署名」を参照してください。

DSP プラグイン開発者向け概要