ENTRYREF 要素

Entryref 要素は、外部メタファイル内の エントリ 要素を指します。

<ENTRYREF
   HREF = "URL"
/>

属性

HREF (必須)

参照されたメタファイルの URL。

CLIENTBIND

この属性は現在サポートされていません。

親/子要素

Hierarchy 要素
親要素 ASXEVENTREPEAT
子要素 なし

解説

この要素は、外部メタファイルの内容を指します。 Windows Media Player は、参照されたメタファイルの エントリ 要素を、 entryref 要素の位置にあるプライマリメタファイルに含まれているかのように処理します。 ただし、 SKIPIFREF 属性が YES に設定されている参照されたメタファイル内の エントリ 要素はスキップされます。

Windows XP の Windows Media Player 7.0、7.1、および Windows Media Player では、参照されたメタファイル内のすべての entryref 要素が無視されます。 そのため、これらのバージョンの Windows Media Player を使用する場合、メタファイルを入れ子にできるのは1レベルの深さのみです。 Windows Media Player は、参照されたファイル内の ASX 要素も属性と共に無視します。 Windows Media Player 9 シリーズ以降では、5レベルまでのメタファイルの入れ子がサポートされています。

HREF 属性で指定された url は、外部メタファイルの相対 url のベース url になります。 この URL は、外部メタファイルのエントリが再生され、ユーザーがライブラリに追加するときに使用されます。

<ASX VERSION="3.0">
   <TITLE>Example of Using EntryRef</TITLE>
   <ENTRYREF HREF="https://sample.microsoft.com/metafile.asx" />
</ASX>

必要条件

要件
Version
Windows Media Player バージョン70以降

関連項目

WindowsMedia Metafile 要素のリファレンス

Windowsメディアメタファイルのリファレンス