PARAM 要素

PARAM 要素は、再生リストまたは再生リストの要素に関連付けられたカスタムパラメーターを定義します。

<PARAM
   NAME = "parameter name"
   VALUE = "parameter value"
/>

パラメーター

この要素を ASX タグの直後に配置することで、パラメーターを個々のクリップではなく表示に関連付けることもできます。 これらの項目は、名前と0で始まるインデックス値によって参照されます。

注意

この ASX 要素は Windows Media Player バージョン6.01 以降でのみ使用できます。 Microsoft Internet Explorer 5 の標準インストールには、互換性のあるバージョンの Windows Media Player が含まれています。

属性

名前

パラメーター値へのアクセスに使用される名前。 名前には、任意の有効な文字列を指定できます。 次の文字列は既に定義されています。

String 説明
AllowShuffle VALUE 属性は、メタファイル再生リストで Windows Media Player シャッフル機能でランダムな順序でエントリを再生できるようにするかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"Yes" または "No" に設定できます。 既定値は "No" です。
CanPause VALUE 属性は、ユーザーが再生を一時停止できるかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"Yes" または "No" に設定できます。 既定値は "Yes" です。
CanSeek VALUE 属性は、ユーザーがシークバー、高速順方向、または高速反転を使用して、現在の再生位置を変更できるかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"Yes" または "No" に設定できます。 既定値は "Yes" です。
CanSkipBack VALUE 属性は、[ へ] をクリックして、ユーザーが前の再生リスト項目に戻ることができるかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"Yes" または "No" に設定できます。 既定値は "Yes" です。
CanSkipForward VALUE 属性は、[次へ] をクリックして、ユーザーが次の再生リスト項目に進むことができるかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"Yes" または "No" に設定できます。 既定値は "Yes" です。
Cprている Oid VALUE 属性は、タイプ1オンラインストアによって提供されるラジオフィードの ID を指定します。 つまり、 VALUE 属性は、オンラインストアのカタログにあるいずれかのラジオフィードの放射 oid フィールドと同じである必要があります。 親要素は、 ASX 要素です。
エンコード VALUE 属性を "utf-8" に設定して、メタファイルが UNICODE (utf-8) でエンコードされたファイルであることを示します。
HtmlFlink VALUE 属性は、型1のオンラインストアによって提供される文字列です。 Windows Media Player は、オンラインストアのプラグインによって実装されているIWMPContentPartner:: GetItemInfoメソッドに文字列を渡します。 GetItemInfo メソッドは、プレーヤーの プレイ ウィンドウに表示する web ページの URL を返します。 Web ページは、 外部 オブジェクトが型1ストアに公開するすべてのメソッドにアクセスできます。 これらの方法の一覧については、「 種類1のオンラインストアの外部オブジェクト」を参照してください。
HTMLView VALUE 属性では、親要素が ASX 要素であるか entry 要素であるかに応じて、プレイリストまたは現在のエントリの全モードプレーヤーの [プレイリスト] ウィンドウ に表示される URL を指定します。 htmlview は、Windows Media Player コントロールではサポートされていません。
ログ:FieldName [ :名前空間] Value 属性は、指定されたログフィールドに設定する値を指定します。 NAME 属性の:NameSpace 部分は省略可能です。
Prebuffer VALUE 属性は、次の再生リストエントリが、現在のエントリの終了前にバッファリングを開始するかどうかを指定します。これにより、シームレスな移行が可能になります。 VALUE 属性は、"true" または "false" に設定できます。
Show/バッファリング VALUE 属性は、現在の ENTRY 要素によって参照されるイメージファイルが、指定された期間を超えて引き続き表示されるかどうかを指定します。 VALUE 属性は、"true" または "false" に設定できます。

VALUE

このパラメーターに関連付けられている値。 数値または文字列値のいずれかを指定できます。

親/子要素

Hierarchy 要素
親要素 ASXENTRY
子要素 なし

解説

この要素を使用すると、ユーザーは、各クリップに関する追加情報を、それを含む ENTRY 要素内に配置できます。 再生リストの エントリ に指定されたメタデータ情報を取得するには、 メディア を使用します。getItemInfo メソッド。 メディアgetItemInfo メソッドは、パラメーターの名前を指定して value 属性の値を取得します。 以前のバージョンの Windows Media Player は、 GetMediaParameter メソッドを使用して、再生リストの エントリ に指定されたメタデータ情報を取得します。このとき、パラメーターの名前とエントリのインデックス番号を指定します。

この要素を ASX タグの直後に配置することで、パラメーターを個々のクリップではなく表示に関連付けることもできます。 これらの項目は、名前と0で始まるインデックス値によって参照されます。

注:

この ASX 要素は Windows Media Player バージョン6.01 以降でのみ使用できます。 Microsoft Internet Explorer 5 の標準インストールには、互換性のあるバージョンの Windows Media Player が含まれています。

<ASX VERSION="3.0">
   <TITLE>Example Media Player Show</TITLE>
   <PARAM NAME="Director" VALUE="Jane D." />
   
   <ENTRY>
      <TITLE>Example Clip</TITLE>
      <REF HREF="https://sample.microsoft.com/media.asf" />
      <PARAM NAME="Location" VALUE="North America" />
      <PARAM NAME="Release Date" VALUE="March 1998" />
   </ENTRY>
   
   <ENTRY>
      <TITLE>Another Clip</TITLE>
      <REF HREF="https://sample.microsoft.com/more_media.asf" />
      <PARAM NAME="Location" VALUE="Japan">
      <PARAM NAME="Release Date" VALUE="December 1996" />
   </ENTRY>
</ASX>

必要条件

要件
Version
Windows Media Player バージョン7.0 以降の場合、定義済みの名前属性には Windows Media Player 9 シリーズ以降が必要です。定義済みの名前には、canpause、canpause、canskipback、および canskipforward の Windows Media Player 10 以降が必要です。

関連項目

Windows Media Player での Web ページの表示

ストリームデータのログ記録

WindowsMedia Metafile 要素のリファレンス

Windowsメディアメタファイルのリファレンス