アクセス許可レジストリ エントリ

カスタム Windows Media Playerが検出された場合、拡張機能と一致するレジストリ サブキーが検索されます。 サブキーについては、「ファイル名の拡張子レジストリ」を参照設定。 拡張機能のサブキーの下に表示されるレジストリ エントリの 1 つは 、Permissions エントリ です。

[アクセス許可] エントリでは、カスタムWindows Media Playerファイルに対して実行できるアクションを指定します。 [ アクセス許可] エントリの形式は次のとおりです。

名前 Type
アクセス許可 REG _ DWORD フラグのセット。各フラグは、特定のアクションに対するアクセス許可を付与します。

Permissions エントリ の値は 、次のフラグの 1 つ以上 のビット OR です。

フラグ (10 進値) 説明
1 再生のアクセス許可。 登録されているファイル名の拡張子を持つファイルを再生できます。
2 フォルダーの削除のアクセス許可。 登録されたファイル名の拡張子を持つファイルは、ユーザーがファイルを含むフォルダーをドラッグして Player のユーザー インターフェイスにドロップすると、作成されたプレイリストに含まれます。
4 メディア CD のアクセス許可。 登録されているファイル名の拡張子を持つファイルは、ファイルを含む CD が CD-ROM ドライブに挿入されると作成されるプレイリストに含まれます。
8 ライブラリのアクセス許可。 登録済みのファイル名の拡張子を持つファイルをライブラリに追加できます。 変換プラグインに必要です。
16 HTML ストリーミングのアクセス許可。 登録されたファイル名の拡張子を持つファイルは、Web ストリームから配信Internet Explorerキャッシュに挿入されます。
128 コード変換のアクセス許可。 登録されているファイル名の拡張子を持つファイルは、特定の条件下Windowsメディア形式にトランスコードできます。 「IWMPTranscodePolicy::allowTranscode 」を参照してください。 10 Windows Media Player以降が必要です。

ユーザーがカスタム ファイル名の拡張子を持つメディア ファイルを再生しようとすると、Windows Media Player は拡張機能と一致するレジストリ サブキーを検索します。 一致が見つからない場合、Player は、ファイルの再生を試みるアクセス許可をユーザーに求める警告ダイアログ ボックスをユーザーに表示します。 カスタム ファイル名の拡張子を持つデジタル メディア ファイルを作成する場合は、ファイル名の拡張子を登録し、[アクセス許可] エントリを指定することで、この警告がユーザーのコンピューターに表示されるのを 防ぐ可能性 があります。

Permissions エントリ(フラグ値 128 を除く) は、Windows Media Player 9 シリーズ以降でサポートされています。 フラグ値 128 は、10 Windows Media Playerサポートされています。

ファイル名拡張子レジストリ 設定