リージョン ファイル

任意の種類のヒット ボタン (2PushHit、PushHit、ToggleHit) を使用する場合は、リージョン ファイルが必要です。

リージョン ファイルは、特定のボタンのタップ (ヒットとも呼ばれる) に応答する領域を定義するために使用されます。 ヒット ボタンごとに、Region ビットマップ内の領域に特定の Web 色 (FF0000 など) が表示されます。これは、赤の実線 # の値です。 色番号は、領域ボタンの定義で指定します。 ユーザーがスキンを表示すると、[領域] ビットマップの領域の座標を使用して、ボタンイメージが背景に重ね合わされます。

たとえば、[次へ] ボタンの場所に対応する場所に赤い円を描画し、赤 # (FF0000) で塗り分けます。 次に、ボタン定義で、ヒットした RGB 値 255,0,0 (FF0000 に相当する RGB) を割り当てました # 。 この場合、[次へ] ボタンは赤い円内のタップ (ヒット) にのみ応答します。

ヒット ボタンは、四角形以外の図形を定義する場合に使用されます。 Pushed や Disabled などのセカンダリ イメージを正しく配置するには、各ボタンの座標を定義する必要があります。 実際には、各ボタンは四角形で境界付けされ、これらの虚数境界の四角形は重ならないようにする必要があります。

注意

Windows Media Player 10 Mobile スキンではリージョン アート ファイルは必要とされません。ボタンの種類は Windows Media Player 10 Mobile 以降ではサポートされていません。

次の図は、一般的なリージョン ファイルです。

region ファイル

このファイルでは、ヒットタイプボタンごとにスキンの部分を定義します。 各色は、スキン定義ファイルの [ボタン] セクションの色番号で識別されます。

アート ファイル