デバッグ ツール

Web Services on Devices API (WSDAPI) 上に構築されたデバッグ ツールセットは、Windows SDK と Windows Driver Kit (WDK) で使用できます。 これらのツールを使用して、WSDAPI で記述されたカスタム アプリケーション、または他の Device Profile for Web Services (DPWS) スタックを使用して記述されたデバイスとクライアントの機能をテストできます。

WSD デバッグ ホスト (wsddebug_host.exe) ツールと WSD デバッグ クライアント (wsddebug_client.exe) ツールを使用して、DPWS クライアントまたはホストの特性を検査できます。 また、接続または構成の問題のトラブルシューティングにも使用できます。 詳細については、「 WSDAPI トラブルシューティング ガイド」を参照してください。 これらのツールは SDK でのみ使用できます。 SDK ツールは、次のディレクトリにあります:<Windows SDK Install Folder>\Bin。

WSDAPI 基本相互運用性ツール (WSDBIT) を使用して、SOAP レベルまたはトランスポート レベルの相互運用性 (つまり、メッセージが整形式であることを確認する) をテストできます。 このツールは WDK でのみ使用できます。

WSD デバッグ クライアント

WSD デバッグ クライアント (wsddebug_client.exe) には、WS-Discovery メッセージの送受信とメタデータの取得に使用できる対話型コンソールが用意されています。 また、生マルチキャスト メッセージの生成と使用にも使用できます。

WSD デバッグ クライアントは、マルチキャスト、検出、およびメタデータの 3 つのモードのいずれかで動作します。

モード 説明
マルチキャスト マルチキャスト モードでは、WSD デバッグ クライアントは、WS-Discovery で定義されているように、UDP ポート 3702 でフォーマットされていないマルチキャスト メッセージを送受信します。 ユーザーは、これらの SOAP メッセージをテキスト ファイルに保存し、WSD デバッグ クライアントでメッセージを変更および再キャストできます。
探索 探索モードでは、WSD デバッグ クライアントは書式設定されたWS-Discoveryメッセージを送受信します。 受信した HelloByeProbeMatchesResolveMatches メッセージを 表示できます。 UDP または HTTP 経由で プローブ メッセージを送信し、UDP 経由でメッセージ を解決 できます。
メタデータ メタデータ モードでは、検出モードのすべての機能の実装に加えて、デバイスからのメタデータの取得も試行されます。

 

詳細については、「HTTP メタデータ Exchangeに汎用ホストとクライアントを使用する」、UDP WS-Discovery での汎用ホストとクライアントの使用、および WSD デバッグ クライアントを使用したマルチキャスト トラフィックの検証を参照してください。

WSD デバッグ ホスト

WSD デバッグ ホスト (wsddebug_host.exe) には、ホストの読み上げ、クライアント要求への応答、診断情報の出力に使用する対話型コンソールが用意されています。

WSD デバッグ ホストは、検出とメタデータの 2 つのモードのいずれかで動作します。

モード 説明
探索 探索モードでは、WSD デバッグ ホストは書式設定されたWS-Discoveryメッセージを出力します。 また、 Hello メッセージと Bye メッセージも送信され、 Probe メッセージと Resolve メッセージに自動的に応答します。
メタデータ メタデータ モードは、探索モードのすべての機能を実装するだけでなく、メタデータ サービスをアドバタイズし、クライアントが接続してメタデータ交換を実行できるようにします。

 

詳細については、「HTTP メタデータ Exchangeに汎用ホストとクライアントを使用する」および「UDP WS-Discovery に汎用ホストとクライアントを使用する」を参照してください。

Windowsでの WSD アプリケーション開発

WSDAPI 開発ツール

WSDAPI トラブルシューティング ガイド