セキュリティ資格情報

セキュリティ資格情報は、通信側がセキュリティ トークンの作成または取得に使用できる証拠の 1 つです。 そのため、資格情報は通常、セキュリティ トークンよりも有効期間が長く、セキュリティ トークンはセキュリティ資格情報の実行時の表示と見なすことができます。 資格情報の例としては、コンピューター証明書 (実行時に X.509 セキュリティ トークンに変換できる) やドメインのユーザー名とパスワードのペア (Kerberos セキュリティ トークンの取得に使用できます) などがあります。

資格情報は、 セキュリティ バインディングの一部として指定されます。

次の API 要素は、セキュリティ資格情報と共に使用されます。

コールバック 説明
WS_GET_CERT_CALLBACK セキュリティ ランタイムに証明書を提供します。
WS_VALIDATE_PASSWORD_CALLBACK 受信側でユーザー名とパスワードのペアを検証します。

 

列挙 説明
WS_CERT_CREDENTIAL_TYPE 証明書資格情報の種類。
WS_USERNAME_CREDENTIAL_TYPE ユーザー名/パスワードの資格情報の種類。
WS_WINDOWS_INTEGRATED_AUTH_CREDENTIAL_TYPE Windows統合認証資格情報の種類。

 

構造体 説明
WS_CERT_CREDENTIAL すべての証明書資格情報の種類の抽象基本型。
WS_CUSTOM_CERT_CREDENTIAL アプリケーションへのコールバックによって提供される証明書資格情報を指定するための型。
WS_DEFAULT_WINDOWS_INTEGRATED_AUTH_CREDENTIAL 現在のスレッド トークンに基づいてWindows統合認証資格情報を指定するための型。
WS_OPAQUE_WINDOWS_INTEGRATED_AUTH_CREDENTIAL Windows統合認証資格情報を指定するための種類。
WS_STRING_USERNAME_CREDENTIAL 文字列としてユーザー名とパスワードのペアを指定するための型。
WS_STRING_WINDOWS_INTEGRATED_AUTH_CREDENTIAL ユーザー名、パスワード、ドメイン文字列としてWindows資格情報を指定するための型。
WS_SUBJECT_NAME_CERT_CREDENTIAL 証明書のサブジェクト名、ストアの場所、およびストア名を使用して証明書の資格情報を指定する種類。
WS_THUMBPRINT_CERT_CREDENTIAL 証明書の拇印、ストアの場所、およびストア名を使用して証明書の資格情報を指定するための型。
WS_USERNAME_CREDENTIAL すべてのユーザー名/パスワード資格情報の抽象基本型。
WS_WINDOWS_INTEGRATED_AUTH_CREDENTIAL Windows統合認証で使用されるすべての資格情報の種類の抽象基本型。