Windows Subsystem for Linux に関するドキュメントWindows Subsystem for Linux Documentation

Windows Subsystem for Linux を使用すると、開発者は、仮想マシンのオーバーヘッドなしで、ほとんどのコマンド ライン ツール、ユーティリティ、アプリケーションを含む GNU/Linux 環境を変更せずそのまま Windows 上で直接実行できます。The Windows Subsystem for Linux lets developers run a GNU/Linux environment -- including most command-line tools, utilities, and applications -- directly on Windows, unmodified, without the overhead of a virtual machine.

以下が可能です。You can:

  1. Microsoft Store から好みの GNU/Linux ディストリビューションを選択します。Choose your favorite GNU/Linux distributions from the Microsoft Store.
  2. grepsedawk などの一般的なコマンド ライン無料ソフトウェアや、その他の ELF-64 バイナリを実行します。Run common command-line free software such as grep, sed, awk, or other ELF-64 binaries.
  3. 以下のような Bash シェル スクリプトや GNU/Linux コマンド ライン アプリケーションを実行します。Run Bash shell scripts and GNU/Linux command-line applications including:
    • ツール: vim、emacs、tmuxTools: vim, emacs, tmux
    • 言語:Javascript/node.js、Ruby、Python、C/C++、 C# および F#、Rust、Go などLanguages: Javascript/node.js, Ruby, Python, C/C++, C# & F#, Rust, Go, etc.
    • サービス: sshd、MySQL、Apache、lighttpdServices: sshd, MySQL, Apache, lighttpd
  4. 独自の GNU/Linux ディストリビューション パッケージ マネージャーを使用して、追加のソフトウェアをインストールします。Install additional software using own GNU/Linux distribution package manager.
  5. Unix に似たコマンド ライン シェルを使用して Windows アプリケーションを起動します。Invoke Windows applications using a Unix-like command-line shell.
  6. Windows で GNU/Linux アプリケーションを起動します。Invoke GNU/Linux applications on Windows.

作業の開始Getting Started

チームのブログTeam Blogs

投稿と記事Posts & Articles

ご意見とご感想Provide Feedback