Linux 用 Windows サブシステムとはWhat is the Windows Subsystem for Linux?

Windows Subsystem for Linux を使用すると、開発者は、仮想マシンのオーバーヘッドなしで、ほとんどのコマンド ライン ツール、ユーティリティ、アプリケーションを含む GNU/Linux 環境を変更せずそのまま Windows 上で直接実行できます。The Windows Subsystem for Linux lets developers run a GNU/Linux environment -- including most command-line tools, utilities, and applications -- directly on Windows, unmodified, without the overhead of a virtual machine.

次の操作を行います。You can:

  • Microsoft Store から好みの GNU/Linux ディストリビューションを選択します。Choose your favorite GNU/Linux distributions from the Microsoft Store.
  • grepsedawk などの一般的なコマンドライン ツールや、その他の ELF-64 バイナリを実行します。Run common command-line tools such as grep, sed, awk, or other ELF-64 binaries.
  • 以下のような Bash シェル スクリプトや GNU/Linux コマンド ライン アプリケーションを実行します。Run Bash shell scripts and GNU/Linux command-line applications including:
    • ツール: vim、emacs、tmux *言語: Node.js、JavaScript、Python、Ruby、C/C++、C# & F#、Rust、Go など *サービス: SSHD、MySQL、Apache、lighttpd、MongoDBPostgreSQLTools: vim, emacs, tmux *Languages: NodeJS, Javascript, Python, Ruby, C/C++, C# & F#, Rust, Go, etc. *Services: SSHD, MySQL, Apache, lighttpd, MongoDB, PostgreSQL.
  • 独自の GNU/Linux ディストリビューション パッケージ マネージャーを使用して、追加のソフトウェアをインストールします。Install additional software using own GNU/Linux distribution package manager.
  • Unix に似たコマンド ライン シェルを使用して Windows アプリケーションを起動します。Invoke Windows applications using a Unix-like command-line shell.
  • Windows で GNU/Linux アプリケーションを起動します。Invoke GNU/Linux applications on Windows.

WSL 2 とはWhat is WSL 2?

WSL 2 は、Linux 用 Windows サブシステムが Windows 上で ELF64 Linux バイナリを実行できるようにする、Linux 用 Windows サブシステム アーキテクチャの新しいバージョンです。WSL 2 is a new version of the Windows Subsystem for Linux architecture that powers the Windows Subsystem for Linux to run ELF64 Linux binaries on Windows. その主な目標は、ファイル システムのパフォーマンスを向上させることと、システム コールの完全な互換性を追加することです。Its primary goals are to increase file system performance, as well as adding full system call compatibility.

この新しいアーキテクチャによって、こうした Linux バイナリと、Windows やお使いのコンピューターのハードウェアとの対話方法は変わりますが、ユーザー エクスペリエンスは WSL 1 (現在幅広く利用されているバージョン) と同じです。This new architecture changes how these Linux binaries interact with Windows and your computer's hardware, but still provides the same user experience as in WSL 1 (the current widely available version).

個々の Linux ディストリビューションは、WSL 1 または WSL 2 アーキテクチャで実行できます。Individual Linux distributions can be run with either the WSL 1 or WSL 2 architecture. 各ディストリビューションはいつでもアップグレードまたはダウングレードできます。また、WSL 1 ディストリビューションと WSL 2 ディストリビューションをサイド バイ サイドで実行することができます。Each distribution can be upgraded or downgraded at any time and you can run WSL 1 and WSL 2 distributions side by side. WSL 2 には、実際の Linux カーネルを実行することによるメリットが得られるまったく新しいアーキテクチャが使用されています。WSL 2 uses an entirely new architecture that benefits from running a real Linux kernel.

次の手順Next steps