以前のバージョンの WSL の手動インストール手順

わかりやすくするために、通常は wsl --install を使用して Linux 用 Windows サブシステムをインストールすることをお勧めしますが、Windows の古いビルドを実行している場合は、それがサポートされていない可能性があります。 以下では、手動インストール手順について説明します。 インストール プロセス中に問題が発生した場合は、トラブルシューティング ガイドのインストールに関するセクションを確認してください。

手順 1 - Linux 用 Windows サブシステムを有効にする

Windows 上に Linux ディストリビューションをインストールする前に、まず "Linux 用 Windows サブシステム" オプション機能を有効にする必要があります。

管理者 ([スタート] メニュー > [PowerShell] > 右クリック > [管理者として実行]) として PowerShell を開き、次のコマンドを入力します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

ここで、手順 2 に進み、WSL 2 に更新することをお勧めしますが、WSL 1 のみをインストールする場合は、マシンを再起動して、「手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールする」に進むことができます。 WSL 2 に更新するには、マシンの再起動を待ってから、次の手順に進みます。

手順 2 - WSL 2 の実行に関する要件を確認する

WSL 2 に更新するには、Windows 10 を実行している必要があります。

  • x64 システムの場合:バージョン 1903 以降、ビルド 18362 以上。
  • ARM64 システムの場合:バージョン 2004 以降、ビルド 19041 以上。
  • 18362 より前のビルドは WSL 2 をサポートしていません。 Windows 更新アシスタントを使用して、お使いのバージョンの Windows を更新します。

バージョンとビルド番号を確認するには、Windows ロゴ キー + R キーを押して、「winver」と入力し、 [OK] を選択します。 [設定] メニューで、最新の Windows バージョンに更新します。

注意

Windows 10 バージョン 1903 または 1909 を実行している場合は、Windows メニューから [設定] を開き、[更新とセキュリティ] に移動して、[更新プログラムのチェック] を選択します。 ビルド番号は、18362.1049+ または 18363.1049+ で、マイナー ビルド番号は .1049 より大きい必要があります。 詳細については、「Windows 10 バージョン 1903 および 1909 で WSL 2 のサポート開始」を参照してください。

手順 3: 仮想マシンの機能を有効にする

WSL 2 をインストールする前に、"仮想マシン プラットフォーム" オプション機能を有効にする必要があります。 この機能を使用するには、コンピューターに仮想化機能が必要です。

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

お使いのマシンを再起動して WSL のインストールを完了し、WSL 2 に更新します。

手順 4 - Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

  1. 最新のパッケージをダウンロードします。

    注意

    ARM64 マシンを使用している場合は、代わりに ARM64 パッケージをダウンロードしてください。 使用しているマシンの種類がわからない場合は、コマンド プロンプトまたは PowerShell を開き、「systeminfo | find "System Type"」と入力します。 注意事項: 英語以外の Windows バージョンでは、検索テキストを変更し、"System Type" の文字列を翻訳することが必要になる場合があります。 また、find コマンドの引用符をエスケープする必要がある場合もあります。 たとえば、ドイツ語の場合は systeminfo | find '"Systemtyp"' になります。

  2. 前の手順でダウンロードした更新プログラム パッケージを実行します。 (ダブルクリックして実行します。管理者特権のアクセス許可を求めるメッセージが表示されます。[はい] を選択して、このインストールを承認します。)

インストールが完了したら、次の手順に進み、新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。 (新しい Linux インストールを WSL 1 に設定する場合は、この手順をスキップしてください)。

注意

詳細については、Windows コマンドラインのブログにあるWSL2 Linux カーネルの更新プログラムに対する変更に関するページを参照してください。

手順 5 - WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

PowerShell を開いて次のコマンドを実行し、新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。

wsl --set-default-version 2

手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールする

  1. Microsoft Store を開き、希望する Linux ディストリビューションを選択します。

    View of Linux distributions in the Microsoft Store

    次のリンクを使用すると、各ディストリビューションの Microsoft Store ページが開きます。

  2. ディストリビューションのページで、[入手] を選択します。

    Linux distributions in the Microsoft store

新しくインストールした Linux ディストリビューションを初めて起動すると、コンソール ウィンドウが開き、ファイルが圧縮解除されて PC に格納されるまで 1、2 分待つように求められます。 今後のすべての起動には、1 秒もかかりません。

次に、新しい Linux ディストリビューションのユーザー アカウントとパスワードを作成する必要があります。

Ubuntu unpacking in the Windows console

お疲れさまでした。 Windows オペレーティング システムと完全に統合された Linux ディストリビューションのインストールと設定が正常に完了しました。

インストールのトラブルシューティング

インストール プロセス中に問題が発生した場合は、トラブルシューティング ガイドのインストールに関するセクションを確認してください。

ディストリビューションのダウンロード

Microsoft Store を使用して WSL Linux ディストリビューションをインストールすることができない (または必要ない) シナリオがいくつかあります。 Microsoft Store がサポートされていない Windows サーバーまたは長期的なサービス (LTSC) デスクトップ OS SKU を実行している場合や、企業ネットワーク ポリシーや管理者が環境での Microsoft Store の使用を許可していない場合があります。 このような場合、WSL 自体は使用可能ですが、Linux ディストリビューションを直接ダウンロードする必要がある場合があります。

Microsoft Store アプリを使用できない場合は、以下のリンクを使用して Linux ディストリビューションをダウンロードし、手動でインストールできます。

これにより、選択したフォルダーに <distro>.appx パッケージがダウンロードされます。

必要に応じて、コマンド ラインを介して好みのディストリビューションをダウンロードすることもできます。PowerShell と Invoke-WebRequest コマンドレットを使用できます。 たとえば、Ubuntu 20.04 をダウンロードする場合:

Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/wslubuntu2004 -OutFile Ubuntu.appx -UseBasicParsing

ヒント

ダウンロードに時間がかかる場合は、$ProgressPreference = 'SilentlyContinue' を設定して進行状況バーをオフにします

また、curl コマンド ライン ユーティリティを使用してダウンロードすることもできます。 curl を使用して Ubuntu 20.04 をダウンロードする場合:

curl.exe -L -o ubuntu-2004.appx https://aka.ms/wslubuntu2004

この例では、(curl だけでなく) curl.exe が実行され、PowerShell では、Invoke-WebRequest の PowerShell curl エイリアスではなく、実際の curl 実行可能ファイルが呼び出されます。

ディストリビューションのダウンロードが完了したら、ダウンロードを含むフォルダーに移動し、そのディレクトリで次のコマンドを実行します。app-name は Linux ディストリビューションの .appx ファイルの名前です。

Add-AppxPackage .\app_name.appx

Appx パッケージのダウンロードが完了したら、appx ファイルをダブルクリックして新しいディストリビューションの実行を開始できます。 (コマンド wsl -l では、この手順が完了するまで、ディストリビューションがインストールされていることが示されません。)

Windows サーバーを使用している場合、または上記のコマンドを実行しているときに問題が発生した場合は、Windows Server のドキュメント ページにある代替のインストール手順を参照して、.appx ファイルを zip ファイルに変更してインストールしてください。

ディストリビューションがインストールされたら、手順に従って新しい Linux ディストリビューション用のユーザー アカウントとパスワードを作成します。

Windows ターミナルをインストールする (省略可能)

Windows ターミナルを使用すると、複数のタブまたはウィンドウ ペインを開いて、複数の Linux ディストリビューションやその他のコマンド ライン (PowerShell、コマンド プロンプト、Azure CLI など) を表示したり、それらを簡単に切り替えたりできます。 独自の配色、フォント スタイル、サイズ、背景画像、カスタム キーボード ショートカットを使用して、ターミナルを完全にカスタマイズできます。 詳細情報。

Windows ターミナルをインストールします。

Windows Terminal