管理および Linux 用の Windows サブシステムの構成Manage and configure Windows Subsystem for Linux

Windows 10 Fall Creators Update 以降を適用します。Applies to Windows 10 Fall Creators Update and later. 表示、更新されたインストール ガイド新しい管理機能を Windows ストアからの複数の Linux ディストリビューションの実行を開始します。See our updated installation guide to try new management features and start running multiple Linux distributions from the Windows Store.

WSL を実行する方法Ways to run WSL

Linux 用 Windows サブシステムで Linux を実行する方法はたくさんあります。There are many ways to run Linux with the Windows Subsystem for Linux.

  1. [distro]例えば ubuntu[distro], for example ubuntu
  2. wsl.exe または bash.exewsl.exe or bash.exe
  3. wsl [command] または bash -c [command]wsl [command] or bash -c [command]

使用する必要がありますメソッドは、何をしているに依存します。Which method you should use depends on what you're doing.

WSL を配布して起動します。Launch WSL by distribution

ディストリビューション固有のアプリケーションを使用してディストリビューションを実行して、独自のコンソール ウィンドウには、その配布を起動します。Running a distribution using it's distro-specific application launches that distribution in it's own console window.

WSL を [スタート] メニューから起動します。

Windows ストアで「起動」をクリックすると同じです。It is the same as clicking "Launch" in the Windows Store.

Windows ストアから WSL を起動します。

実行して、コマンドラインから、配布を実行することも[distribution].exeします。You can also run the distribution from the command line by running [distribution].exe.

ディストリビューションを実行して、この方法でコマンドラインからの欠点はことには自動的に作業ディレクトリ現在のディレクトリからに変更配布のホーム ディレクトリ。The disadvantage of running a distribution from the command line in this way is that it will automatically change your working directory from the current directory to the distribution's home directory.

例:Example:

PS C:\Users\sarah> pwd

Path
----
C:\Users\sarah

PS C:\Users\sarah> ubuntu

scooley@scooley-elmer:~$ pwd
/home/scooley
scooley@scooley-elmer:~$ exit
logout

PS C:\Users\sarah>

wsl と wsl [コマンド]wsl and wsl [command]

WSL をコマンドラインから実行する最善の方法を使用してwsl.exeします。The best way to run WSL from the command line is using wsl.exe.

例:Example:

PS C:\Users\sarah> pwd

Path
----
C:\Users\sarah

PS C:\Users\sarah> wsl

scooley@scooley-elmer:/mnt/c/Users/sarah$ pwd
/mnt/c/Users/sarah

だけでなくwslに現在の作業ディレクトリを維持、に沿って側の Windows のコマンドの 1 つのコマンドを実行できます。Not only does wsl keep the current working directory in place, it lets you run a single command along side Windows commands.

例:Example:

PS C:\Users\sarah> Get-Date

Sunday, March 11, 2018 7:54:05 PM

PS C:\Users\sarah> wsl
scooley@scooley-elmer:/mnt/c/Users/sarah$ date
Sun Mar 11 19:56:57 DST 2018
scooley@scooley-elmer:/mnt/c/Users/sarah$ exit
logout

PS C:\Users\sarah> wsl date
Sun Mar 11 19:55:47 DST 2018

例:Example:

PS C:\Users\sarah> Get-VM

Name            State CPUUsage(%) MemoryAssigned(M) Uptime   Status
----            ----- ----------- ----------------- ------   ------
Server17093     Off   0           0                 00:00:00 Opera...
Ubuntu          Off   0           0                 00:00:00 Opera...
Ubuntu (bionic) Off   0           0                 00:00:00 Opera...
Windows         Off   0           0                 00:00:00 Opera...


PS C:\Users\sarah> Get-VM | wsl grep "Ubuntu"
Ubuntu          Off   0           0                 00:00:00 Opera...
Ubuntu (bionic) Off   0           0                 00:00:00 Opera...
PS C:\Users\sarah>

複数の Linux ディストリビューションを管理します。Managing multiple Linux Distributions

Windows 10 バージョンが 1903 以降Windows 10 Version 1903 and later

使用することができますwsl.exeディストリビューション、Windows サブシステムでの Linux (WSL)、利用可能なディストリビューションの一覧を表示する既定のディストリビューションを設定、ディストリビューションをアンインストールするなどを管理します。You can use wsl.exe to manage your distributions in the Windows Subsystem for Linux (WSL), including listing available distributions, setting a default distribution, and uninstalling distributions.

各 Linux ディストリビューションが独自の構成を個別に管理します。Each Linux distribution independently manages its own configurations. ディストリビューション固有のコマンドを表示する実行[distro.exe] /?します。To see distribution-specific commands, run [distro.exe] /?. たとえば、 ubuntu /?があります。For example ubuntu /?.

ディストリビューションの一覧List distributions

wsl -l , wsl --listwsl -l , wsl --list
WSL を利用できる Linux ディストリビューションを使用可能なを一覧表示します。Lists available Linux distributions available to WSL. 分布が表示されている場合がインストールされ、使用する準備が完了します。If a distribution is listed, it's installed and ready to use.

wsl --list --all
現在使用するものも含め、すべてのディストリビューションの一覧を表示します。Lists all distributions, including ones that aren't currently usable. これらは、アンインストール、インストールすると、処理中である可能性がありますや破損した状態では。They may be in the process of installing, uninstalling, or are in a broken state.

wsl --list --running
現在実行されているすべてのディストリビューションの一覧を表示します。Lists all distributions that are currently running.

既定の配布を設定します。Set a default distribution

既定のディストリビューションで WSL を実行するときに実行される 1 つwslコマンド行にします。The default WSL distribution is the one that runs when you run wsl on a command line.

wsl -s <DistributionName>, wsl --setdefault <DistributionName>wsl -s <DistributionName>, wsl --setdefault <DistributionName>

既定の配布を設定<DistributionName>します。Sets the default distribution to <DistributionName>.

例:Example:
wsl -s Ubuntu 既定のディストリビューションを Ubuntu に設定します。wsl -s Ubuntu would set my default distribution to Ubuntu. 今すぐ実行するとwsl npm initUbuntu で実行されます。Now when I run wsl npm init it will run in Ubuntu. 実行した場合のwslUbuntu のセッションが開きます。If I run wsl it will open an Ubuntu session.

登録を解除して、配布を再インストールUnregister and reinstall a distribution

Linux ディストリビューションは、Windows でインストールできるときにストアは、ストアからをアンインストールできません。While Linux distributions can be installed through the Windows store, they can't be uninstalled through the store. WSL 構成は、未登録のアンインストールに配布できます。WSL Config allows distributions to be unregistered/uninstalled.

登録を解除すると、ディストリビューションを再インストールすることもできます。Unregistering also allows distributions to be reinstalled.

注: 、登録を解除するとすべてのデータ、設定、およびそのディストリビューションに関連付けられているソフトウェアは完全に失われます。Caution: Once unregistered, all data, settings, and software associated with that distribution will be permanently lost. ストアから再インストールすると、分布のクリーンなコピーがインストールされます。Reinstalling from the store will install a clean copy of the distribution.

wsl --unregister <DistributionName>
WSL から配布を再インストールまたはクリーンアップできるように登録を解除します。Unregisters the distribution from WSL so it can be reinstalled or cleaned up.

例: wsl -unregister Ubuntu WSL で使用可能なディストリビューションから Ubuntu を削除します。For example: wsl -unregister Ubuntu would remove Ubuntu from the distributions available in WSL. 実行するとwsl --list表示されません。When I run wsl --list it will not be listed.

を再インストールするには、Windows ストアで、分布を検索し、「起動」を選択します。To reinstall, find the distribution in the Windows Store and select "Launch".

特定のユーザーとして実行します。Run as a specific user

wsl -u <Username>, wsl --user <Username>wsl -u <Username>, wsl --user <Username>

WSL は、指定したユーザーとして実行します。Run WSL as the specified user. WSL 配布内でそのユーザーが存在する必要がありますに注意してください。Please note that user must exist inside of the WSL distribution.

特定の配布を実行します。Run a specific distribution

wsl --d <DistributionName>, wsl --distribution <DistributionName>wsl --d <DistributionName>, wsl --distribution <DistributionName>

WSL の指定した配布を実行する、既定値を変更することがなく特定の配布のコマンドを送信するために使用できます。Run a specified distribution of WSL, can be used to send commands to a specific distribution without having to change your default.

Windows 10 バージョンが 1903 より前のバージョンVersions Earlier than Windows 10 Version 1903

WSL Config (wslconfig.exe) for Linux (WSL) Windows サブシステムで実行されている Linux ディストリビューションを管理するためのコマンド ライン ツールです。WSL Config (wslconfig.exe) is a command-line tool for managing Linux distributions running on the Windows Subsystem for Linux (WSL). 利用可能なディストリビューションを一覧表示、設定の既定のディストリビューションおよびディストリビューションをアンインストールすることができます。It lets you list available distributions, set a default distribution, and uninstall distributions.

WSL Config は span またはディストリビューションの調整設定の場合に便利ですが、各 Linux ディストリビューション個別に管理しない独自構成します。While WSL Config is helpful for settings that span or coordinate distributions, each Linux distribution independently manages its own configurations. ディストリビューション固有のコマンドを表示する実行[distro.exe] /?します。To see distribution-specific commands, run [distro.exe] /?. たとえば、 ubuntu /?があります。For example ubuntu /?.

Wslconfig のすべての使用可能なオプションを表示するには、次のコマンドを実行します。 wslconfig /?To see all available options for wslconfig, run: wslconfig /?

wslconfig.exe
Performs administrative operations on Windows Subsystem for Linux

Usage:
    /l, /list [/all] - Lists registered distributions.
        /all - Optionally list all distributions, including distributions that
               are currently being installed or uninstalled.
    /s, /setdefault <DistributionName> - Sets the specified distribution as the default.
    /u, /unregister <DistributionName> - Unregisters a distribution.

ディストリビューションの一覧List distributions

wslconfig /list
WSL を利用できる Linux ディストリビューションを使用可能なを一覧表示します。Lists available Linux distributions available to WSL. 分布が表示されている場合がインストールされ、使用する準備が完了します。If a distribution is listed, it's installed and ready to use.

wslconfig /list /all
現在使用するものも含め、すべてのディストリビューションの一覧を表示します。Lists all distributions, including ones that aren't currently usable. これらは、アンインストール、インストールすると、処理中である可能性がありますや破損した状態では。They may be in the process of installing, uninstalling, or are in a broken state.

既定の配布を設定します。Set a default distribution

既定のディストリビューションで WSL を実行するときに実行される 1 つwslコマンド行にします。The default WSL distribution is the one that runs when you run wsl on a command line.

wslconfig /setdefault <DistributionName>

既定の配布を設定<DistributionName>します。Sets the default distribution to <DistributionName>.

例:Example:
wslconfig /setdefault Ubuntu 既定のディストリビューションを Ubuntu に設定します。wslconfig /setdefault Ubuntu would set my default distribution to Ubuntu. 今すぐ実行するとwsl npm initUbuntu で実行されます。Now when I run wsl npm init it will run in Ubuntu. 実行した場合のwslUbuntu のセッションが開きます。If I run wsl it will open an Ubuntu session.

登録を解除して、配布を再インストールUnregister and reinstall a distribution

Linux ディストリビューションは、Windows でインストールできるときにストアは、ストアからをアンインストールできません。While Linux distributions can be installed through the Windows store, they can't be uninstalled through the store. WSL 構成は、未登録のアンインストールに配布できます。WSL Config allows distributions to be unregistered/uninstalled.

登録を解除すると、ディストリビューションを再インストールすることもできます。Unregistering also allows distributions to be reinstalled.

注: 、登録を解除するとすべてのデータ、設定、およびそのディストリビューションに関連付けられているソフトウェアは完全に失われます。Caution: Once unregistered, all data, settings, and software associated with that distribution will be permanently lost. ストアから再インストールすると、分布のクリーンなコピーがインストールされます。Reinstalling from the store will install a clean copy of the distribution.

wslconfig /unregister <DistributionName>
WSL から配布を再インストールまたはクリーンアップできるように登録を解除します。Unregisters the distribution from WSL so it can be reinstalled or cleaned up.

例: wslconfig /unregister Ubuntu WSL で使用可能なディストリビューションから Ubuntu を削除します。For example: wslconfig /unregister Ubuntu would remove Ubuntu from the distributions available in WSL. 実行するとwslconfig /list表示されません。When I run wslconfig /list it will not be listed.

を再インストールするには、Windows ストアで、分布を検索し、「起動」を選択します。To reinstall, find the distribution in the Windows Store and select "Launch".

WSL 起動を設定します。Set WSL launch settings

Windows Insider ビルド 17093 で使用でき、それ以降Available in Windows Insider Build 17093 and later

サブシステムを使用して、起動するたびに適用される WSL で特定の機能を自動構成wsl.confします。Automatically configure certain functionality in WSL that will be applied every time you launch the subsystem using wsl.conf.

右にはここで、これが含まれていますに対する自動マウント オプションおよびネットワークの構成。Right now, this includes automount options and network configuration.

wsl.conf 場合は、各 Linux ディストリビューションである/etc/wsl.confします。wsl.conf is located in each Linux distribution in /etc/wsl.conf. ファイルがない場合を自分でその作成できます。If the file is not there, you can create it yourself. WSL では、ファイルの存在が検出され、その内容を読み取る。WSL will detect the existence of the file and will read its contents. ファイルが見つからないか、形式が正しくない場合 (つまり、不適切なマークアップの書式設定)、WSL は引き続き通常どおり起動します。If the file is missing or malformed (that is, improper markup formatting), WSL will continue to launch as normal.

サンプルを次に示しますwsl.confファイルは、ディストリビューションに追加できます。Here is a sample wsl.conf file you could add into your distros:

# Enable extra metadata options by default
[automount]
enabled = true
root = /windir/
options = "metadata,umask=22,fmask=11"
mountFsTab = false

# Enable DNS – even though these are turned on by default, we’ll specify here just to be explicit.
[network]
generateHosts = true
generateResolvConf = true

構成オプションConfiguration Options

.Ini の表記規則、合わせてセクション、キーとして宣言されます。In keeping with .ini conventions, keys are declared under a section.

WSL は、2 つのセクションをサポートしています:automountnetworkします。WSL supports two sections: automount and network.

自動マウントautomount

セクションの内容: [automount]Section: [automount]

keykey valuevalue 既定値 (default)default ノートnotes
enabledenabled booleanboolean truetrue true 固定ドライブ (つまり、エラーの原因true causes fixed drives (i.e C:/ またはD:/) DrvFs 下で自動的にマウントする/mntします。C:/ or D:/) to be automatically mounted with DrvFs under /mnt. false ドライブを自動的にマウントしないを手動でまたはを使用してに引き続きマウントしてでしたfstabします。false means drives won’t be mounted automatically, but you could still mount them manually or via fstab.
mountFsTabmountFsTab booleanboolean truetrue true 設定/etc/fstab処理する WSL 開始します。true sets /etc/fstab to be processed on WSL start. /etc/fstab は、SMB 共有のように、その他のファイル システムを宣言するファイルです。/etc/fstab is a file where you can declare other filesystems, like an SMB share. したがっての開始時に WSL で自動的にこれらのファイル システムをマウントできます。Thus, you can mount these filesystems automatically in WSL on start up.
ルートroot StringString /mnt/ 固定ドライブが自動的にマウントされます、ディレクトリを設定します。Sets the directory where fixed drives will be automatically mounted. WSL でのディレクトリがある場合など/windir/指定こととして、ルートには必要でマウントされている固定ドライブを参照してください。 /windir/cFor example, if you have a directory in WSL at /windir/ and you specify that as the root, you would expect to see your fixed drives mounted at /windir/c
オプションoptions 値のコンマ区切りの一覧comma-separated list of values 空の文字列empty string この値は、既定 DrvFs マウント オプション文字列に追加されます。This value is appended to the default DrvFs mount options string. DrvFs 固有のオプションのみを指定することができます。Only DrvFs-specific options can be specified. バイナリのマウントがフラグに解析は通常のオプションがサポートされていません。Options that the mount binary would normally parse into a flag are not supported. これらのオプションを明示的に指定する場合は、/etc/fstab で実行するすべてのドライブを含める必要があります。If you want to explicitly specify those options, you must include every drive for which you want to do so in /etc/fstab.

既定では、WSL uid と gid 値に設定の既定のユーザー (uid を使用した Ubuntu ディストリビューションでは、既定のユーザーが作成 = 1000、gid = 1000)。By default, WSL sets the uid and gid to the value of the default user (in Ubuntu distro, the default user is created with uid=1000,gid=1000). ユーザーは、このキーを使用して明示的に gid または uid オプションを指定する場合、関連付けられている値が上書きされます。If the user specifies a gid or uid option explicitly via this key, the associated value will be overwritten. それ以外の場合、既定値は常に追加されます。Otherwise, the default value will always be appended.

注: これらのオプションは、すべて自動的にマウントされたドライブのマウント オプションとして適用されます。Note: These options are applied as the mount options for all automatically mounted drives. 特定のドライブのみのオプションを変更するには、/etc/fstab を代わりに使用します。To change the options for a specific drive only, use /etc/fstab instead.

ネットワークnetwork

セクション ラベル: [network]Section label: [network]

keykey valuevalue 既定値 (default)default ノートnotes
generateHostsgenerateHosts booleanboolean true true 設定を生成する WSL/etc/hostsします。true sets WSL to generate /etc/hosts. hostsファイルには、ホスト名の対応する IP アドレスの静的なマップが含まれています。The hosts file contains a static map of hostnames corresponding IP address.
generateResolvConfgenerateResolvConf booleanboolean true true 設定を生成する WSL/etc/resolv.confします。true set WSL to generate /etc/resolv.conf. resolv.conf特定のホスト名をその IP アドレスに解決することができる DNS の一覧が含まれています。The resolv.conf contains a DNS list that are capable of resolving a given hostname to its IP address.

相互運用機能interop

セクション ラベル: [interop]Section label: [interop]

これらのオプションとは、以降 Insider ビルド 17713 で利用可能です。These options are available in Insider Build 17713 and later.

keykey valuevalue 既定値 (default)default ノートnotes
enabledenabled booleanboolean true このキーの設定で、WSL が Windows の起動プロセスをサポートするかどうかを決定します。Setting this key will determine whether WSL will support launching Windows processes.
appendWindowsPathappendWindowsPath booleanboolean true このキーの設定で、WSL が $PATH 環境変数に Windows のパス要素を追加するかどうかを決定します。Setting this key will determine whether WSL will add Windows path elements to the $PATH environment variable.