WSL 2 のインストール手順Installation Instructions for WSL 2

WSL 2 をインストールして使用を開始するには、次の手順を実行します。To install and start using WSL 2 complete the following steps:

WSL 2 は、Windows 10 ビルド18917以降でのみ使用できます。WSL 2 is only available in Windows 10 builds 18917 or higher

  • WSL がインストールされていることを確認します (この手順についてはこちらを参照してください)。また、Windows 10ビルド 18917以降を実行していることを確認してください。Ensure that you have WSL installed (you can find instructions to do so here) and that you are running Windows 10 build 18917 or higher
    • ビルド18917以降を使用していることを確認するには、Windows Insider プログラムに参加して、"高速" リングを選択してください。To make sure you are using build 18917 or higher please join the Windows Insider Program and select the 'Fast' ring.
    • Windows のバージョンを確認するには、コマンドプロンプトを開きver 、コマンドを実行します。You can check your Windows version by opening Command Prompt and running the ver command.
  • "仮想マシン プラットフォーム" のオプション コンポーネントを有効にするEnable the 'Virtual Machine Platform' optional component
  • コマンド ラインを使用して、WSL 2 によってサポートされるようにディストリビューションを設定するSet a distro to be backed by WSL 2 using the command line
  • 現在のディストリビューションが使用している WSL のバージョンを確認するVerify what versions of WSL your distros are using

' 仮想マシンプラットフォーム ' オプションのコンポーネントを有効にし、WSL が有効になっていることを確認してくださいEnable the 'Virtual Machine Platform' optional component and make sure WSL is enabled

管理者として PowerShell を開き、以下を実行します。Open PowerShell as an Administrator and run:

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

これにより、仮想マシンプラットフォームと Linux 用 Windows サブシステムのオプションコンポーネントの両方がインストールされます。This will make sure that both the Virtual Machine Platform and Windows Subsystem for Linux optional components are installed. これらのコマンドを実行したら、コンピューターを再起動する必要があります。After you've run these commands you'll need to restart your computer.

コマンド ラインを使用して、WSL 2 によってサポートされるようにディストリビューションを設定するSet a distro to be backed by WSL 2 using the command line

PowerShell で、以下を実行します。In PowerShell run:

wsl --set-version <Distro> 2

<Distro> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。and make sure to replace <Distro> with the actual name of your distro. (これらは、コマンド wsl -l を使用して確認できます)。(You can find these with the command: wsl -l). 上記と同じコマンドで "2" を "1" に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。You can change back to WSL 1 at anytime by running the same command as above but replacing the '2' with a '1'.

また、WSL 2 を既定のアーキテクチャにする場合は、次のコマンドを使用して実行できます。Additionally, if you want to make WSL 2 your default architecture you can do so with this command:

wsl --set-default-version 2

これにより、インストールする新しいディストリビューションはすべて WSL 2 ディストリビューションとして初期化されます。This will make any new distro that you install be initialized as a WSL 2 distro.

現在のディストリビューションが使用している WSL のバージョンを確認して終了するFinish with verifying what versions of WSL your distro are using

各ディストリビューションでどのバージョンの WSL が使用されているかを確認するには、次のコマンドを使用します (Windows ビルド18917以降でのみ使用できます)。To verify what versions of WSL each distro is using use the following command (only available in Windows Build 18917 or higher):

wsl --list --verbose または wsl -l -vwsl --list --verbose or wsl -l -v

上記で選択したディストリビューションで、 [version] 列に "2" と表示されるはずです。The distro that you've chosen above should now display a '2' under the 'version' column. これで、WSL 2 ディストリビューションを自由に使い始めることができます。Now that you're finished feel free to start using your WSL 2 distro!

トラブルシューティング:Troubleshooting:

WSL2 のインストール時の関連エラーと推奨される修正を次に示します。Below are related errors and suggested fixes when installing WSL 2. その他の一般的な WSL エラーとその解決策については、WSL のトラブルシューティングのページを参照してください。Please refer to the WSL troubleshooting page for other general WSL errors and their solutions.

  • インストールがエラー 0x80070003 またはエラー 0x80370102 で失敗したInstallation failed with error 0x80070003 or error 0x80370102

    • コンピューターの BIOS 内部で仮想化が有効になっていることを確認してください。Please make sure that virtualization is enabled inside of your computer's BIOS. これを行う方法の手順は、コンピューターによって異なりますが、最も可能性が高いのは CPU 関連のオプションの下です。The instructions on how to do this will vary from computer to computer, and will most likely be under CPU related options.
  • アップグレードしようとしたときに次のエラーが発生する: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2Error when trying to upgrade: Invalid command line option: wsl --set-version Ubuntu 2

    • Windows Subsystem for Linux が有効になっていること、および Windows ビルド バージョン 18917 以降を使用していることを確認してください。Please make sure that you have the Windows Subsystem for Linux enabled, and that you're using Windows Build version 18917 or higher. WSL を有効にするには、Powershell プロンプトで管理者特権を使用してこのコマンドを実行します: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-LinuxTo enable WSL run this command in a Powershell prompt with admin privileges: Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux. WSL のインストール手順の詳細については、こちらを参照してください。You can find the full WSL install instructions here.