WSL 2 (プレビュー) で Linux ディスクのマウントを開始するGet started mounting a Linux disk in WSL 2 (preview)

Windows でサポートされていない Linux ディスクフォーマットにアクセスする場合は、WSL 2 を使用してディスクをマウントし、そのコンテンツにアクセスすることができます。If you want to access a Linux disk format that isn't supported by Windows, you can use WSL 2 to mount your disk and access its content.

このチュートリアルでは、WSL2 にアタッチするディスクとパーティションを識別する手順、それらをマウントする方法、およびそれらへのアクセス方法について説明します。This tutorial will cover the steps to identify the disk and partition to attach to WSL2, how to mount them, and how to access them.

注意

WSL 2 にディスクを接続するには、管理者アクセス権が必要です。Administrator access is required to attach a disk to WSL 2.

ディスクを識別するIdentify the disk

Windows で使用可能なディスクを一覧表示するには、次のように実行します。To list the available disks in Windows, run:

wmic diskdrive list brief

ディスクパスは、' DeviceID ' 列で使用できます。The disks paths are available under the 'DeviceID' columns. 通常、の \\.\PHYSICALDRIVE* 形式で指定します。Usually under the \\.\PHYSICALDRIVE* format.

WSL 2 でマウントするパーティションを一覧表示して選択しますList and select the partitions to mount in WSL 2

ディスクが識別されたら、次のように実行します。Once the disk is identified, run:

wsl --mount <DiskPath> --bare

これにより、WSL 2 でディスクを使用できるようになります。This will make the disk available in WSL 2.

アタッチされたら、WSL 2 内で次のコマンドを実行してパーティションを一覧表示できます。Once attached, the partition can be listed by running the following command inside WSL 2:

lsblk

これにより、使用可能なブロックデバイスとそのパーティションが表示されます。This will display the available block devices and their partitions.

Linux 内部では、ブロックデバイスはとして識別され /dev/<Device><Partition> ます。Inside Linux, a block device is identified as /dev/<Device><Partition>. たとえば、次のように指定します。は、ディスクのパーティション番号3です sdbFor example, /dev/sdb3, is the partition number 3 of disk sdb.

出力例:Example output:

NAME   MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sdb      8:16   0    1G  0 disk
├─sdb2   8:18   0   50M  0 part
├─sdb3   8:19   0  873M  0 part
└─sdb1   8:17   0  100M  0 part
sdc      8:32   0  256G  0 disk /
sda      8:0    0  256G  0 disk

ファイルシステムの種類の識別Identifying the filesystem type

ディスクまたはパーティションのファイルシステムの種類がわからない場合は、次のコマンドを使用できます。If you don't know the type of filesystem of a disk or partition, you can use this command:

blkid <BlockDevice>

これにより、検出されたファイルシステムの種類 (形式の下) が出力され TYPE="<Filesystem>" ます。This will output the detected filesystem type (under the TYPE="<Filesystem>" format).

選択したパーティションをマウントしますMount the selected partitions

マウントするパーティションを特定したら、各パーティションで次のコマンドを実行します。Once you have identified the partitions you want to mount, run this command on each partition:

wsl --mount <DiskPath> --partition <PartitionNumber> --type <Filesystem>

注意

ディスク全体を1つのボリュームとしてマウントする場合 (つまり、ディスクがパーティション分割されていない場合) は、を --partition 省略できます。If you wish to mount the entire disk as a single volume (i.e. if the disk isn't partitioned), --partition can be omitted.

省略した場合、既定のファイルシステムの種類は "ext4" になります。If omitted, the default filesystem type is "ext4".

ディスクコンテンツにアクセスするAccess the disk content

マウントされると、構成値が指すパスでディスクにアクセスできるように automount.root なります。Once mounted, the disk can be accessed under the path pointed to by the config value: automount.root. 既定値は /mnt/wsl です。The default value is /mnt/wsl.

Windows では、ファイルエクスプローラーから: \\wsl$\\<Distro>\\<Mountpoint> (任意の Linux ディストリビューションを選択) に移動して、ディスクにアクセスできます。From Windows, the disk can be accessed from File Explorer by navigating to: \\wsl$\\<Distro>\\<Mountpoint> (pick any Linux distribution).

ディスクのマウント解除Unmount the disk

WSL 2 からディスクのマウントを解除して切断する場合は、次のように実行します。If you want to unmount and detach the disk from WSL 2, run:

wsl --unmount <DiskPath>

コマンド ライン リファレンスCommand line reference

特定のファイルシステムの場合Mouting a specific filesystem

既定では、WSL 2 は ext4 としてデバイスをマウントしようとします。By default, WSL 2 will attempt to mount the device as ext4. 別のファイルシステムを指定するには、次のように実行します。To specify another filesystem, run:

wsl --mount <DiskPath> -t <FileSystem>

たとえば、ディスクを fat としてマウントするには、次のように実行します。For example, to mount a disk as fat, run:

wsl --mount <Diskpath> -t vfat

注意

WSL2 で使用可能なファイルシステムを一覧表示するには、次のように実行します。 cat /proc/filesystemsTo list the available filesystems in WSL2, run: cat /proc/filesystems

特定のパーティションを指定するMouting a specific partition

既定では、WSL 2 はディスク全体をマウントしようとします。By default, WSL 2 attempts to mount the entire disk. 特定のパーティションをマウントするには、次のように実行します。To mount a specific partition, run:

wsl --mount <Diskpath> -p <PartitionIndex>

これは、ディスクが MBR (マスターブートレコード) または GPT (GUID パーティションテーブル) のいずれかである場合にのみ機能します。This only works if the disk is either MBR (Master Boot Record) or GPT (GUID Partition Table). パーティションスタイルについては、「MBR と GPT」を参照してください。Read about partition styles - MBR and GPT.

マウントオプションの指定Specifying mount options

マウントオプションを指定するには、次のように実行します。To specify mount options, run:

wsl --mount <DiskPath> -o <MountOptions>

例:Example:

wsl --mount <DiskPath> -o "data=ordered"

注意

現時点では、ファイルシステム固有のオプションのみがサポートされています。Only filesystem specific options are supported at this time. などの汎用オプション ro, rw, noatime, ... はサポートされていません。Generic options such as ro, rw, noatime, ... are not supported.

マウントせずにディスクを接続するAttaching the disk without mounting it

ディスク構成が上記のいずれのオプションでもサポートされていない場合は、を実行してディスクをマウントせずに WSL 2 に接続できます。If the disk scheme isn't supported by any of the above options, you can attach the disk to WSL 2 without mounting it by running:

wsl --mount <DiskPath> --bare

これにより、ブロックデバイスは WSL 2 内で使用できるようになり、そこから手動でマウントすることができます。This will make the block device available inside WSL 2 so it can be mounted manually from there. lsblkWSL 2 内で利用可能なブロックデバイスを一覧表示するには、を使用します。Use lsblk to list the available block devices inside WSL 2.

ディスクのデタッチDetaching a disk

WSL 2 からディスクを切断するには、次のように実行します。To detach a disk from WSL 2, run:

wsl --unmount [DiskPath]

Diskpathを省略すると、接続されているすべてのディスクがマウント解除され、デタッチされます。If Diskpath is omitted, all attached disks are unmounted and detached.

注意

1つのディスクのマウント解除に失敗した場合は、を実行して WSL 2 を強制的に終了させることができ wsl --shutdown ます。これにより、ディスクが切断されます。If one disk fails to unmount, WSL 2 can be forced to exit by running wsl --shutdown, which will detach the disk.

制限事項Limitations

  • 現時点では、ディスク全体のみを WSL 2 に接続できます。つまり、パーティションのみをアタッチすることはできません。At this time, only entire disks can be attached to WSL 2, meaning that it's not possible to attach only a partition. 具体的にでは、このデバイスは Windows からデタッチできないため、を使用して wsl --mount ブートデバイスのパーティションを読み取ることはできません。Concretely, this means that it's not possible to use wsl --mount to read a partition on the boot device, because that device can't be detached from Windows.

  • USB フラッシュドライブは現時点ではサポートされていないため、WSL 2 へのアタッチに失敗します。USB flash drives are not supported at this time and will fail to attach to WSL 2. ただし、USB ディスクはサポートされています。USB disks are supported though.

  • によってマウントできるのは、カーネルでネイティブでサポートされているファイルシステムだけ wsl --mount です。Only filesystems that are natively supported in the kernel can be mounted by wsl --mount. これは、を呼び出すことによって、インストールされているファイルシステムドライバー (たとえば、ntfs 3g など) を使用できないことを意味 wsl --mount します。This means that it's not possible to use installed filesystem drivers (such as ntfs-3g for example) by calling wsl --mount.