WSL 1 と 2 の WSL の間のユーザー エクスペリエンスの変更User Experience Changes Between WSL 1 and WSL 2

このページ WSL 1 と WSL 2 プレビューのユーザー エクスペリエンスの違いを経由します。This page goes over the user experience differences between WSL 1 and the WSL 2 preview. 注意すべき主な変更は。The key changes to be aware of are:

  • Linux ルート ファイル システムに高速ファイル パフォーマンスの速度は、Linux アプリにアクセスするファイルを配置します。Place files that your Linux apps will access in your Linux root file system for faster file performance speed
  • WSL 2 プレビューの初期のビルドでは、IP アドレスを使用して、localhost を使用していないネットワーク アプリケーションにアクセスする必要があります。In initial builds of the WSL 2 preview you will need to access network applications using an IP address and not using localhost

お気付きの他の変更の完全な一覧を次に示します。And below is the full list of other changes that you may notice:

  • WSL 2 は、VHD を使用してファイルを格納する、その最大サイズに達した場合は、展開する必要があります。WSL 2 uses a VHD to store your files and if you reach its max size you may need to expand it
  • WSL 2 がメモリの小さな割合を使用して今すぐ起動する場合、When starting, WSL 2 will now use a small proportion of memory
  • クロス OS ファイル アクセスの速度は初期のプレビュー ビルドの速度は遅くなりますCross OS file access speed will be slower in initial preview builds

Linux ファイルを Linux のルート ファイル システムに配置します。Place your Linux files in your Linux root file system

Linux で頻繁にアクセスするファイルを配置することを確認、Linux 内のアプリケーションのルート ファイル システム、ファイルのパフォーマンスのメリットを活用します。Make sure to put the files that you will be accessing frequently with Linux applications inside of your Linux root file system to enjoy the file performance benefits. これらのファイルは、ファイル システムより高速にアクセスするためには、Linux ルート ファイル システムの内側に配置する必要があります。These files have to be inside of the Linux root file system to have faster file system access. 私たちがもできるように (ファイル エクスプ ローラーのような Linux ルート ファイル システムにアクセスする Windows アプリ!We have also made it possible for Windows apps to access the Linux root file system (like File Explorer! 実行してみてください: explorer.exe / bash シェルとどうなるでしょうか) この移行を大幅に簡素化することはできます。Try running: explorer.exe / in your bash shell and see what happens) which will make this transition significantly easier.

ネットワーク アプリケーションにアクセスします。Accessing network applications

WSL 2 プレビューの初期のビルドでは、Linux ディストリビューションと、ホスト コンピューターの IP アドレスを使用して Linux から任意の Windows サーバーの IP アドレスを使用して Windows から任意の Linux サーバーにアクセスする必要があります。In the initial builds of the WSL 2 preview, you will need to access any Linux server from Windows using the IP address of your Linux distro, and any Windows server from Linux using the IP address of your host machine. これは、一時、および、優先順位の一覧を修正するには非常に高いのあるものです。This is something that is temporary, and very high on our priority list to fix.

Windows から Linux アプリケーションへのアクセスAccessing Linux applications from Windows

WSL ディストリビューションで、サーバーがある場合は、ディストリビューションの電源、仮想マシンの IP アドレスを見つけて、その IP アドレスで接続する必要があります。If you have a server in a WSL distro, you'll need to find the IP address of the virtual machine powering your distro and connect to it with that IP address. 次の手順で行うことができます。You can do that by following these steps:

  • コマンドを実行して、ディストリビューションの IP アドレスを取得するip addr、WSL ディストリビューションと下の検索の内部で、inetの値、eth0インターフェイス。Obtain the IP address of your distro by running the command ip addr inside of your WSL distro and finding it under the inet value of the eth0 interface.
    • 正規表現を使用して、コマンドの出力のフィルター処理をより簡単に表示できるようになります:ip addr | grep eth0します。You can find this more easily by filtering the output of the command using grep like so: ip addr | grep eth0.
  • 上記で見つかった ip アドレスを使用して Linux サーバーに接続します。Connect to your Linux server using the IP you found above.

次の図は、Edge ブラウザーを使って nodeJS サーバーに接続することで、この例を示します。The picture below shows an example of this by connecting to a nodeJS server using the Edge browser.

Windows から Linux ネットワーク アプリケーションへのアクセス

Linux から Windows アプリケーションにアクセスします。Accessing Windows applications from Linux

Windows ネットワーク アプリケーションへのアクセスには、ホスト コンピューターの IP アドレスを使用する必要があります。To access a Windows network application you'll need to use the IP address of your host machine. 次の手順を行うことができます。You can do so with these steps:

  • コマンドを実行して、ホスト コンピューターの IP アドレスを取得cat /etc/resolv.confという用語を次の IP アドレスをコピーおよびnameserverします。Obtain the IP address of your host machine by running the command cat /etc/resolv.conf and copying the IP address following the term nameserver.
  • コピー元の IP アドレスを使用して任意の Windows サーバーに接続します。Connect to any Windows server using the copied IP address.

次の図は、curl を使用して、Windows で実行されている python のサーバーに接続して、この例を示します。The picture below shows an example of this by connecting to a python server running in Windows via curl.

Windows から Linux ネットワーク アプリケーションへのアクセス

VHD、およびその最大サイズに達した場合の対処方法を使用して WSL 2 を理解します。Understanding WSL 2 uses a VHD, and what to do if you reach its max size

WSL 2 では、ext4 ファイル システムを使用する VHD 内のすべての Linux ファイルを格納します。WSL 2 stores all your Linux files inside of a VHD that uses the ext4 file system. この VHD は、記憶域のニーズを満たすために自動的にサイズ変更します。This VHD automatically resizes to meet your storage needs. この VHD には、256 GB の初期の最大サイズもあります。This VHD also has an initial max size of 256GB. 256 GB を超えるサイズで、ディストリビューションが増加する場合は、ディスク領域不足を実行したことを示すエラーが表示されます。If your distro grows in size to be greater than 256GB you will see errors stating that you've run out of disk space. VHD のサイズを拡張することで、これらを修正することができます。You can fix these by expanding the VHD size. これを行う方法については次に示します。Instructions on how to do so are below:

  1. 使用してすべての WSL インスタンスを終了、wsl --shutdownコマンドTerminate all WSL instances using the wsl --shutdown command
  2. 次のコマンドを実行して、WSL 2 の VHD のサイズを変更します。Resize your WSL 2 VHD by completing the following commands
    • 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きし、次のコマンドを実行します。Open a command prompt Window with admin privileges and run the following commands:
      • Select vdisk file="<pathToVHD>"
      • expand vdisk maximum="<sizeInMegaBytes>"
  3. WSL、ディストリビューションを起動します。Launch your WSL distro
  4. WSL のファイル システムのサイズを展開できることを認識します。Make WSL aware that it can expand its file system's size
    • WSL ディストリビューションでは、これらのコマンドを実行します。Run these commands in your WSL distro:
      • sudo mount -t devtmpfs none /dev
      • mount | grep ext4
        • ようになりますが、このエントリの名前をコピー:/開発/sdXX (X 印が付いた他の任意の文字を表す)Copy the name of this entry, which will look like: /dev/sdXX (with the X representing any other character)
      • sudo resize2fs /dev/sdXX
        • 値を使用して、先ほどコピーした、使用する必要があるかどうかを確認します。apt install resize2fsします。Make sure to use the value you copied earlier, and you may need to use: apt install resize2fs.

WSL 2 は、メモリの一部を使用して起動時にはWSL 2 will use some memory on startup

WSL 2 では、実際の Linux カーネルで軽量ユーティリティ VM を使用して、優れたファイル システムのパフォーマンスとフル システム呼び出しがまだ中に、光と同様の互換性高速で統合や WSL 1 と応答性を提供します。WSL 2 uses a lightweight utility VM on a real Linux kernel to provide great file system performance and full system call compatibility while still being just as light, fast, integrated and responsive as WSL 1. このユーティリティの VM は、メモリ使用量を備えは起動時にバックアップされた仮想アドレスのメモリを割り当てます。This utility VM has a small memory footprint and will allocate Virtual Address backed memory on startup. 合計メモリの小さな割合を開始する構成されます。It is configured to start with a small proportion of your total memory.

クロス OS ファイルの速度は初期のプレビュー ビルドの速度は遅くなりますCross OS file speed will be slower in initial preview builds

Linux アプリケーションの場合は、または Windows アプリケーションから Linux ファイルへのアクセスから Windows ファイルにアクセスするときに WSL 1 と比較ファイルの速度が遅くなることがわかります。You will notice slower file speeds compared to WSL 1 when accessing Windows files from a Linux application, or accessing Linux files from a Windows application. これは WSL 2 では、アーキテクチャの変更の結果であり、WSL チームが積極的には、このエクスペリエンスを向上させる方法を調査します。This is a result of the architectural changes in WSL 2, and is something that the WSL team is actively investigating on how we can improve this experience.