MyAnalytics を構成するConfigure MyAnalytics

役割: Office 365 管理者Role: Office 365 admins

このトピックの手順では、組織内のユーザーに対して MyAnalytics を構成する方法について説明します。The steps in this topic describe how to configure MyAnalytics for the users in your organization. 次の点に注意してください。Note the following:

  • 前提条件: Myanalytics サービスプランを含むライセンスを持っている場合にのみ、ユーザーは myanalytics にアクセスできます。「プランと環境」では、myanalytics について説明しています。Prerequisite: Users have access to MyAnalytics only if they have licenses that include the MyAnalytics service plan, as described in plans and environments for MyAnalytics.

  • データのプライバシー: プライバシーが MyAnalytics にどのように組み込まれているかを理解し、特定のプライバシー要件に対応するように構成できる内容については、「 myanalytics プライバシーガイド」を参照してください。Data privacy: See the MyAnalytics privacy guide to understand how privacy is built into MyAnalytics and to learn what you can configure to address specific privacy requirements.

MyAnalytics を構成するにはTo configure MyAnalytics:

注意

既定値 (テナントレベルまたはユーザーレベル) を設定すると、ユーザーはこれらの設定を個別に上書きできます。When you set the defaults (at either the tenant or user level), users can individually override these settings. たとえば、ダッシュボードのテナント設定をオプトインとして保持している場合、ユーザーはダッシュボードを開いて自分を選択することができます。同様に、ユーザーレベルの設定を使用してユーザーを選択した場合は、そのユーザーが再度オプトインすることを選択できます。For example, if you keep the dashboard tenant setting as opt in, users can open the dashboard and opt themselves out. Similarly, if you opt out users with a user-level setting, those users can choose to opt back in. 例外として、MyAnalytics service プランのユーザーのライセンスの有効期限が切れた場合、ユーザーはオプトインできません。The exception is if a user's license with a MyAnalytics service plan expires, that user cannot opt in.

MyAnalytics service プランを使用してライセンスを割り当てるAssign licenses with a MyAnalytics service plan

MyAnalytics は、MyAnalytics サービスプランを使用してライセンスを割り当てられたユーザーが使用できます。MyAnalytics is available to users who are assigned a license with a MyAnalytics service plan. MyAnalytics サービスプランを所有するライセンスと、ユーザーがライセンス割り当て後に MyAnalytics 要素にアクセスするタイミングの詳細については、「プランと環境の myanalytics」を参照してください。For more details about which licenses have MyAnalytics service plans and when users get access to MyAnalytics elements after license assignment, see plans and environments for MyAnalytics.

ライセンスを割り当てる方法については、「一般法人向け Office 365 のユーザーにライセンスを割り当てる」を参照してください。For information on how to assign a license, see Assign licenses to users in Office 365 for business.

注意

MyAnalytics service プランを使用してライセンスを割り当てる前に組織に通知する場合は、この電子メールテンプレートを使用できます。If you want to notify your organization before you assign licenses with a MyAnalytics service plan, you can use this email template. ダウンロードして、会社の情報でカスタマイズし、新しい MyAnalytics 参加者に電子メールで送信することができます。You can download it, customize it with your company's information, and then email it to the new MyAnalytics participants. MyAnalytics の導入の詳細については、「 MyAnalytics を導入する」を参照してください。To learn more about adopting MyAnalytics, see Adopt MyAnalytics.

テナントレベルでアクセスを構成するConfigure access at the tenant level

組織内のすべてのユーザーに対して、MyAnalytics 要素へのアクセスを構成できます。You can configure access to MyAnalytics elements for all users in your organization.

ダッシュボードと電子メールダイジェストへのアクセスを取得するにはTo get access to the dashboard and email digests

注意

  • UAE、南アフリカ、およびシンガポール地域のテナントは、この機能を多少の遅延で取得する場合があります。Tenants in the UAE, South Africa, and Singapore regions might obtain this functionality with some delay.
  • 新しいテナントが確立された後は、この機能が使用可能になるまでに最大48時間かかる場合があります。After a new tenant is established, it might take up to 48 hours for this functionality to become available.
  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。Sign in to the Microsoft 365 admin center.

  2. 新しい管理センターを使用していることを確認します。Make sure you're using the new admin center. これを行うには、ページの右上にあるスイッチが [新しい管理センターを試す] を読み取って、新しい管理センターを読み取るように選択します。To do this, if the switch in the upper right of the page reads Try the new admin center, select it so that it reads The new admin center:

    新しい管理センター

  3. 左側のウィンドウで、[設定] を展開し、[サービス & アドイン] を選択します。In the left pane, expand Settings, and then select Services & add-ins.

  4. [サービス & アドイン] で、[ myanalytics] を選択します。Under Services & add-ins, select MyAnalytics. これにより、MyAnalytics 要素へのアクセスを構成するためのページが開きます。This opens a page to configure access to MyAnalytics elements.

    表示の選択

  5. [ Insights dashboard ] を選択して、組織内のすべて_の_MyAnalytics ユーザーが myanalytics ダッシュボードにアクセスできるように選択した状態にします。Select Insights dashboard to keep all MyAnalytics users in your organization opted in for access to the MyAnalytics dashboard. [ Insights ダッシュボードの選択を解除して、ユーザーがダッシュボードに_アクセスできない_ようにします。Deselect Insights dashboard to opt users out of access to the dashboard.

  6. [週単位の insights 電子メール] を選択して、組織内のすべての myanalytics ユーザーが電子メールダイジェストにアクセスできるよう_にオプトインさ_れた状態を維持します。Select Weekly insights email to keep all MyAnalytics users in your organization opted in for access to email digests. 毎週の insights 電子メールを選択解除し_て、ユーザー_の電子メールダイジェストをオプトアウトします。Deselect Weekly insights email to opt users out of email digests.

テナントのアドインを無効にするにはTo disable the add-in for a tenant

Exchange 管理センターを使用して、組織内のすべてのライセンスユーザー、またはテナントレベルで、Insights Outlook アドインを無効にすることができます。You can disable the Insights Outlook add-in for all licensed users in your organization or at the tenant level through the Exchange admin center.

  1. Microsoft 365 管理センターを開きます。Open the Microsoft 365 admin center.
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ Exchange] を選択します。In the left navigation pane, select Exchange. これにより、Exchange 管理センターのダッシュボードが開きます。This opens the dashboard of the Exchange admin center. ( Exchangeが表示されていない場合は、まず [すべて表示] を選択して、その他の管理センターを表示してから、[ Exchange] を選択します。)(If Exchange is not visible, first select Show all to see more admin centers and then select Exchange.)
  3. ダッシュボードで、[アドイン] を選択します。In the dashboard, select add-ins.
  4. アドインの一覧で、[ Insights] を選択し、編集(鉛筆) アイコンを選択します。In the list of add-ins, select Insights, and then select the Edit (pencil) icon.
  5. [アドイン設定の編集] ダイアログボックスで、[組織内のユーザーがこのアドインを使用できるようにする] チェックボックスをオフにしてアドインを無効にし、[保存] を選択します。In the Edit add-in settings dialog box, clear the Make this add-in available to users in your organization checkbox to disable the add-in, and then select Save.

ユーザーレベルでアクセスを構成するConfigure access at the user level

組織内の個々のユーザーに対して MyAnalytics アクセスを構成します。Configure MyAnalytics access for individual users in your organization. このレベルでは、ユーザーを完全にオプトアウトして、そのユーザーのすべての MyAnalytics 機能をオフにすることができます。At this level, you can opt-out the user completely, which would turn off all MyAnalytics functionality for that user. ただし、ユーザーはに戻るかどうかを選択できます。However, the user can choose to opt back in.

Privacymodeパラメーターを設定することによって、組織内のユーザーの myanalytics (既定の動作を変更する) を構成できます。You can configure MyAnalytics (change its default behavior) for users in your organization by setting the PrivacyMode parameter. PrivacyMode の値の詳細については、「ユーザーの構成の設定」を参照してください。For information about the values of PrivacyMode, see User configuration settings.

このパラメーターは、1人または複数のユーザーに対して設定できます。You can set this parameter for one or many users:

ユーザー構成設定User configuration settings

PrivacyMode パラメーターPrivacyMode parameter ライセンスを取得したユーザーLicensed user ライセンスのないユーザーUnlicensed user
オプトイン (既定の設定)Opt-in (default setting)
  • Office 365 データは、ライセンスを持つユーザーに表示される集計情報に使用されます。Office 365 data is used for aggregated information shown to licensed users
  • ダッシュボードを使用できますDashboard is available
  • ユーザーがオプトアウトできるUser can opt out
  • Office 365 データは、ライセンスを持つユーザーに表示される集計情報に使用されます。Office 365 data is used for aggregated information shown to licensed users
  • 管理者は、管理者 PowerShell を使用してライセンスのないユーザーをオプトアウトできます。Admins can opt out unlicensed users through the admin PowerShell
オプトアウトOpt-out
  • Office 365 のデータは、ライセンスを付与されたユーザーに表示される集計情報には使用されません。Office 365 data is not used for aggregated information shown to licensed users
  • ダッシュボードは使用できませんDashboard is not available
  • ユーザーは機能設定メニューを使用してオプトインすることができます。User can opt in through the Feature settings menu
  • Office 365 のデータは、ライセンスを取得したユーザーに表示される集約情報には使用されません。Office 365 data is not used for aggregated information shown to licensed users.

重要

PrivacyMode の除外値は廃止されています。The Excluded value of PrivacyMode is being retired. 以前に除外されていたプライバシーモードがオプトアウトに設定されたユーザーUsers whose privacy mode was previously set to Excluded will now be set to Opt-out.

1人のユーザーに対して MyAnalytics アクセスを設定するSet MyAnalytics access for one user

次の PowerShell コマンドレットを使用して、ユーザーの MyAnalytics アクセス設定を構成します。Configure MyAnalytics access settings for a user with the following PowerShell cmdlet:

Set-UserAnalyticsConfig –Identity <string> [PrivacyMode <string[]>]
パラメーターParameter 必須Required 説明Description 既定値Default value
IDIdentity はいYes Azure Active Directory (AAD) に格納されている現在のユーザーのユーザー IDUser ID for the current user as stored in Azure Active Directory (AAD) --
PrivacyModePrivacyMode はいYes
  • オプトアウト: myanalytics はユーザーのデータを使用して、他のユーザーの派生した統計を計算しません。Opt-out: MyAnalytics won't use the user's data to compute derived statistics for other users. ユーザーには、MyAnalytics では統計が表示されませんが、[機能の設定] メニューから [オプトイン] を選択できます。The user won't see statistics in MyAnalytics, but can choose to opt in from the Feature settings menu.
  • オプトイン: myanalytics はユーザーのデータを使用して、他のユーザーの派生した統計を計算します。Opt-in: MyAnalytics uses the user's data to compute derived statistics for other users. ユーザーには、MyAnalytics で統計情報が表示されますが、[機能の設定] メニューからオプトアウトすることもできます。The user can see statistics in MyAnalytics, but can choose to opt out from the Feature settings menu.
オプトインOpt-in

重要

PrivacyMode の除外値は廃止されています。The Excluded value of PrivacyMode is being retired. 以前に除外されていたプライバシーモードがオプトアウトに設定されたユーザーUsers whose privacy mode was previously set to Excluded will now be set to Opt-out.

ユーザーの MyAnalytics アクセスを確認するConfirm MyAnalytics access for a user

ユーザーが MyAnalytics (PrivacyMode の値) にアクセスできるかどうかを確認するには、次のようにします。Use the following to confirm if a user has access to MyAnalytics (the value for PrivacyMode):

Get-UserAnalyticsConfig –Identity <string>
パラメーターParameter 必須Required 説明Description 既定値Default value
IDIdentity はいYes AAD に格納されている現在のユーザーのユーザー IDUser ID for the current user as stored in AAD -

複数のユーザーの MyAnalytics アクセスを設定するSet MyAnalytics access for multiple users

PowerShell で次の手順を使用すると、ユーザーを反復処理する PowerShell スクリプトを実行することによって、複数のユーザーの MyAnalytics (PrivacyMode の値) へのアクセスを変更できます。これにより、一度に1人のユーザーの値が変更されます。You can use the following steps in PowerShell to change access to MyAnalytics (the value of PrivacyMode) for multiple users by running a PowerShell script that iterates through the users, changing the value one user at a time.

  1. UserPrincipalName フィールドと、構成するユーザーの場所を含むコンマ区切り値 (.csv) テキストファイルを作成します。Create a comma-separated value (.csv) text file that contains the UserPrincipalName field and the location of the users you want to configure. 次に例を示します。For example:

    UserPrincipalName,UsageLocation
    ClaudeL@contoso.onmicrosoft.com,FR
    LynneB@contoso.onmicrosoft.com,US
    ShawnM@contoso.onmicrosoft.com,US
    
  2. 入力した csv ファイルの場所、出力 .csv ファイル、および各ユーザーに対して設定する PrivacyMode の値を指定します。Specify the location of the input .csv file, the output .csv file, and the value of PrivacyMode that you want to set for each user:

    $inFileName="<path and file name of the input .csv file that contains the users, example: C:\admin\Users2License..csv>"
    $outFileName="<path and file name of the output .csv file that records the results, example: C:\admin\Users2License-Done..csv>"
    $privacyMode = "Opt-in"
    
    $users=Import-Csv $inFileName
    ForEach ($user in $users)
    {
    $user.Userprincipalname
    $upn=$user.UserPrincipalName
    
    Set-UserAnalyticsConfig –Identity $upn -PrivacyMode $privacyMode
    Get-UserAnalyticsConfig –Identity $upn | Export-Csv $outFileName
    }
    
  3. 生成されたコマンドを PowerShell コマンドプロンプトで実行します。Run the resulting commands at the PowerShell command prompt. Exchange Online PowerShell の詳細については、「Exchange Online PowerShell への接続」を参照してください。For more information about the Exchange Online PowerShell, see Connect to Exchange Online PowerShell.

この PowerShell スクリプト:This PowerShell script:

  • 各ユーザーのユーザープリンシパル名を表示します。Displays the user principal name for each user.
  • ユーザーごとに指定したプライバシーモードを設定します。Sets the specified privacy mode for each user.
  • 処理されたすべてのユーザーを含む .csv ファイルを作成し、その状態を表示します。Creates a .csv file with all the users that were processed and shows their status.