グループ作業Collaboration

MyAnalytics のコラボレーションは、会議、電子メール、チャット、通話にどの程度の時間を費やしたかについて反映するのに役に立ちます。Collaboration in MyAnalytics helps you reflect on how effectively you spend your time in meetings, email, chats, and calls.

MyAnalytics のコラボレーションページ

毎週の平均Weekly average

[週の平均] セクションには、過去4週間以内に会議、電子メール、チャット、通話に費やした時間の見積もりが表示されます。The Weekly average section shows an estimate of how much time you spent in meetings, email, chats, and calls in the past four weeks. これは、稼働時間の割合として測定され、 Outlook の設定で構成された勤務時間内のアクティビティに基づきます。It's measured as a percentage of your work week, which is based on activity within your set working hours as configured in Outlook settings.

MyAnalytics コラボレーションの週単位の平均

会議の習慣Meeting habits

[会議の習慣] セクションには、開催して承諾した会議に関する習慣またはプラクティスが強調表示されます。The Meeting habits section highlights what your habits or practices are in meetings you organized and accepted. [習慣] ビューとリストビューを切り替えることができます。You can switch between the Habits view and the List view:

  • [習慣] ビューには、過去4週間の予定表の会議に基づいて、会議の習慣に関するデータが表示されます。The Habits view shows data about your meeting habits based on the meetings on your calendar over the past four weeks. これらの会議の種類が、開催された、または出席を承諾された会議の合計数から何回発生するかを理解するのに役立つ情報があります。It helps you understand the number of times each of these meeting types occur out of the total number of meetings you organized or accepted to attend.

    MyAnalytics コラボレーション会議の習慣の表示

  • リストビューには、過去4週間の予定表のすべての会議の詳細が表示されます。The List View shows details about all the meetings on your calendar over the past four weeks.

    MyAnalytics コラボレーション会議リストビュー

    アイコンIcon 説明Description
    繰り返すアイコン 予定表の定期的な会議を表します。Represents a recurring meeting on your calendar.
    ユーザーの会議アイコン 自分が開催した会議を表します。Represents a meeting organized by you.
    自分が開催する定期的な会議アイコン 自分が開催した定期的な会議を表します。Represents a recurring meeting organized by you.
    チェックマーク アイコン 会議の列にチェックマークが付いている場合は、指定された会議の指標が満たされています。If a meeting has a check mark in a column, it met that specified meeting’s metric. たとえば、会議に議題が含まれていたり、時間で開始された場合などです。For example, the meeting included an agenda or started on time.
    X アイコン 列に X がある会議の場合、指定された会議の指標を満たしていません。If a meeting has an X in a column, it did not meet that specified meeting’s metric. たとえば、会議に議題が含まれていない場合や、時間内に開始されなかった場合などです。For example, the meeting did not include an agenda or did not start on time.
    ダッシュアイコン 会議の列にダッシュがある場合、指定された会議の指標はその会議に適用されませんでした。If a meeting has a dash in a column, the specified meeting metric was not applicable for that meeting. たとえば、会議がキャンセルされたため、時間内に開始することはできませんでした。For example, the meeting was canceled, so starting on time was not applicable.
    ![上に並べ替え] アイコン](../../Images/mya/use/sort-up-icon.png)並べ替えのアイコン [会議] リストで列名を選択して、その列で昇順または降順にリストを並べ替えます。Select a column name in the Meetings list to sort the list by that column in ascending or descending order. リストが並べ替えられた列名の横に、[並べ替え] アイコンが表示されます。The sort icon will show up next to the column name that the list is sorted by.

会議の一覧と指標から除外された会議の一覧については、「会議の除外」を参照してください。For a list of meetings that are excluded from the Meetings list and metrics, see Meeting exclusions.

コミュニケーションの習慣Communication habits

[コミュニケーションの習慣] セクションには、過去4週間以内に1時間のうちに送信および開封されたチャット (インスタントメッセージ) および電子メールの合計数が表示されます。The Communication habits section shows the total number of chats (instant messages) and emails sent and read during each hour of the day in the past four weeks.

MyAnalytics の通信習慣

生産性の洞察Productivity insights

この洞察は、作業中の最近のコラボレーションアクティビティに基づいています。The insights are based on your recent collaboration activity at work. [候補の表示] を選択して、現在のコラボレーションパターンを変更する方法についてのアイデアを取得します。Select View Suggestions to get ideas about how you might change your current collaboration patterns.

測定基準についてAbout the metrics

会議Meetings

会議の測定基準には、少なくとも1人の他のユーザーが参加している、開催または承諾したすべての会議が含まれます。Meeting metrics include any meetings that you organized or accepted to attend that have at least one other person attending. 会議の時間には、設定した稼働時間外に行われる会議が含まれます。Meeting time includes meetings that take place during and outside of your set working hours. 勤務時間外の会議の時間も、 Wellbeing 指標に影響します。After-hours meeting time also affects your Wellbeing metrics.

会議の習慣に関する指標Meeting habit metrics

次のミーティング習慣の指標がコラボレーションページに含まれています。The following meeting habit metrics are included on the Collaboration page. 会議の習慣の横にある [疑問符] アイコンを選択して、それらに関する類似の詳細を表示することができます。You can select the question mark icon next to Meeting habits to see similar details about them.

  • 出席が多いと、開催または承諾した会議が50% の応答率を超える場合があります。High attendance includes meetings you organized or accepted that had greater than a 50 percent response rate.
  • [送信された招待 (日単位)] 通知には、会議のスケジュールされた開始時刻の前に、24時間を超える通知を送信した会議が含まれます。Invitations sent with a days' notice includes meetings where you sent invitations with more than 24 hours notice before the meeting's scheduled start time.
  • 追加された skype または teams リンクには、開催した会議と、リモート出席の skype または teams リンクが含まれています。Added Skype or Teams link includes meetings you organized and included a Skype or Teams link for remote attendance.
  • 議題と共に送信された会議には、開催した会議と招待状の本文でのテキストが含まれます。Sent with agenda includes meetings you organized and included text in the body of the invitation.
  • 会議中のメールやチャットには、大量の電子メールやチャットを送信していない会議は含まれていません。No emails or chats during the meeting includes meetings during which you did not send a significant number of emails or chats.
  • 時間に参加しているオンライン会議には、参加したか、または時間に開始した Skype または Teams の会議が含まれます。Online meetings joined on time includes Skype or Teams meetings that you joined or started on time.
  • 稼働時間中に、勤務時間中に開催または承諾した会議が含まれます。During working hours includes meetings you organized or accepted to attend during your working hours.

会議の除外Meeting exclusions

会議指標から除外される会議の種類は次のとおりです。The following meeting types are excluded from meeting metrics:

  • 終日の会議など、過去8時間以上の会議。Meetings that last eight or more hours, such as all-day meetings.

  • プライベートとしてマークされている会議。Meetings that are marked as Private.

  • 予定表のフォーカス時間をブロックしたり、アラームを設定したりするなど、他の参加者ではない会議。Meetings with no other participants than yourself, for example when you block focus time in your calendar or set reminders.

  • 表示する会議は、次のいずれかの値に設定されます。Meetings for which Show As is set to any of the following values:

    • 空き時間Free
    • 別の場所で作業Working Elsewhere
    • 仮の予定Tentative
    • 外出中Out of Office

Note

MyAnalytics では、2つの予約済み会議が測定基準計算に1回だけカウントします。MyAnalytics counts double-booked meetings only one time for metric calculations. たとえば、同じ日に 10:00 AM から 11:00 AM に2つの会議がスケジュールされている場合、MyAnalytics はこれを会議の時間の1時間に限定してカウントします。For example, if you have two meetings scheduled for 10:00 AM to 11:00 AM on the same day, MyAnalytics counts this as only one hour of meeting time.

メールEmail

電子メール指標は、ラップトップや携帯電話などのすべてのデバイスで、メールの送受信に費やした時間を予測します。Email metrics estimate how much time you spent sending and reading emails, across all devices, such as laptops and mobile phones. [宛先] 行または [ Cc ] 行に自分の名前が含まれているか、またはメンバーになっているグループが含まれているメールのみが含まれます。Only emails that have your name, or a group you’re a member of, on the To line or on the Cc line are included. を開かずに削除したメールは含まれません。Emails that you delete without opening are not included.

送信する各電子メールには5分が割り当てられます。Each email you send is assigned 5 minutes. 開いた各電子メールには、2.5 分が割り当てられます。Each email you open is assigned 2.5 minutes. ただし、次のシナリオでは、短い時間が割り当てられます。However, shorter times are assigned for the following scenarios:

  • 1 通のメールを送信し、5 分以内に別のメールを開封または送信した場合、この 2 つの動作の間の時間は最初のメールに割り当てられます。If you send one email and then open or send another one within 5 minutes, the time between the two actions gets assigned to the first email.
  • 1 通のメールを開封し、2.5 分以内に別のメールを開封または送信した場合、この 2 つの動作の間の時間は最初のメールに割り当てられます。If you open one email and then open or send another one within 2.5 minutes, the time between the two actions gets assigned to the first email.

また、 Outlook の設定で定義されているように、設定した勤務時間外にメールの送信または読み取りを行う時間は、 Wellbeing 指標に影響します。Also, the time you spend sending or reading email outside your set work hours (as defined by your Outlook settings) will affect your Wellbeing metrics.

チャットと通話Chats and calls

MyAnalytics では、Teams および Skype for Business で、次のように計算されたコラボレーションアクティビティとして発生する音声通話、ビデオ通話、およびチャット (インスタントメッセージ) をカウントします。MyAnalytics counts your audio calls, video calls, and chats (instant messages) that occur in Teams and in Skype for Business as collaboration activities, which are calculated as follows:

  • 送信するチャットまたはインスタントメッセージには、30秒として時間がカウントされます。Each chat or instant message that you send counts the time as 30 seconds.

  • 受信するチャットは、empirically、送信されたメッセージにかかった時間は、Teams および Skype for business セッションの合計期間を予測したものであるため、時間が0秒としてカウントされます。Each chat that you receive counts as zero seconds in time because empirically, time spent on sent messages is a good predictor of the total duration of Teams and Skype for Business sessions.

  • 15分の時間枠に含まれるチャットまたはインスタントメッセージは1つのチャットとして数えられます。Each chat or instant message within a 15-minute window of time is counted as one chat.

  • 即時の呼び出しごとに、MyAnalytics は呼び出しの実際の期間を使用します。For each impromptu call, MyAnalytics uses the actual duration of the call. 即時またはアドホック通話は、予定表に含まれていない非スケジュール呼び出しです。An impromptu or ad hoc call is an unscheduled call that’s not included in your calendar.

  • 予定表で会議として予約されている通話の場合、この通話は既に会議の時間としてカウントされるため、時間は0秒としてカウントされます。For calls that are scheduled as meetings in your calendar, the time counts as zero seconds because these calls are already being counted as meeting time.

    Note

    Teams チャネルからのチャットは、指標から除外されます。Chats from Teams channels are excluded from the metrics. 通常、Skype for Business のデータはメッセージです。Skype for Business data is usually prompt. ただし、まれに、ユーザーが 2 ~ 4 日で遅延が発生することがあります。However, in rare instances, users can experience delays of two to four days. 詳細については、「 Myanalytics FAQ」を参照してください。For more information see MyAnalytics FAQ.

ドキュメントDocuments

MyAnalytics では、作業した OneDrive および SharePoint ドキュメントの情報も表示されます。MyAnalytics also shows information for OneDrive and SharePoint documents that you have worked on. MyAnalytics の参加者として、次のような洞察が得られます。As a MyAnalytics participant, you'll see the following insights:

  • 作業した (読み取り、編集、またはレビュー) クラウド ドキュメントの数です。The number of cloud documents that you worked on (read, edited, or reviewed).
  • 勤務時間外に作業したクラウド ドキュメントの数です。The number of cloud documents that you worked on outside of working hours.

このような分析情報を表示するには、過去 1 週間に OneDrive または SharePoint の 3 つ以上のクラウド ドキュメントで作業している必要があります。To see these insights, you must have worked on at least three OneDrive or SharePoint cloud documents during the past week.

コラボレーションのヒントCollaboration tips

メールまたは即時の通話や会議またはチャットに時間を費やしている場合は、貴重な共同作業時間が不足する可能性があります。You might miss out on valuable collaboration time if you're spending too much time on email or impromptu calls or in meetings or chats. 調査では、通常は 4 ~ 5 個の異なる方法で、共同作業時間を 18 ~ 24% 増やすことができます。Research shows that typically doing just four to five things differently can enable you to increase your collaboration time by 18 to 24 percent.

  • バッチ電子メール時間: 問題を減らすために、1時間に1回、受信トレイをチェックしてみてください。Batch email time: To reduce distraction, try checking your inbox once an hour. 正常に動作する場合は、2時間ごとにメールを確認してみてください。If that works well, try checking email every two hours and so on. どのくらいの時間を取り戻すことができるかを把握します。Discover how much time you can get back.

  • 予定表に会議をグループ化する: 予定表が会議で分割されている場合は、予定表に会議をグループ化して、チームのグループ作業に使用できる空きブロックが長くなるようにします。Group your meetings together on your calendar: If your calendar is fragmented with meetings, try grouping your meetings on your calendar, so you have longer free blocks available for team collaboration.

  • 参加およびスケジュールする会議を減らす:Reduce the meetings you attend and schedule:

    • 会議の削減により、グループ作業の時間が増加します。Fewer meetings enables more time for collaboration. 定期的な会議を見直して、週ごとに適切に使用されていることを確認してください。Review your recurring meetings to make sure they're a good use of time each week.
    • 開催する会議の参加者リストを確認します。Check the attendee lists for meetings you organize. 同一の出席者との会議を試してみてください。Try condensing meetings with identical attendees.
    • 会議が1日になる office のカルチャで、自分のものを最大限に活用します。In an office culture where meetings fill the day, make the most of yours. 期待値を設定し、前もって目標を明確にすることで、会議がより効率的になる可能性があります。By setting expectations and making goals clear ahead of time, meetings can become more efficient. 自分と仕事仲間にしばらく戻ってください。Giving you and your colleagues some time back.
  • ミーティングのサイズをコントロールの下に保持する: 小規模および短い会議では、参加者への連絡を迅速に行い、作業の完了に専念するように求めることができます。Keep meeting size under control: Small and short meetings are more conducive to decision making, as it prompts attendees to communicate faster and focus on getting the work done. 調査は、7を超える会議グループに追加されたすべてのユーザーが、決定の有効性を10% 削減することを示しています。Research shows that every person added to the meeting group over seven reduces decision effectiveness by 10 percent. 意思決定のオーバーヘッドを回避するため、会議のサイズを小さくすることをお勧めします。Consider making your meeting size small to avoid decision making overhead.

  • 時間の経過による会議への対応: チームが期待することを把握できるように、会議への出席依頼に応答します。Respond to meetings on time: Respond to meeting invites on time so your team knows what to expect. 出席を計画しているユーザーがいる場合は、同僚は会議をより適切に準備することができます。Coworkers can better prepare for meetings when they have a good sense of who plans to attend.

  • 会議の準備に時間をかける: 過去1分間の招待が必要になることがありますが、準備するために出席者に多少の時間をかけると、会議の効率が向上する可能性があります。Give people time to prepare for meetings: Last-minute invitations are sometimes necessary, but your meetings may be more effective if you give attendees some time to prepare.

  • リモートの出席者に skype または Teams のリンクを含める: 会議に skype またはチームのリンクを追加して、リモートの出席者に対応することを検討してください。Include Skype or Teams link for remote attendees: Consider adding a Skype or Team links to your meetings to accommodate remote attendees.

  • 招待に会議の議題とアクションアイテムを含める: 議題とアクションアイテムを追加して、会議を最大限に活用します。Include meeting agendas and action items in your invites: Add agendas and action items to get the most out of your meetings. 会議出席依頼で添付ファイルを使用して、参加者が実行する内容を明確にすることをお勧めします。Consider adding clarity for what you’d like participants to do with attached files in your meeting invitations.

  • 会議の開始および終了時間:Start and end meetings on time:

    • 会議が時間に一度開始されると、時間が経過して会議の目標を達成する可能性が高くなります。When meetings start on time, they are more likely to finish on time and meet the objectives of the meeting. 会議の開始前に準備時間をブロックして、遅延が開始されないようにしてください。Consider blocking time for preparation before the start of meetings to avoid late starts.
    • 会議の効率を向上させることで、生産性の向上、情報の共有、革新性、意思決定、およびチームのグループ作業を行うことができます。Better meeting practices can improve productivity, information sharing, innovation, decision-making, and team collaboration.
  • 会議を1日前にキャンセルする: 可能であれば、前の出席者にキャンセル通知を送信します。Cancel meetings a day ahead: If possible, send cancellations to attendees the day before.出席者が最適なタイミングで目的の時間を使用できるように、事前に計画することをお勧めします。 Do your best to plan ahead so that attendees can optimally re-purpose that time.

  • 長い電子メールスレッドをオフラインにする: 数週間で増加するメールスレッドが長い場合は、電子メールをオフラインにして、同期する会議をスケジュールすることを検討してください。Take long email threads offline: For long email threads that increase over the course of a few weeks, consider taking the email offline and scheduling a meeting to sync up.

  • 勤務時間中に会議をスケジュールする: 緊急でない会議については、出席者に対してスケジュールを設定することをお勧めします。仕事時間は、ユーザーの wellbeing を尊重することをお勧めします。Schedule meeting during work hours: For non-urgent meetings, scheduling them during the attendees set work hours is a good practice that respects people’s wellbeing.

  • 会議中のマルチタスキングを回避する: 研究からは、その近くにあるスマートフォンでは、認知能力が不足していることを示しています。Avoid multitasking during meetings: Research shows that merely having your smartphone nearby impairs cognitive capacity on par with the effects of lacking sleep. 会議中に電話を使用して、それらに十分な注意を払う必要があります。Consider putting away your phone while in meetings to dedicate full attention to them.

MyAnalytics ダッシュボードMyAnalytics dashboard