ウェルビーイングWellbeing

[MyAnalytics Wellbeing] ページには、時間の経過とともに作業時間から切断される度合いが表示され、ストレスと極度を軽減する方法が示されています。The MyAnalytics Wellbeing page shows how well you are disconnecting from work during your time off and suggests ways to reduce stress and burnout.

ウェルビーイング

生産性に関する分析情報Productivity insights

これらの洞察は、最新の workplace アクティビティに基づいています。These insights are based on your recent workplace activity. [候補の表示] を選択して、現在の作業時間のパターンを変更してワークライフバランスを向上させる方法についてのアイディアを得ることができます。Select View Suggestions to get ideas about how you might change your current work patterns to improve your work-life balance.

測定基準についてAbout the metrics

非表示日数は、Outlook の予定表で定義されているように、設定した勤務時間外に大きなコラボレーションが行われなかった日数を測定します。Quiet days measures the number of days where you did not have significant collaboration outside your set work hours (as defined in your Outlook calendar). コラボレーションには、メールの送受信、送信、チャットへの応答、勤務時間外に 1 1 時間を超える期間の通話と会議への出席などが含まれます。Significant collaboration includes sending and reading email, sending, and responding to chats, or attending calls and meetings in more than one one-hour period outside your working hours. 週末は、すべての非就業時間を考慮しているため、非就業日の計算に含まれます。Weekends are considered all-day quiet hours and are included in the Quiet days calculation because they are opportunities to recharge from work for a full day.

たとえば、設定の作業スケジュールが月曜日から金曜日までの午前8時から午後5時までで、月曜日の午後5時以降に会議、電子メール、チャット、または通話で共同作業を行う場合、または週末の場合、月曜日 (または週末の日) は、静かな日としてカウントされません。For example: If your set work schedule is 8 AM to 5 PM, Monday through Friday, and you collaborate in meetings, emails, chats, or calls after 5 PM on Monday, or during a weekend, Monday (or the weekend day) won't count as a quiet day.

Wellbeing ヒントWellbeing tips

  • 仕事ではない場合は、作業をオフにします。再充電にはすべて休憩する必要があります。Turn work off when not at work: We all need breaks to recharge. 稼働時間外に作業を "オフ" にすることで、夜のスリープを向上させ、翌日の更新を支援することができます。Turning work "off" outside of working hours can help you get a better night's sleep and helps you feel refreshed the next day.

  • 不在時の通知をオフにします。一部の方法では、勤務時間外に1週間に1週間の時間を確保したり、通知をミュートしたりするのに役立ちます。Turn off notifications when not at work: Some find it helpful to reserve one night a week away from work or mute notifications outside of working hours.研究からは、毎日作業を切断したユーザーからの低レベルのストレスと高い wellbeing が報告されます。 Research shows that people who disconnect daily from work report lower levels of stress and higher wellbeing.

  • 作業時に休憩する: 自分のチームとの間で、または休憩時間を取ってみましょう。Take a break when at work: Go enjoy a meal with your team or take a break from work. 脳を使用して、ネットワークを拡大し、生産性とプロフェッショナルの成功を向上させることができます。You'll give your brain a break, grow your network, and help boost your productivity and professional success.

  • 作業の時間を計画する: 作業の時間を減らすことで、ストレスが減り、wellbeing が向上します。Plan time away from work: Time away from work reduces stress and improves your wellbeing. 分析情報を使用して、お客様の時間を計画します。Use Insights to plan your time away. 不在時に発生する会議を解決したり、自動応答通知を作成したり、その後、前に戻ったときに完了する前にタスクを終了するためのフォーカス時間を予約します。Resolve meetings that occur while you're away, compose your auto-reply notifications, and book focus time to wrap up tasks before you go and catch up when you get back.

  • 考え深い仕事仲間になってください。Be a thoughtful coworker! 会議や電子メールを使用せずに非表示時間を確立すると、チームワークが向上する可能性があります。Establishing quiet hours with no meetings or email can lead to better teamwork:

    • "Inform" と入力すると、電子メールと進捗状況の更新が毎日または毎週のダイジェストに縮めます。For "inform" type emails, condense the emails and status updates into daily or weekly digests. これにより、電子メールのオーバーロードによる全体的なノイズとランダム化が減少します。This reduces the overall noise and randomization caused by email overload.
    • 受信者が稼働時間内にある場合に電子メール配信をスケジュールするには、遅延配信のインラインの推奨事項を使用します。Use the delay delivery inline suggestion to schedule email delivery when the recipients are within their working hours. 深夜と早朝の午前のメールを緊急のメールのみに制限して、ノイズを減らすことができます。Limit late night and early morning email to urgent email only, to cut through the noise.
    • フォーカスを移動しようとしたときに、電話とコンピューターで通知をオフにします。Turn off notifications on your phone and computer when you are trying to focus.
  • Respectful は、次のような時間になります。Be respectful of people's time:

    • 「チーム時間」に同意します。Agree on "team hours." 遅延配信のインライン提案を使用して、ほとんどのチームが仕事をしているときにメールを配信します。Use the delay delivery inline suggestion to deliver email when most of the team is working.
    • 会議に招待する人についてよく計画してください。Be intentional about who you invite to meetings.
    • 会議の時間超過を制限するようにしてください。Try to limit meeting overruns.
    • 金曜日に会議なしのポリシーを開始することを検討してください。Consider starting a policy of no meetings on Fridays.

MyAnalytics ダッシュボードMyAnalytics dashboard