Android Device Manager による仮想デバイスの管理Managing Virtual Devices with the Android Device Manager

この記事では、Android Device Manager を使って、Android の物理デバイスをエミュレートする Android 仮想デバイス (AVD) を作成し、構成する方法を説明します。仮想デバイスを使うと、物理デバイスがなくてもアプリを実行してテストすることができます。This article explains how to use the Android Device Manager to create and configure Android Virtual Devices (AVDs) that emulate physical Android devices. You can use these virtual devices to run and test your app without having to rely on a physical device.

ハードウェアの高速化が有効になっていることを確認した後は (「エミュレーター パフォーマンスのためのハードウェア高速化」を参照)、Android Device Manager (Xamarin Android Device Manager ともいう) を使って、アプリのテストとデバッグで使用できる仮想デバイスを作成します。After you have verified that hardware acceleration is enabled (as described in Hardware Acceleration for Emulator Performance), the next step is to use the Android Device Manager (also referred to as the Xamarin Android Device Manager) to create virtual devices that you can use to test and debug your app.

Windows 上の Android Device ManagerAndroid Device Manager on Windows

この記事では、Android Device Manager を使って、Android 仮想デバイスを作成、複製、カスタマイズ、起動する方法について説明します。This article explains how to use the Android Device Manager to create, duplicate, customize, and launch Android virtual devices.

Android Device Manager の [Devices](デバイス) タブのスクリーンショットScreenshot of the Android Device Manager in the Devices tab

Android Emulator で実行する Android 仮想デバイス (AVD) を作成および構成するには、Android Device Manager を使います。You use the Android Device Manager to create and configure Android Virtual Devices (AVDs) that run in the Android Emulator. 各 AVD は、物理的な Android デバイスをシミュレートするエミュレーター構成です。Each AVD is an emulator configuration that simulates a physical Android device. これにより、異なる物理 Android デバイスをシミュレートするさまざまな構成でアプリを実行してテストすることができます。This makes it possible to run and test your app in a variety of configurations that simulate different physical Android devices.

必要条件Requirements

Android Device Manager を使用するには、次の項目が必要です。To use the Android Device Manager, you will need the following items:

  • Visual Studio 2017 バージョン 15.8 以降が必要です。Visual Studio 2017 version 15.8 or later is required. Visual Studio Community、Professional、Enterprise Edition がサポートされています。Visual Studio Community, Professional, and Enterprise editions are supported.

  • Visual Studio Tools for Xamarin バージョン 4.9 以降。Visual Studio Tools for Xamarin version 4.9 or later.

  • Android SDK をインストールする必要があります (「Xamarin.Android 向け Android SDK を設定する」を参照してください)。The Android SDK must be installed (see Setting up the Android SDK for Xamarin.Android). Android SDK がまだインストールされていない場合は、既定の場所 (C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk) にインストールします。Be sure to install the Android SDK at its default location if it is not already installed: C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk.

  • (Android SDK Manager を使用して) 次のパッケージをインストールする必要があります。The following packages must be installed (via the Android SDK Manager):

    • Android SDK Tools バージョン 26.1.1 以降Android SDK Tools version 26.1.1 or later
    • Android SDK プラットフォーム ツール 27.0.1 以降Android SDK Platform-Tools 27.0.1 or later
    • Android SDK Build Tools 27.0.3 以降Android SDK Build-Tools 27.0.3 or later
    • Android Emulator 27.2.7 以降。Android Emulator 27.2.7 or later.

    これらのパッケージの状態は、次のスクリーンショットのように [インストール済み] となります。These packages should be displayed with Installed status as seen in the following screenshot:

    Android SDK Tools のインストールInstalling Android SDK Tools

Device Manager の起動Launching the Device Manager

[ツール]、[Android]、[Android Device Manager] の順にクリックし、[ツール] メニューから Android Device Manager を起動します。Launch the Android Device Manager from the Tools menu by clicking Tools > Android > Android Device Manager:

[ツール] メニューから Device Manager を起動するLaunching the Device manager from the Tools menu

起動時に次のエラー ダイアログが表示される場合は、「トラブルシューティング」セクションの回避策の説明をご覧ください。If the following error dialog is presented on launch, see the Troubleshooting section for workaround instructions:

Android SDK インスタンスのエラー ダイアログ

メイン画面Main Screen

Android Device Manager を初めて起動すると、現在構成されているすべての仮想デバイスが画面に表示されます。When you first launch the Android Device Manager, it presents a screen that displays all currently-configured virtual devices. 仮想デバイスごとに名前OS (Android バージョン)、プロセッサメモリ サイズ、および画面の解像度が表示されます。For each virtual device, the Name, OS (Android Version), Processor, Memory size, and screen Resolution are displayed:

インストールされているデバイスの一覧とそれらのパラメーターList of installed devices and their parameters

一覧のデバイスを選択すると、右側に [Start](開始) ボタンが表示されます。When you select a device in the list, the Start button appears on the right. [Start](開始) ボタンをクリックして、この仮想デバイスのエミュレーターを起動できます。You can click the Start button to launch the emulator with this virtual device:

デバイス イメージの [Start](開始) ボタンStart button for a device image

選んだ仮想デバイスでエミュレーターが開始した後、[Start](開始) ボタンは [Stop](停止) ボタンに変わり、このボタンを使ってエミュレーターを停止できます。After the emulator starts with the selected virtual device, the Start button changes to a Stop button that you can use to halt the emulator:

実行中のデバイスの [Stop](停止) ボタンStop button for the running device

新しいデバイスNew Device

新しいデバイスを作成するには、[New](新規) ボタン (画面の右上にあります) をクリックします。To create a new device, click the New button (located in the upper right-hand area of the screen):

新しいデバイスを作成するための [New](新規) ボタンNew button for creating a new device

[New](新規) をクリックすると、[New Device](新しいデバイス) 画面が表示されます。Clicking New launches the New Device screen:

Device Manager の [New Device](新しいデバイス) 画面New Device screen of the Device Manager

[New Device](新しいデバイス) 画面で新しいデバイスを構成するには、次の手順のようにします。To configure a new device in the New Device screen, use the following steps:

  1. デバイスの新しい名前を指定します。Give the device a new name. 次の例では、新しいデバイスに「Pixel_API_27」という名前を指定しています。In the following example, the new device is named Pixel_API_27:

    新しいデバイスの名前の指定Naming the new device

  2. [Base Device](ベース デバイス) プルダウン メニューをクリックして、エミュレートする物理デバイスを選びます。Select a physical device to emulate by clicking the Base Device pull-down menu:

    エミュレートする物理デバイスの選択Selecting the physical device to emulate

  3. [Processor](プロセッサ) プルダウン メニューをクリックして、この仮想デバイスのプロセッサの種類を選択します。Select a processor type for this virtual device by clicking the Processor pull-down menu. [x86] を選択すると、エミュレーターでハードウェア高速化を使用できるので最高のパフォーマンスを達成できます。Selecting x86 will provide the best performance because it enables the emulator to take advantage of hardware acceleration. [x86_64] オプションでもハードウェア高速化を利用しますが、[x86] よりやや遅くなります ([x86_64] は通常 64 ビット アプリのテストに使用されます)。The x86_64 option will also make use of hardware acceleration, but it runs slightly slower than x86 (x86_64 is normally used for testing 64-bit apps):

    プロセッサの種類の選択Selecting the processor type

  4. [OS] プルダウン メニューをクリックして Android バージョン (API レベル) を選択します。Select the Android version (API level) by clicking the OS pull-down menu. たとえば、API レベル 27 の仮想デバイスを作成するには、[Oreo 8.1 - API 27] を選択します。For example, select Oreo 8.1 - API 27 to create a virtual device for API level 27:

    Android バージョンの選択Selecting the Android version

    まだインストールされていない Android API レベルを選択すると、Device Manager の画面の下部に "A new device will be downloaded" (新しいデバイスがダウンロードされます) というメッセージが表示されます。必要なファイルをダウンロードしてインストールします。これで新しい仮想デバイスが作成されます。If you select an Android API level that has not yet been installed, the Device Manager will display A new device will be downloaded message at the bottom of the screen – it will download and install the necessary files as it creates the new virtual device:

    新しいデバイス イメージがダウンロードされます。

  5. 仮想デバイスに Google Play 開発者サービス API を含める場合は、[Google API] オプションを有効にします。If you want to include Google Play Services APIs in your virtual device, enable the Google APIs option. Google Play ストア アプリを含めるには、[Google Play Store](Google Play ストア) オプションを有効にします。To include the Google Play Store app, enable the Google Play Store option:

    Google Play 開発者サービスと Google Play ストアの選択Selecting Google Play Services and Google Play Store

    Google Play ストアのイメージは、Pixel、Pixel 2、Nexus 5、Nexus 5 X などの一部の基本デバイスの種類でのみ使用できる点に注意してください。Note that Google Play Store images are available only for some base device types such as Pixel, Pixel 2, Nexus 5, and Nexus 5X.

  6. 変更する必要のあるプロパティを編集します。Edit any properties that you need to modify. プロパティを変更する場合は、「Android 仮想デバイス プロパティの編集」を参照してください。To make changes to properties, see Editing Android Virtual Device Properties.

  7. 明示的に設定する必要がある他のプロパティを追加します。Add any additional properties that you need to explicitly set. [New Device](新しいデバイス) 画面には最もよく変更されるプロパティのみが表示されていますが、[Add Property](プロパティの追加) プルダウン メニュー (下部) をクリックしてプロパティを追加できます。The New Device screen lists only the most commonly-modified properties, but you can click the Add Property pull-down menu (at the bottom) to add additional properties:

    [Add Property](プロパティの追加) プルダウン メニューAdd Property pull-down menu

    また、プロパティ一覧の上部にある [Custom...](カスタム) を選択してカスタム プロパティを定義することもできます。You can also define a custom property by selecting Custom... at the top of the property list.

  8. 新しいデバイスを作成するには、[Create](作成) ボタン (右下隅) をクリックします。Click the Create button (lower right-hand corner) to create the new device:

    [Create](作成) ボタンCreate button

  9. [ライセンスの同意] 画面が表示される場合があります。You might get a License Acceptance screen. ライセンス条項に同意する場合は、[Accept](同意する) をクリックします。Click Accept if you agree to the license terms:

    [License Acceptance](ライセンスの同意) 画面License Acceptance screen

  10. Android Device Manager により、インストールされている仮想デバイスのリストに新しいデバイスが追加されます。デバイスが作成されている間は、[Creating](作成中) という進行状況のインジケーターが表示されます。The Android Device Manager adds the new device to the list of installed virtual devices while displaying a Creating progress indicator during device creation:

    作成進行状況インジケーターCreation progress Indicator

  11. 作成プロセスが完了すると、新しいデバイスがインストール済み仮想デバイスのリストに [Start](開始) ボタンと共に表示され、起動できる状態になります。When the creation process is complete, the new device is shown in the list of installed virtual devices with a Start button, ready to launch:

    起動できる状態の新しく作成されたデバイスNewly-created device ready to launch

デバイスの編集Edit Device

既存の仮想デバイスを編集するには、デバイスを選んで、[Edit](編集) ボタン (画面の右上隅にあります) をクリックします。To edit an existing virtual device, select the device and click the Edit button (located in the upper right-hand corner of the screen):

デバイスを変更するための [Edit](編集) ボタンEdit button for modifying a device

[Edit](編集) をクリックすると、選んだ仮想デバイスのデバイス エディターが起動します。Clicking Edit launches the Device Editor for the selected virtual device:

デバイス エディター画面Device Editor screen

[Device Editor](デバイス エディター) 画面では、[Property](プロパティ) 列に仮想デバイスのプロパティが一覧表示され、[Value](値) 列に各プロパティの対応する値が表示されます。The Device Editor screen lists the properties of the virtual device under the Property column, with the corresponding values of each property in the Value column. プロパティを選ぶと、そのプロパティの詳しい説明が右側に表示されます。When you select a property, a detailed description of that property is displayed on the right.

プロパティを変更するには、[Value](値) 列の値を編集します。To change a property, edit its value in the Value column. たとえば、次のスクリーンショットでは、hw.lcd.density プロパティを 480 から 240 に変更しています。For example, in the following screenshot the hw.lcd.density property is being changed from 480 to 240:

デバイスの編集の例Device Editing example

必要な構成の変更を行った後、[Save](保存) ボタンをクリックします。After you have made the necessary configuration changes, click the Save button. 仮想デバイス プロパティの変更の詳細については、「Android 仮想デバイス プロパティの編集」を参照してください。For more information about changing virtual device properties, see Editing Android Virtual Device Properties.

その他のオプションAdditional Options

右上隅の [Additional Options](その他のオプション) (…) プルダウン メニューから、デバイスの操作に関するその他のオプションを指定できます。Additional options for working with devices are available from the Additional Options (…) pull-down menu in the upper right-hand corner:

その他のオプション メニューの場所Location of additional options menu

その他のオプションのメニューには、次の項目が含まれます。The additional options menu contains the following items:

  • [Duplicate and Edit](複製して編集) – 現在選ばれているデバイスを複製し、異なる一意名を付けて [New Device](新しいデバイス) 画面で開きます。Duplicate and Edit – Duplicates the currently-selected device and opens it in the New Device screen with a different unique name. たとえば、[Pixel_API_27] を選択し、[Duplicate and Edit](複製して編集) をクリックすると、名前にカウンターが追加されます。For example, selecting Pixel_API_27 and clicking Duplicate and Edit appends a counter to the name:

    [Duplicate and Edit](複製して編集) 画面Duplicate and Edit screen

  • [Reveal in Explorer](エクスプローラーで表示) – 仮想デバイスのファイルが含まれるフォルダーを、Windows のエクスプローラー ウィンドウで開きます。Reveal in Explorer – Opens a Windows Explorer window in the folder that holds the files for the virtual device. たとえば、[Pixel_API_27] を選択し、[Reveal in Explorer](エクスプローラーで表示) をクリックすると、次の例のようなウィンドウが開きます。For example, selecting Pixel_API_27 and clicking Reveal in Explorer opens a window like the following example:

    [Reveal in Explorer](エクスプローラーで表示) をクリックした結果Results of clicking Reveal in Explorer

  • [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) – 選んだデバイスを既定の設定にリセットし、デバイスの実行中にユーザーが行ったデバイスの内部状態に対する変更を消去します (存在する場合は、現在のクイック ブートのスナップショットも消去されます)。Factory Reset – Resets the selected device to its default settings, erasing any user changes made to the internal state of the device while it was running (this also erases the current Quick Boot snapshot, if any). 仮想デバイスを作成または編集するときに行った変更は消去されません。This change does not alter modifications that you make to the virtual device during creation and editing. このリセットは元に戻すことができないという警告がダイアログ ボックスに表示されます。A dialog box will appear with the reminder that this reset cannot be undone. [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) をクリックしてリセットを確定します。Click Factory Reset to confirm the reset:

    [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) ダイアログ

  • [Delete](削除) – 選んだ仮想デバイスを完全に削除します。Delete – Permanently deletes the selected virtual device. デバイスの削除は元に戻すことができないという警告がダイアログ ボックスに表示されます。A dialog box will appear with the reminder that deleting a device cannot be undone. [Delete](削除) をクリックして、デバイスを削除することを確認します。Click Delete if you are certain that you want to delete the device.

    [Delete device](デバイスの削除) ダイアログ

macOS 上の Android Device ManagerAndroid Device Manager on macOS

この記事では、Android Device Manager を使って、Android 仮想デバイスを作成、複製、カスタマイズ、起動する方法について説明します。This article explains how to use the Android Device Manager to create, duplicate, customize, and launch Android virtual devices.

Android Device Manager の [Devices](デバイス) タブのスクリーンショットScreenshot of the Android Device Manager in the Devices tab

注意

このガイドは、Visual Studio for Mac のみに該当します。This guide applies only to Visual Studio for Mac. Xamarin Studio は Android Device Manager と互換性がありません。Xamarin Studio is incompatible with the Android Device Manager.

Android Emulator で実行する Android 仮想デバイス (AVD) を作成および構成するには、Android Device Manager を使います。You use the Android Device Manager to create and configure Android Virtual Devices (AVDs) that run in the Android Emulator. 各 AVD は、物理的な Android デバイスをシミュレートするエミュレーター構成です。Each AVD is an emulator configuration that simulates a physical Android device. これにより、異なる物理 Android デバイスをシミュレートするさまざまな構成でアプリを実行してテストすることができます。This makes it possible to run and test your app in a variety of configurations that simulate different physical Android devices.

必要条件Requirements

Android Device Manager を使用するには、次の項目が必要です。To use the Android Device Manager, you will need the following items:

  • Visual Studio for Mac 7.6 以降。Visual Studio for Mac 7.6 or later.

  • Android SDK をインストールする必要があります (「Xamarin.Android 向け Android SDK を設定する」を参照してください)。The Android SDK must be installed (see Setting up the Android SDK for Xamarin.Android).

  • (Android SDK Manager を使用して) 次のパッケージをインストールする必要があります。The following packages must be installed (via the Android SDK Manager):

    • SDK Tools バージョン 26.1.1 以降SDK tools version 26.1.1 or later
    • Android SDK Platform-Tools 28.0.1 以降Android SDK Platform-Tools 28.0.1 or later
    • Android SDK Build-Tools 26.0.3 以降Android SDK Build-Tools 26.0.3 or later

    これらのパッケージの状態は、次のスクリーンショットのように [インストール済み] となります。These packages should be displayed with Installed status as seen in the following screenshot:

    Android SDK Tools のインストールInstalling Android SDK Tools

Device Manager の起動Launching the Device Manager

[ツール]、[デバイス マネージャー] の順にクリックし、Android Device Manager を起動します。Launch the Android Device Manager by clicking Tools > Device Manager:

[ツール] メニューから Device Manager を起動するLaunching the Device manager from the Tools menu

起動時に次のエラー ダイアログが表示される場合は、「トラブルシューティング」セクションの回避策の説明をご覧ください。If the following error dialog is presented on launch, see the Troubleshooting section for workaround instructions:

Android SDK インスタンスのエラー ダイアログ

メイン画面Main Screen

Android Device Manager を初めて起動すると、現在構成されているすべての仮想デバイスが画面に表示されます。When you first launch the Android Device Manager, it presents a screen that displays all currently-configured virtual devices. 仮想デバイスごとに名前OS (Android バージョン)、プロセッサメモリ サイズ、および画面の解像度が表示されます。For each virtual device, the Name, OS (Android Version), Processor, Memory size, and screen Resolution are displayed:

インストールされているデバイスの一覧とそれらのパラメーターList of installed devices and their parameters

一覧のデバイスを選択すると、右側に [Play](再生) ボタンが表示されます。When you select a device in the list, the Play button appears on the right. [Play](再生) ボタンをクリックして、この仮想デバイスのエミュレーターを起動できます。You can click the Play button to launch the emulator with this virtual device:

デバイス イメージの [Play](再生) ボタンPlay button for a device image

選んだ仮想デバイスでエミュレーターが開始した後、[Play](再生) ボタンは [Stop](停止) ボタンに変わり、このボタンを使ってエミュレーターを停止できます。After the emulator starts with the selected virtual device, the Play button changes to a Stop button that you can use to halt the emulator:

実行中のデバイスの [Stop](停止) ボタンStop button for the running device

エミュレーターを停止するときに、次のクイック ブートのために現在の状態を保存するかどうかを確認するプロンプトが表示されることがあります。When you stop the emulator, you may get a prompt asking if you want to save the current state for the next quick boot:

クイック ブートのために現在の状態を保存するダイアログ

現在の状態を保存すると、この仮想デバイスが再び起動されたときにエミュレーターの起動が速くなります。Saving the current state will make the emulator boot faster when this virtual device is launched again. クイック ブートの詳細については、「クイック ブート」を参照してください。For more information about Quick Boot, see Quick Boot.

新しいデバイスNew Device

新しいデバイスを作成するには、[New Device](新しいデバイス) ボタン (画面の左上にあります) をクリックします。To create a new device, click the New Device button (located in the upper left-hand area of the screen):

新しいデバイスを作成するための [New](新規) ボタンNew button for creating a new device

[New Device](新しいデバイス) をクリックすると、[New Device](新しいデバイス) 画面が表示されます。Clicking New Device launches the New Device screen:

Device Manager の [New Device](新しいデバイス) 画面New Device screen of the Device Manager

[New Device](新しいデバイス) 画面で新しいデバイスを構成するには、次の手順のようにします。Use the following steps to configure a new device in the New Device screen:

  1. デバイスの新しい名前を指定します。Give the device a new name. 次の例では、新しいデバイスに「Pixel_API_27」という名前を指定しています。In the following example, the new device is named Pixel_API_27:

    新しいデバイスの名前の指定Naming the new device

  2. [Base Device](ベース デバイス) プルダウン メニューをクリックして、エミュレートする物理デバイスを選びます。Select a physical device to emulate by clicking the Base Device pull-down menu:

    エミュレートする物理デバイスの選択Selecting the physical device to emulate

  3. [Processor](プロセッサ) プルダウン メニューをクリックして、この仮想デバイスのプロセッサの種類を選択します。Select a processor type for this virtual device by clicking the Processor pull-down menu. [x86] を選択すると、エミュレーターでハードウェア高速化を使用できるので最高のパフォーマンスを達成できます。Selecting x86 will provide the best performance because it enables the emulator to take advantage of hardware acceleration. [x86_64] オプションでもハードウェア高速化を利用しますが、[x86] よりやや遅くなります ([x86_64] は通常 64 ビット アプリのテストに使用されます)。The x86_64 option will also make use of hardware acceleration, but it runs slightly slower than x86 (x86_64 is normally used for testing 64-bit apps):

    プロセッサの種類の選択Selecting the processor type

  4. [OS] プルダウン メニューをクリックして Android バージョン (API レベル) を選択します。Select the Android version (API level) by clicking the OS pull-down menu. たとえば、API レベル 27 の仮想デバイスを作成するには、[Oreo 8.1 - API 27] を選択します。For example, select Oreo 8.1 - API 27 to create a virtual device for API level 27:

    Android バージョンの選択Selecting the Android version

    まだインストールされていない Android API レベルを選択すると、Device Manager の画面の下部に "A new device will be downloaded" (新しいデバイスがダウンロードされます) というメッセージが表示されます。必要なファイルをダウンロードしてインストールします。これで新しい仮想デバイスが作成されます。If you select an Android API level that has not yet been installed, the Device Manager will display A new device will be downloaded message at the bottom of the screen – it will download and install the necessary files as it creates the new virtual device:

    新しいデバイス イメージがダウンロードされます。

  5. 仮想デバイスに Google Play 開発者サービス API を含める場合は、[Google API] オプションを有効にします。If you want to include Google Play Services APIs in your virtual device, enable the Google APIs option. Google Play ストア アプリを含めるには、[Google Play Store](Google Play ストア) オプションを有効にします。To include the Google Play Store app, enable the Google Play Store option:

    Google Play 開発者サービスと Google Play ストアの選択Selecting Google Play Services and Google Play Store

    Google Play ストアのイメージは、Pixel、Pixel 2、Nexus 5、Nexus 5 X などの一部の基本デバイスの種類でのみ使用できる点に注意してください。Note that Google Play Store images are available only for some base device types such as Pixel, Pixel 2, Nexus 5, and Nexus 5X.

  6. 変更する必要のあるプロパティを編集します。Edit any properties that you need to modify. プロパティを変更する場合は、「Android 仮想デバイス プロパティの編集」を参照してください。To make changes to properties, see Editing Android Virtual Device Properties.

  7. 明示的に設定する必要がある他のプロパティを追加します。Add any additional properties that you need to explicitly set. [New Device](新しいデバイス) 画面には最もよく変更されるプロパティのみが表示されていますが、[Add Property](プロパティの追加) プルダウン メニュー (下部) をクリックしてプロパティを追加できます。The New Device screen lists only the most commonly-modified properties, but you can click the Add Property pull-down menu (at the bottom) to add additional properties:

    [Add Property](プロパティの追加) プルダウン メニューAdd Property pull-down menu

    また、このプロパティ一覧の上部にある [Custom...](カスタム) をクリックしてカスタム プロパティを定義することもできます。You can also define a custom property by clicking Custom... at the top of this property list.

  8. 新しいデバイスを作成するには、[Create](作成) ボタン (右下隅) をクリックします。Click the Create button (lower right-hand corner) to create the new device:

    [Create](作成) ボタン

  9. Android Device Manager により、インストールされている仮想デバイスのリストに新しいデバイスが追加されます。デバイスが作成されている間は、[Creating](作成中) という進行状況のインジケーターが表示されます。The Android Device Manager adds the new device to the list of installed virtual devices while displaying a Creating progress indicator during device creation:

    作成進行状況インジケーターCreation progress indictator

  10. 作成プロセスが完了すると、新しいデバイスがインストール済み仮想デバイスのリストに [Start](開始) ボタンと共に表示され、起動できる状態になります。When the creation process is complete, the new device is shown in the list of installed virtual devices with a Start button, ready to launch:

    起動できる状態の新しく作成されたデバイスNewly-created device ready to launch

デバイスの編集Edit Device

既存の仮想デバイスを編集するには、[Additional Options](追加オプション) プルダウン メニュー (歯車アイコン) を選んで、[Edit](編集) を選びます。To edit an existing virtual device, select the Additional Options pull-down menu (gear icon) and select Edit:

新しいデバイスを変更するための [Edit](編集) メニュー選択Edit menu selection for modifying a new device

[Edit](編集) をクリックすると、選んだ仮想デバイスのデバイス エディターが起動します。Clicking Edit launches the Device Editor for the selected virtual device:

デバイス エディター画面Device Editor screen

[Device Editor](デバイス エディター) 画面では、[Property](プロパティ) 列に仮想デバイスのプロパティが一覧表示され、[Value](値) 列に各プロパティの対応する値が表示されます。The Device Editor screen lists the properties of the virtual device under the Property column, with the corresponding values of each property in the Value column. プロパティを選ぶと、そのプロパティの詳しい説明が右側に表示されます。When you select a property, a detailed description of that property is displayed on the right.

プロパティを変更するには、[Value](値) 列の値を編集します。To change a property, edit its value in the Value column. たとえば、次のスクリーンショットでは、hw.lcd.density プロパティを 480 から 240 に変更しています。For example, in the following screenshot the hw.lcd.density property is being changed from 480 to 240:

デバイスの編集の例Device Editing example

必要な構成の変更を行った後、[Save](保存) ボタンをクリックします。After you have made the necessary configuration changes, click the Save button. 仮想デバイス プロパティの変更の詳細については、「Android 仮想デバイス プロパティの編集」を参照してください。For more information about changing virtual device properties, see Editing Android Virtual Device Properties.

その他のオプションAdditional Options

デバイスの操作に関するその他のオプションを、[Play](再生) ボタンの左側にあるプルダウン メニューから指定できます。Additional options for working with a device are available from the pull-down menu located to the left of the Play button:

その他のオプション メニューの場所Location of additional options menu

その他のオプションのメニューには、次の項目が含まれます。The additional options menu contains the following items:

  • [Edit](編集) – 前述のとおり、現在選ばれているデバイスがデバイス エディターで開かれます。Edit – Opens the currently-selected device in the device editor as described earlier.

  • [Duplicate and Edit](複製して編集) – 現在選ばれているデバイスを複製し、異なる一意名を付けて [New Device](新しいデバイス) 画面で開きます。Duplicate and Edit – Duplicates the currently-selected device and opens it in the New Device screen with a different unique name. たとえば、[Pixel 2 API 28] を選択し、[Duplicate and Edit](複製して編集) をクリックすると、名前にカウンターが追加されます。For example, selecting Pixel 2 API 28 and clicking Duplicate and Edit appends a counter to the name:

    [Duplicate and Edit](複製して編集) 画面Duplicate and Edit screen

  • [Reveal in Finder](ファインダーで表示) – 仮想デバイスのファイルが含まれるフォルダーを、macOS のファインダー ウィンドウで開きます。Reveal in Finder – Opens a macOS Finder window in the folder that holds the files for the virtual device. たとえば、[Pixel 2 API 28] を選択し、[Reveal in Explorer](エクスプローラーで表示) をクリックすると、次の例のようなウィンドウが開きます。For example, selecting Pixel 2 API 28 and clicking Reveal in Finder opens a window like the following example:

    [Reveal in Finder](Finder で表示) をクリックした結果Results of clicking Reveal in Finder

  • [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) – 選んだデバイスを既定の設定にリセットし、デバイスの実行中にユーザーが行ったデバイスの内部状態に対する変更を消去します (存在する場合は、現在のクイック ブートのスナップショットも消去されます)。Factory Reset – Resets the selected device to its default settings, erasing any user changes made to the internal state of the device while it was running (this also erases the current Quick Boot snapshot, if any). 仮想デバイスを作成または編集するときに行った変更は消去されません。This change does not alter modifications that you make to the virtual device during creation and editing. このリセットは元に戻すことができないという警告がダイアログ ボックスに表示されます。A dialog box will appear with the reminder that this reset cannot be undone. [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) をクリックしてリセットを確定します。Click Factory Reset to confirm the reset.

    [Factory Reset](出荷時の設定にリセット) ダイアログ

  • [Delete](削除) – 選んだ仮想デバイスを完全に削除します。Delete – Permanently deletes the selected virtual device. デバイスの削除は元に戻すことができないという警告がダイアログ ボックスに表示されます。A dialog box will appear with the reminder that deleting a device cannot be undone. [Delete](削除) をクリックして、デバイスを削除することを確認します。Click Delete if you are certain that you want to delete the device.

    [Delete device](デバイスの削除) ダイアログ


トラブルシューティングTroubleshooting

次のセクションでは、Android Device Manager を使用して仮想デバイスを構成するときに発生する可能性のある問題を診断して回避する方法について説明します。The following sections explain how to diagnose and work around problems that may occur when using the Android Device Manager to configure virtual devices.

標準以外の場所にある Android SDKAndroid SDK in Non-Standard Location

通常、Android SDK は次の場所にインストールされます。Typically, the Android SDK is installed at the following location:

C:\Program Files (x86)\Android\android-sdkC:\Program Files (x86)\Android\android-sdk

SDK がこの場所にインストールされていない場合、Android Device Manager の起動時に次のエラーが発生する可能性があります。If the SDK is not installed at this location, you may get this error when you launch the Android Device Manager:

Android SDK インスタンスのエラー

この問題を回避するには、次の手順を実行します。To work around this problem, use the following steps:

  1. Windows デスクトップから、C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\XamarinDeviceManager に移動します。From the Windows desktop, navigate to C:\Users\username\AppData\Roaming\XamarinDeviceManager:

    Android Device Manager のログ ファイルの場所

  2. いずれかのログ ファイルをダブルクリックして開き、構成ファイルのパスを調べます。Double-click to open one of the log files and locate the Config file path. 例:For example:

    ログ ファイルでの構成ファイルのパスConfig file path in log file

  3. この場所に移動し、user.config をダブルクリックして開きます。Navigate to this location and double-click user.config to open it.

  4. user.config<UserSettings> 要素を探し、それに AndroidSdkPath 属性を追加します。In user.config, locate the <UserSettings> element and add an AndroidSdkPath attribute to it. Android SDK がインストールされているコンピューター上のパスをこの属性に設定し、ファイルを保存します。Set this attribute to the path where the Android SDK is installed on your computer and save the file. たとえば、Android SDK が C:\Programs\Android\SDK にインストールされている場合、<UserSettings> は次のようになります。For example, <UserSettings> would look like the following if the Android SDK was installed at C:\Programs\Android\SDK:

    <UserSettings SdkLibLastWriteTimeUtcTicks="636409365200000000" AndroidSdkPath="C:ProgramsAndroidSDK" />
    

user.config をこのように変更すると、Android Device Manager を起動できるようになります。After making this change to user.config, you should be able to launch the Android Device Manager.

不適切なバージョンの Android SDK ToolsWrong Version of Android SDK Tools

Android SDK Tools 26.1.1 以降がインストールされていない場合、起動時に次のエラー ダイアログが表示されることがあります。If Android SDK tools 26.1.1 or later is not installed, you may see this error dialog on launch:

Android SDK インスタンスのエラー ダイアログ

このエラー ダイアログが表示された場合は、[SDK マネージャーを開く] をクリックして Android SDK Manager を開きます。If you see this error dialog, click Open SDK Manager to open the Android SDK Manager. Android SDK Manager で、[ツール] タブをクリックして、以下のパッケージをインストールします。In the Android SDK Manager, click the Tools tab and install the following packages:

  • Android SDK Tools 26.1.1 以降Android SDK Tools 26.1.1 or later
  • Android SDK プラットフォーム ツール 27.0.1 以降Android SDK Platform-Tools 27.0.1 or later
  • Android SDK Build Tools 27.0.3 以降Android SDK Build-Tools 27.0.3 or later

スナップショットによって Android Oreo の WiFi が無効になるSnapshot disables WiFi on Android Oreo

Android Oreo 用に構成された AVD で Wi-Fi アクセスをシミュレートしている場合、スナップショットの後で AVD を再起動すると、Wi-Fi アクセスが無効になる場合があります。If you have an AVD configured for Android Oreo with simulated Wi-Fi access, restarting the AVD after a snapshot may cause Wi-Fi access to become disabled.

この問題を回避するには、次のようにします。To work around this problem,

  1. Android Device Manager で AVD を選びます。Select the AVD in the Android Device Manager.

  2. 追加のオプション メニューから、[エクスプローラーで表示します] をクリックします。From the additional options menu, click Reveal in Explorer.

  3. snapshots > default_boot に移動します。Navigate to snapshots > default_boot.

  4. snapshot.pb ファイルを削除します。Delete the snapshot.pb file:

    snapshot.pb ファイルの場所

  5. AVD を再起動します。Restart the AVD.

これらの変更を行った後は、AVD は Wi-Fi が再び機能する状態で再起動します。After these changes are made, the AVD will restart in a state that allows Wi-Fi to work again.

バグ報告の生成Generating a Bug Report

上記のトラブルシューティングのヒントで解決できない問題が Android Device Manager で見つかった場合は、タイトル バーを右クリックし、[Generate Bug Report](バグ報告の生成) を選択して、バグ報告を提出してください。If you find a problem with the Android Device Manager that cannot be resolved using the above troubleshooting tips, please file a bug report by right-clicking the title bar and selecting Generate Bug Report:

バグ報告の提出に関するメニュー項目の場所Location of menu item for filing a bug report

まとめSummary

このガイドでは、Visual Studio Tools for Xamarin and および Visual Studio for Mac で利用できる Android Device Manager について紹介しました。This guide introduced the Android Device Manager available in Visual Studio Tools for Xamarin and and Visual Studio for Mac. Android エミュレーターの開始と停止、実行する Android 仮想デバイス (AVD) の選択、仮想デバイスの編集方法などの、重要な機能について説明しました。It explained essential features such as starting and stopping the Android emulator, selecting an Android virtual device (AVD) to run, creating new virtual devices, and how to edit a virtual device. さらにカスタマイズを行うためのハードウェア プロファイル プロパティの編集方法について説明し、一般的な問題のトラブルシューティングのヒントを提供しました。It explained how to edit profile hardware properties for further customization, and it provided troubleshooting tips for common problems.