Android 仮想デバイス プロパティの編集Editing Android Virtual Device Properties

この記事では、Android Device Manager を使用して Android 仮想デバイスのプロファイル プロパティを編集する方法について説明します。This article explains how to use the Android Device Manager to edit the profile properties of an Android virtual device.

Windows 上の Android Device ManagerAndroid Device Manager on Windows

Android Device Manager では、個々の Android 仮想デバイスのプロファイル プロパティの編集がサポートされます。The Android Device Manager supports the editing of individual Android virtual device profile properties. [New Device](新しいデバイス) 画面と [Device Edit](デバイスの編集) 画面では、最初の列に仮想デバイスのプロパティがリストされ、2 番目の列に各プロパティの対応する値が示されます (以下の例を参照)。The New Device and Device Edit screens list the properties of the virtual device in the first column, with the corresponding values of each property in the second column (as seen in this example):

[New Device](新しいデバイス) 画面の例Example New Device screen

プロパティを選ぶと、そのプロパティの詳しい説明が右側に表示されます。When you select a property, a detailed description of that property is displayed on the right. ハードウェア プロファイルのプロパティAVD のプロパティ を変更することができます。You can modify hardware profile properties and AVD properties. ハードウェア プロファイルのプロパティ (hw.ramSizehw.accelerometer など) では、エミュレートされたデバイスの物理的な特性が記述されています。Hardware profile properties (such as hw.ramSize and hw.accelerometer) describe the physical characteristics of the emulated device. このような特性としては、画面のサイズ、使用可能な RAM の量、加速度計が存在するかどうか、などがあります。These characteristics include screen size, the amount of available RAM, whether or not an accelerometer is present. AVD のプロパティでは、実行時の AVD の動作が指定されています。AVD properties specify the operation of the AVD when it runs. たとえば、AVD のプロパティを構成して、AVD がレンダリングに開発用コンピューターのグラフィックス カードを使う方法を指定することができます。For example, AVD properties can be configured to specify how the AVD uses your development computer's graphics card for rendering.

次のようにしてプロパティを変更できます。You can change properties by using the following guidelines:

  • ブール型のプロパティを変更するには、プロパティの右側にあるチェック マークをクリックします。To change a boolean property, click the check mark to the right of the boolean property:

    ブール型プロパティの変更

  • enum (列挙) 型のプロパティを変更するには、プロパティの右側にある下向き矢印をクリックして、新しい値を選びます。To change an enum (enumerated) property, click the down-arrow to the right of the property and choose a new value.

    列挙型プロパティの変更

  • 文字列型または整数型のプロパティを変更するには、値の列で現在の文字列または整数の設定をダブルクリックし、新しい値を入力します。To change a string or integer property, double-click the current string or integer setting in the value column and enter a new value.

    整数型プロパティの変更

macOS 上の Android Device ManagerAndroid Device Manager on macOS

Android Device Manager では、個々の Android 仮想デバイスのプロファイル プロパティの編集がサポートされます。The Android Device Manager supports the editing of individual Android virtual device profile properties. [New Device](新しいデバイス) 画面と [Device Edit](デバイスの編集) 画面では、最初の列に仮想デバイスのプロパティがリストされ、2 番目の列に各プロパティの対応する値が示されます (以下の例を参照)。The New Device and Device Edit screens list the properties of the virtual device in the first column, with the corresponding values of each property in the second column (as seen in this example):

[New Device](新しいデバイス) 画面の例Example New Device screen

プロパティを選ぶと、そのプロパティの詳しい説明が右側に表示されます。When you select a property, a detailed description of that property is displayed on the right. ハードウェア プロファイルのプロパティAVD のプロパティ を変更することができます。You can modify hardware profile properties and AVD properties. ハードウェア プロファイルのプロパティ (hw.ramSizehw.accelerometer など) では、エミュレートされたデバイスの物理的な特性が記述されています。Hardware profile properties (such as hw.ramSize and hw.accelerometer) describe the physical characteristics of the emulated device. このような特性としては、画面のサイズ、使用可能な RAM の量、加速度計が存在するかどうか、などがあります。These characteristics include screen size, the amount of available RAM, whether or not an accelerometer is present. AVD のプロパティでは、実行時の AVD の動作が指定されています。AVD properties specify the operation of the AVD when it runs. たとえば、AVD のプロパティを構成して、AVD がレンダリングに開発用コンピューターのグラフィックス カードを使う方法を指定することができます。For example, AVD properties can be configured to specify how the AVD uses your development computer's graphics card for rendering.

次のようにしてプロパティを変更できます。You can change properties by using the following guidelines:

  • ブール型のプロパティを変更するには、プロパティの右側にあるチェック マークをクリックします。To change a boolean property, click the check mark to the right of the boolean property:

    ブール型プロパティの変更

  • enum (列挙) 型のプロパティを変更するには、プロパティの右側にあるプルダウン メニューをクリックして、新しい値を選びます。To change an enum (enumerated) property, click the pull-down menu to the right of the property and choose a new value.

    列挙型プロパティの変更

  • 文字列型または整数型のプロパティを変更するには、値の列で現在の文字列または整数の設定をダブルクリックし、新しい値を入力します。To change a string or integer property, double-click the current string or integer setting in the value column and enter a new value.

    整数型プロパティの変更

次の表では、 [New Device](新しいデバイス) 画面およびデバイス エディター画面に一覧表示されるプロパティについて詳しく説明します。The following table provides a detailed explanation of the properties listed in the New Device and Device Editor screens:

プロパティProperty 説明Description オプションOptions
abi.type ABI の種類 – エミュレートされたデバイスの ABI (アプリケーション バイナリ インターフェイス) の種類を指定します。ABI type – Specifies the ABI (application binary interface) type of the emulated device. x86 オプションは、一般に "x86" または "IA-32" と呼ばれる命令セット用です。The x86 option is for the instruction set commonly referred to as "x86" or "IA-32." x86_64 オプションは、64 ビットの x86 命令セット用です。The x86_64 option is for the 64-bit x86 instruction set. armeabi-v7a オプションは、v7-a ARM 拡張機能を持つ ARM 命令セット用です。The armeabi-v7a option is for the ARM instruction set with v7-a ARM extensions. arm64-v8a オプションは、AArch64 をサポートする ARM 命令セット用です。The arm64-v8a option is for the ARM instruction set that supports AArch64. x86、x86_64、armeabi-v7a、arm64-v8ax86, x86_64, armeabi-v7a, arm64-v8a
disk.cachePartition キャッシュ パーティション – エミュレートされたデバイスがそのデバイス上で /cache パーティションを使用するかどうかを判別します。Cache partition – Determines whether the emulated device will use a /cache partition on the device. /cache パーティション (最初は空) は、頻繁にアクセスされるデータとアプリ コンポーネントが Android によって格納される場所です。The /cache partition (which is initially empty) is the location where Android stores frequently accessed data and app components. no に設定されている場合、エミュレーターは /cache パーティションを使用せず、その他の disk.cache 設定は無視されます。If set to no, the emulator will not use a /cache partition and the other disk.cache settings will be ignored. yes、noyes, no
disk.cachePartition.path キャッシュ パーティション パス – 開発用コンピューター上にあるキャッシュ パーティション イメージ ファイルを指定します。Cache partition path – Specifies a cache partition image file on your development computer. エミュレーターは、 /cache パーティションに対してこのファイルを使用します。The emulator will use this file for the /cache partition. エミュレーターの data ディレクトリへの絶対パスまたは相対パスを入力します。Enter an absolute path or a path relative to the emulator's data directory. 設定されていない場合、エミュレーターによって、開発用コンピューター上に cache.img という空の一時ファイルが作成されます。If not set, the emulator creates an empty temporary file called cache.img on your development computer. ファイルが存在しない場合は、空のファイルとして作成されます。If the file does not exist, it is created as an empty file. disk.cachePartitionno に設定している場合はこのオプションは無視されます。This option is ignored if disk.cachePartition is set to no.
disk.cachePartition.size キャッシュ パーティション サイズ – キャッシュ パーティション ファイルのサイズ (バイト単位)。Cache partition size – The size of the cache partition file (in bytes). 通常は、既定のキャッシュ サイズである 66 メガバイトを超える非常に大きなファイルをアプリがダウンロードする場合を除き、このオプションを設定する必要はありません。Normally you do not need to set this option unless the app will be downloading very large files that are larger than the default cache size of 66 megabytes. disk.cachePartitionno に設定している場合はこのオプションは無視されます。This option is ignored if disk.cachePartition is set to no. この値が整数の場合は、バイト単位でサイズが指定されます。If this value is an integer, it specifies the size in bytes. 値に KMG を追加することで、キロバイト、メガバイト、ギガバイト単位でサイズを指定することもできます。You can also specify the size in kilobytes, megabytes, and gigabytes by appending K, M, or G to the value. 最小サイズは 9 M で、最大サイズは 1023 G です。The minimum size is 9M and the maximum size is 1023G.
disk.dataPartition.initPath データ パーティションへの最初のパス – データ パーティションの初期コンテンツを指定します。Initial path to the data partition – Specifies the initial contents of the data partition. ユーザー データをワイプした後、エミュレーターは、初期バージョンとして userdata.img を使用する代わりに、指定したファイルの内容をユーザー データ (既定では userdata-qemu.img) にコピーします。After wiping user data, the emulator copies the contents of the specified file to user data (by default, userdata-qemu.img) instead of using userdata.img as the initial version.
disk.dataPartition.path データ パーティションへのパス – ユーザー データ パーティション ファイルを指定します。Path to the data partition – Specifies the user data partition file. 永続的なユーザー データ ファイルを構成するには、開発コンピューターでファイル名とパスを入力します。To configure a persistent user data file, enter a filename and a path on your development computer. ファイルが存在しない場合、エミュレーターは既定のファイル userdata.img からイメージを作成し、disk.dataPartition.path で指定されたファイル名で格納し、エミュレーターがシャットダウンしたときにユーザー データをそこで保持します。If the file doesn't exist, the emulator creates an image from the default file userdata.img, stores it in the filename specified by disk.dataPartition.path, and persists user data to it when the emulator shuts down. パスを指定しない場合、既定のファイルは userdata-qemu.img という名前になります。If you don't specify a path, the default file is named userdata-qemu.img. 特殊な値 <temp> を指定すると、エミュレーターは一時ファイルを作成して使用します。The special value <temp> causes the emulator to create and use a temporary file. disk.dataPartition.initPath を設定すると、ブート時にその内容が disk.dataPartition.path ファイルにコピーされます。If disk.dataPartition.initPath is set, its content will be copied to the disk.dataPartition.path file at boot-time. このオプションを空白のままにすることはできないことに注意してください。Note that this option cannot be left blank.
disk.dataPartition.size データ パーティション サイズ – ユーザー データ パーティションのサイズをバイト単位で指定します。Data partition size – Specifies the size of the user data partition in bytes. この値が整数の場合は、バイト単位でサイズが指定されます。If this value is an integer, it specifies the size in bytes. 値に KMG を追加することで、キロバイト、メガバイト、ギガバイト単位でサイズを指定することもできます。You can also specify the size in kilobytes, megabytes, and gigabytes by appending K, M, or G to the value. 最小サイズは 9 M で、最大サイズは 1023 G です。The minimum size is 9M and the maximum size is 1023G.
disk.ramdisk.path ramdisk パス – ブート パーティション (ramdisk) イメージへのパス。Ramdisk path – Path to the boot partition (ramdisk) image. ramdisk イメージは、システム イメージがマウントされる前にカーネルによって読み込まれるシステム イメージのサブセットです。The ramdisk image is a subset of the system image that is loaded by the kernel before the system image is mounted. 通常、ramdisk イメージには、起動時のバイナリと初期化スクリプトが含まれます。The ramdisk image typically contains boot-time binaries and initialization scripts. このオプションが指定されていない場合、既定値はエミュレーターのシステム ディレクトリの ramdisk.img となります。If this option is not specified, the default is ramdisk.img in the emulator system directory.
disk.snapStorage.path スナップショットの記憶域パス – すべてのスナップショットが格納されるスナップショットの記憶域ファイルへのパス。Snapshot storage path – Path to the snapshot storage file where all snapshots are stored. 実行中に作成されたスナップショットはすべてこのファイルに保存されます。All snapshots made during execution will be saved to this file. エミュレーターの実行中に復元できるのは、このファイルに保存されているスナップショットのみです。Only snapshots that are saved to this file can be restored during the emulator run. このオプションが指定されていない場合、既定値はエミュレーターのデータ ディレクトリにある snapshots.img となります。If this option is not specified, the default is snapshots.img in the emulator data directory.
disk.systemPartition.initPath システム パーティションの init パス – システム イメージ ファイルの読み取り専用コピーへのパス。具体的には、API レベルおよびすべてのバリアントに対応するシステム ライブラリとデータを含むパーティションです。System partition init path – Path to the read-only copy of the system image file; specifically, the partition containing the system libraries and data corresponding to the API level and any variant. このパスが指定されていない場合、既定値はエミュレーターのシステム ディレクトリにある system.img となります。If this path is not specified, the default is system.img in the emulator system directory.
disk.systemPartition.path システム パーティション パス – 読み取り/書き込みのシステム パーティション イメージへのパス。System partition path – Path to the read/write system partition image. このパスが設定されていない場合、disk.systemPartition.initPath で指定されたファイルの内容から一時ファイルが作成されて初期化されます。If this path is not set, a temporary file will be created and initialized from the contents of the file specified by disk.systemPartition.initPath.
disk.systemPartition.size システム パーティション サイズ – システム パーティションに最適なサイズ (バイト単位)。System partition size – The ideal size of the system partition (in bytes). 実際のシステム パーティション イメージがこの設定よりも大きい場合、サイズは無視されます。それ以外の場合は、システム パーティション ファイルを拡大できる最大サイズが指定されます。The size is ignored if the actual system partition image is larger than this setting; otherwise, it specifies the maximum size that the system partition file can grow to. この値が整数の場合は、バイト単位でサイズが指定されます。If this value is an integer, it specifies the size in bytes. 値に KMG を追加することで、キロバイト、メガバイト、ギガバイト単位でサイズを指定することもできます。You can also specify the size in kilobytes, megabytes, and gigabytes by appending K, M, or G to the value. 最小サイズは 9 M で、最大サイズは 1023 G です。The minimum size is 9M and the maximum size is 1023G.
hw.accelerometer 加速度計 – エミュレートされたデバイスに加速度計センサーが含まれるかどうかを判別します。Accelerometer – Determines whether the emulated device contains an accelerometer sensor. 加速度計は、デバイスが (自動回転で使用される) 向きを判別するのに役立ちます。The accelerometer helps the device determine orientation (used for auto-rotation). 加速度計は、3 つのセンサー軸に沿ってデバイスのアクセラレーションを報告します。The accelerometer reports the acceleration of the device along three sensor axes. yes、noyes, no
hw.audioInput オーディオ録音サポート – エミュレートされたデバイスでオーディオを録音できるかどうかを判別します。Audio recording support – Determines whether the emulated device can record audio. yes、noyes, no
hw.audioOutput オーディオ再生サポート – エミュレートされたデバイスでオーディオを再生できるかどうかを判別します。Audio playback support – Determines whether the emulated device can play audio. yes、noyes, no
hw.battery バッテリ サポート – エミュレートされたデバイスがバッテリで作動できるかどうかを判別します。Battery support – Determines whether the emulated device can run on a battery. yes、noyes, no
hw.camera カメラ サポート – エミュレートされたデバイスにカメラがあるかどうかを判別します。Camera support – Determines whether the emulated device has a camera. yes、noyes, no
hw.camera.back 背面カメラ – 背面カメラ (レンズがユーザーとは逆の方を向いている) を構成します。Back-facing camera – Configures the back-facing camera (the lens faces away from the user). 開発用コンピューターで Web カメラを使用して、エミュレートされたデバイスでの背面カメラをシミュレートする場合は、この値を webcamn に設定する必要があります。この n で Web カメラを選択します (Web カメラが 1 つのみの場合は、webcam0 を選択します)。If you are using a webcam on your development computer to simulate the back-facing camera on the emulated device, this value must be set to webcamn, where n selects the webcam (if you have only one webcam, choose webcam0). emulated に設定した場合、エミュレーターはソフトウェアでカメラをシミュレートします。If set to emulated, the emulator simulates the camera in software. 背面カメラを無効にするには、この値を none に設定します。To disable the back-facing camera, set this value to none. 背面カメラを有効にする場合は、必ず hw.camera も有効にしてください。If you enable the back-facing camera, be sure to also enable hw.camera. emulated、none、webcam0emulated, none, webcam0
hw.camera.front 前面カメラ – 前面カメラ (レンズがユーザーの方を向いている) を構成します。Front-facing camera – Configures the front-facing camera (the lens faces towards the user). 開発用コンピューターで Web カメラを使用して、エミュレートされたデバイスでの前面カメラをシミュレートする場合は、この値を webcamn に設定する必要があります。この n で Web カメラを選択します (Web カメラが 1 つのみの場合は、webcam0 を選択します)。If you are using a webcam on your development computer to simulate the front-facing camera on the emulated device, this value must be set to webcamn, where n selects the webcam (if you have only one webcam, choose webcam0). emulated に設定した場合、エミュレーターはソフトウェアでカメラをシミュレートします。If set to emulated, the emulator simulates a camera in software. 前面カメラを無効にするには、この値を設定 none に設定します。To disable the front-facing camera, set this value to none. 前面カメラを有効にする場合は、必ず hw.camera も有効にしてください。If you enable the front-facing camera, be sure to also enable hw.camera. emulated、none、webcam0emulated, none, webcam0
hw.camera.maxHorizontalPixels カメラの水平方向の最大ピクセル数 – エミュレートされたデバイスのカメラの最大水平解像度 (ピクセル単位) を構成します。Maximum horizontal camera pixels – Configures the maximum horizontal resolution of the emulated device's camera (in pixels).
hw.camera.maxVerticalPixels カメラの垂直方向の最大ピクセル数 – エミュレートされたデバイスのカメラの最大垂直解像度 (ピクセル単位) を構成します。Maximum vertical camera pixels – Configures the maximum vertical resolution of the emulated device's camera (in pixels).
hw.cpu.arch CPU アーキテクチャ – 仮想デバイスでエミュレートされる CPU アーキテクチャ。CPU architecture – The CPU architecture to be emulated by the virtual device. ハードウェア アクセラレータとして Intel HAXM を使用している場合は、32 ビット CPU の x86 を選択します。If you are using Intel HAXM for hardware acceleration, select x86 for a 32-bit CPU. HAXM のアクセラレーションを使用している 64 ビットのデバイスに対しては x86_64 を選択します。Select x86_64 for a 64-bit HAXM-accelerated device. (必ず、SDK Manager で対応する Intel x86 システム イメージをインストールしてください。例: Intel x86 Atom または Intel x86 Atom_64。)ARM CPU をシミュレートするには、arm (32 ビットの場合) または arm64 (64 ビットの ARM CPU の場合) を選択します。(Be sure to install the corresponding Intel x86 system image in the SDK Manager: for example, Intel x86 Atom or Intel x86 Atom_64.) To simulate an ARM CPU, select arm for 32-bit or select arm64 for a 64-bit ARM CPU. ARM ではハードウェア アクセラレータを使用できないため、ARM ベースの仮想デバイスは x86 ベースのものよりかなり遅く実行されることに留意してください。Keep in mind that ARM-based virtual devices will run much slower than those that are x86-based because hardware acceleration is not available for ARM. x86、x86_64、arm、arm64x86, x86_64, arm, arm64
hw.cpu.model CPU モデル – 通常、この値は未設定のままです (明示的に設定されていない場合、hw.cpu.arch から派生した値に設定されます)。CPU model – This value is normally left unset (it will be set to a value that is derived from hw.cpu.arch if it is not explicitly set). ただし、実験用にエミュレーター固有の文字列に設定することはできます。However, it can be set to an emulator-specific string for experimental use.
hw.dPad DPad キー – エミュレートされたデバイスが方向パッド (DPad) キーをサポートするかどうかを判別します。DPad keys – Determines whether the emulated device supports directional pad (DPad) keys. 通常、DPad には方向制御を示す 4 つのキーがあります。A DPad typically has four keys to indicate directional control. yes、noyes, no
hw.gps GPS サポート – エミュレートされたデバイスに GPS (Global Positioning System) 受信機があるかどうかを判別します。GPS support – Determines whether the emulated device has a GPS (Global Positioning System) receiver. yes、noyes, no
hw.gpu.enabled GPU エミュレーション – エミュレートされたデバイスが GPU エミュレーションをサポートするかどうかを判別します。GPU emulation – Determines whether the emulated device supports GPU emulation. 有効な場合、GPU エミュレーションでは、画面上で 2D と 3D の両方のグラフィックをレンダリングするために OpenGL ES (Open GL for Embedded Systems) を使用し、関連付けられている GPU エミュレーション モード設定で GPU エミュレーションの実装方法を決定します。When enabled, GPU emulation uses Open GL for Embedded Systems (OpenGL ES) for rendering both 2D and 3D graphics on the screen, and the associated GPU Emulation Mode setting determines how the GPU emulation is implemented. yes、noyes, no
hw.gpu.mode GPU エミュレーション モード – エミュレーターで GPU エミュレーションを実装する方法を決定します。GPU emulation mode – Determines how GPU emulation is implemented by the emulator. auto を選択した場合、エミュレーターは、開発用コンピューターの設定に基づいて、ハードウェアとソフトウェアのアクセラレータを選択します。If you select auto, the emulator will choose hardware and software acceleration based on your development computer setup. host を選択した場合、エミュレーターは、開発用コンピューターのグラフィック プロセッサを使用して、高速レンダリングのために GPU エミュレーションを実行します。If you select host, the emulator will use your development computer's graphics processor to perform GPU emulation for faster rendering. GPU がエミュレーターと互換性がなく、Windows で作業している場合は、host の代わりに angle を試すことができます。If your GPU is not compatible with the emulator and you are on Windows, you can try angle instead of host. angle モードの場合、DirectX を使用して、host と同様のパフォーマンスが提供されます。The angle mode uses DirectX to provide performance similar to host. mesa を選択した場合、エミュレーターは Mesa 3D ソフトウェア ライブラリを使用して、グラフィックをレンダリングします。If you select mesa, the emulator will use the Mesa 3D software library to render graphics. 開発用コンピューターのグラフィック プロセッサでのレンダリングに問題がある場合は、mesa を選択してください。Select mesa if you have problems rendering via your development computer's graphics processor. コンピューターの GPU を使用する場合よりパフォーマンスが若干低いソフトウェアでグラフィックをレンダリングする場合は、swiftshader モードを使用できます。The swiftshader mode can be used to render graphics in software with slightly less performance than using your computer's GPU. off オプション (グラフィック ハードウェア エミュレーションを無効にする) は非推奨のオプションです。このオプションを指定すると、一部のアイテムのレンダリングが不適切なものになるため、お勧めできません。The off option (disable graphics hardware emulation) is a deprecated option that can cause improper rendering for some items and is therefore not recommended. auto、host、mesa、angle、swiftshader、offauto, host, mesa, angle, swiftshader, off
hw.gsmModem GSM モデム サポート – エミュレートされたデバイスに、GSM (Global System for Mobile Communications) テレフォニー ラジオ システムをサポートするモデムが含まれるかどうかを判別します。GSM modem support – Determines whether the emulated device includes a modem that supports the GSM (Global System for Mobile Communications) telephony radio system. yes、noyes, no
hw.initialOrientation 最初の画面の向き – エミュレートされたデバイスの画面の最初の向きを構成します (縦または横モード)。Initial screen orientation – Configures the initial orientation of the screen on the emulated device (portrait or landscape mode). 縦モードの場合、画面は縦長になります。In portrait mode, the screen is taller than it is wide. 横モードの場合、画面は横長になります。In landscape mode, the screen is wider than it is tall. エミュレートされたデバイスを実行するときに、デバイス プロファイルで縦と横の両方がサポートされている場合は、向きを変更できます。When running the emulated device, you can change the orientation if both portrait and landscape are supported in the device profile. portrait、landscapeportrait, landscape
hw.keyboard キーボード サポート – エミュレートされたデバイスが QWERTY キーボードをサポートするかどうかを判別します。Keyboard support – Determines whether the emulated device supports a QWERTY keyboard. yes、noyes, no
hw.keyboard.charmap キーボード charmap 名 – このデバイスのハードウェア charmap の名前。Keyboard charmap name – The name of the hardware charmap for this device. 注:システム イメージを適宜変更した場合を除き、これは常に既定値の qwerty2 である必要があります。NOTE: This should always be the default qwerty2 unless you have modified the system image accordingly. この名前は起動時にカーネルに送信されます。This name is sent to the kernel at boot time. 正しくない名前を使用すると、仮想デバイスが使用できなくなります。Using an incorrect name will result in an unusable virtual device.
hw.keyboard.lid キーボードの表示/非表示サポート – キーボード サポートが有効な場合、この設定で、QWERTY キーボードを閉じる/非表示にできるか、開く/表示できるかを判別します。Keyboard lid support – If keyboard support is enabled, this setting determines whether the QWERTY keyboard can be closed/hidden or opened/visible. hw.keyboard が false に設定されている場合、この設定は無視されます。This setting will be ignored if hw.keyboard is set to false. 注: エミュレートされたデバイスの対象が API レベル 12 以上の場合、既定値は false になります。NOTE: the default value is false if the emulated device targets API level 12 or higher. yes、noyes, no
hw.lcd.backlight LCD バックライト – エミュレートされたデバイスで LCD バックライトがシミュレートされるかどうかを判別します。LCD backlight – Determines whether an LCD backlight is simulated by the emulated device. yes、noyes, no
hw.lcd.density LCD の密度 – エミュレートされた LCD ディスプレイの密度。密度に依存しないピクセル、または dp (dp は仮想ピクセル単位です) で測定されます。LCD density – The density of the emulated LCD display, measured in density-independent pixels, or dp (dp is a virtual pixel unit). 設定が 160 dp の場合、各 dp は 1 物理ピクセルに対応します。When the setting is 160 dp, each dp corresponds to one physical pixel. 実行時に、Android はこの値を使用して、正しいディスプレイ レンダリングに適切なリソース/アセットを選択してスケーリングします。At runtime, Android uses this value to select and scale the appropriate resources/assets for correct display rendering. 120、160、240、213、320120, 160, 240, 213, 320
hw.lcd.depth LCD の色深度 – LCD ディスプレイを駆動するためのビットマップを保持する、エミュレートされたフレームバッファの色ビット深度。LCD color depth – The color bit-depth of the emulated framebuffer that holds the bitmap for driving the LCD display. この値には 16 ビット (65,536 色表示可能) または 32 ビット (16,777,216 色と透明) を指定できます。This value can be 16 bits (65,536 possible colors) or 32 bits (16,777,216 colors plus transparency). 32 ビットを設定すると、エミュレーターの実行速度が若干低下しますが、色の精度が向上します。The 32-bit setting can make the emulator run slightly slower but with better color accuracy. 16, 3216, 32
hw.lcd.height LCD のピクセルの高さ – エミュレートされた LCD ディスプレイの垂直ディメンションを構成するピクセル数。LCD pixel height – The number of pixels that make up the vertical dimension of the emulated LCD display.
hw.lcd.width LCD のピクセル幅 – エミュレートされた LCD ディスプレイの水平ディメンションを構成するピクセル数。LCD pixel width – The number of pixels that make up the horizontal dimension of the emulated LCD display.
hw.mainKeys ハードウェアの Back/Home キー – エミュレートされたデバイスがハードウェアの Back および Home ナビゲーション ボタンをサポートするかどうかを判別します。Hardware Back/Home keys – Determines whether the emulated device supports hardware Back and Home navigation buttons. ボタンがソフトウェアにのみ実装されている場合は、この値を yes に設定できます。You can set this value to yes if the buttons are implemented only in software. hw.mainKeysyes に設定されている場合、エミュレーターは画面にナビゲーション ボタンを表示しませんが、エミュレーター側のパネルを使用して、これらのボタンを "押す" ことはできます。If hw.mainKeys is set to yes, the emulator will not display navigation buttons on the screen, but you can use the emulator side panel to "press" these buttons. yes、noyes, no
hw.ramSize デバイスの RAM サイズ – エミュレートされたデバイス上の物理 RAM の容量 (メガバイト単位)。Device RAM Size – The amount of physical RAM on the emulated device, in megabytes. 既定値は、画面のサイズまたはスキン バージョンから計算されます。The default value will be computed from the screen size or the skin version. サイズを増やすことでエミュレーターの操作速度を上げることはできますが、その代わり、開発コンピューターからのリソース要求が増えます。Increasing the size can provide faster emulator operation, but at the expense of demanding more resources from your development computer.
hw.screen タッチスクリーンの種類 – エミュレートされたデバイスの画面の種類を定義します。Touch screen type – Defines the type of screen on the emulated device. multi-touch スクリーンでは、タッチ インターフェイスでの 2 本以上の指を追跡できます。A multi-touch screen can track two or more fingers on the touch interface. touch スクリーンでは、1 本の指のタッチ イベントのみを検出できます。A touch screen can detect only single-finger touch events. no-touch スクリーンではタッチ イベントは検出されません。A no-touch screen does not detect touch events. touch、multi-touch、no-touchtouch, multi-touch, no-touch
hw.sdCard SDCard サポート – エミュレートされたデバイスが仮想 SD (セキュア デジタル) カードの挿入と削除をサポートするかどうかを判別します。SDCard support – Determines whether the emulated device supports insertion and removal of virtual SD (Secure Digital) cards. エミュレーターでは開発用コンピューターに格納されているマウント可能なディスク イメージを使用して、実際の SD カード デバイスのパーティションをシミュレートします (hw.sdCard.path を参照)。The emulator uses mountable disk images stored on your development computer to simulate the partitions of actual SD card devices (see hw.sdCard.path). yes、noyes, no
sdcard.size SDCard サイズhw.sdCard.path で指定された場所で仮想 SD カード ファイルのサイズを指定します。SDCard size – Specifies the size of the virtual SD card file at the location specified by hw.sdCard.path. デバイスで使用可能です (バイト単位)。available on the device (in bytes). この値が整数の場合は、バイト単位でサイズが指定されます。If this value is an integer, it specifies the size in bytes. 値に KMG を追加することで、キロバイト、メガバイト、ギガバイト単位でサイズを指定することもできます。You can also specify the size in kilobytes, megabytes, and gigabytes by appending K, M, or G to the value. 最小サイズは 9 M で、最大サイズは 1023 G です。The minimum size is 9M and the maximum size is 1023G.
hw.sdCard.path SDCard イメージ パス – 開発用コンピューターで SD カード パーティション イメージ ファイルのファイル名とパスを指定します。SDCard Image Path – Specifies the filename and path to an SD card partition image file on your development computer. たとえば、Windows の場合は、このパスを C:\sd\sdcard.img に設定することができます。For example, this path could be set to C:\sd\sdcard.img on Windows.
hw.sensors.magnetic_field 磁場センサー – エミュレートされたデバイスが磁場センサーをサポートするかどうかを判別します。Magnetic Field Sensor – Determines whether the emulated device supports a magnetic field sensor. 磁場センサー (磁力計ともいう) は、3 つのセンサー軸に沿って測定されたアンビエント磁場を報告します。The magnetic field sensor (also known as magnetometer) reports the ambient geomagnetic field as measured along three sensor axes. コンパス読み取り値へのアクセスが必要なアプリに対して、この設定を有効にします。Enable this setting for apps that need access to a compass reading. たとえば、ナビゲーション アプリではこの設定を使用して、ユーザーがどの方向を向いているかを検出する場合があります。For example, a navigation app might use this sensor to detect which direction the user faces. yes、noyes, no
hw.sensors.orientation 方向センサー – エミュレートされたデバイスが方向センサー値を提供するかどうかを判別します。Orientation Sensor – Determines whether the emulated device provides orientation sensor values. 方向センサーは、デバイスが 3 つすべての物理軸 (x、y、z) を中心に回転する角度を測定します。The orientation sensor measures degrees of rotation that a device makes around all three physical axes (x, y, z). 方向センサーは、Android 2.2 (API レベル 8) の時点で非推奨となったことに注意してください。Note that the orientation sensor was deprecated as of Android 2.2 (API level 8). yes、noyes, no
hw.sensors.proximity 近接センサー – エミュレートされたデバイスが近接センサーをサポートするかどうかを判別します。Proximity Sensor – Determines whether the emulated device supports a proximity sensor. このセンサーは、デバイスの表示画面を基準にオブジェクトの近接度を測定します。This sensor measures the proximity of an object relative to the view screen of a device. 通常、このセンサーは、ハンドセットがユーザーの耳に当てられているかどうかを判別するために使用されます。This sensor is typically used to determine whether a handset is being held up to a person's ear. yes、noyes, no
hw.sensors.temperature 温度センサー – エミュレートされたデバイスが温度センサーをサポートするかどうかを判別します。Temperature Sensor – Determines whether the emulated device supports a temperature sensor. このセンサーでは、摂氏 (°C) でデバイスの温度を測定します。This sensor measures the temperature of the device in degrees Celsius (°C). yes、noyes, no
hw.touchScreen タッチスクリーン サポート – エミュレートされたデバイスがタッチスクリーンをサポートするかどうかを判別します。Touch-screen support – Determines whether the emulated device supports a touch screen. タッチ スクリーンは、スクリーン上のオブジェクトを直接操作する場合に使用されます。The touch screen is used for direct manipulation of objects on the screen. yes、noyes, no
hw.trackBall トラックボール サポート – エミュレートされたデバイスがトラックボールをサポートするかどうかを判別します。Trackball support – Determines whether the emulated device supports a trackball. yes、noyes, no
hw.useext4 EXT4 ファイル システムのサポート – エミュレートされたデバイスがパーティションで Linux EXT4 ファイル システムを使用するかどうかを判別します。EXT4 file system support – Determines whether the emulated device uses the Linux EXT4 file system for partitions. 現在、ファイル システムの種類は自動検出されるため、このオプションは非推奨とされており、無視されます。Because the file system type is now auto-detected, this option is deprecated and ignored. no
kernel.newDeviceNaming カーネルの新しいデバイスの名前付け – カーネルが新しいデバイスの名前付けスキームを必要とするかどうかを指定する場合に使用します。Kernel new device naming – Used to specify whether the kernel requires a new device naming scheme. 通常、これは Linux 3.10 カーネル以降で使用されます。This is typically used with Linux 3.10 kernels and later. autodetect に設定した場合、エミュレーターは、カーネルが新しいデバイスの名前付けスキームを必要とするかどうかを自動的に検出します。If set to autodetect, the emulator will automatically detect whether the kernel requires a new device naming scheme. autodetect、yes、noautodetect, yes, no
kernel.parameters カーネル パラメーター – Linux カーネルのブート パラメーターの文字列を指定します。Kernel parameters – Specifies the string of Linux kernel boot parameters. 既定では、この設定は空白のままになります。By default, this setting is left blank.
kernel.path カーネル パス – Linux カーネルへのパスを指定します。Kernel path – Specifies the path to the Linux kernel. このパスが指定されていない場合、エミュレーターは、エミュレーターのシステム ディレクトリで kernel-ranchu を調べます。If this path is not specified, the emulator looks in the emulator system directory for kernel-ranchu.
kernel.supportsYaffs2 YAFFS2 パーティション サポート – カーネルが YAFFS2 (Yet Another Flash File System 2) パーティションをサポートするかどうかを判別します。YAFFS2 partition support – Determines whether the kernel supports YAFFS2 (Yet Another Flash File System 2) partitions. 通常、これは Linux 3.10 より前のカーネルにのみ適用されます。Typically, this applies only to kernels before Linux 3.10. autodetect に設定した場合、エミュレーターは、カーネルで YAFFS2 ファイル システムをマウントできるかどうかを自動的に検出します。If set to autodetect the emulator will automatically detect whether the kernel can mount YAFFS2 file systems. autodetect、yes、noautodetect, yes, no
skin.name スキン名 – Android エミュレーター スキンの名前。Skin name – The name for an Android emulator skin. スキンは、エミュレーター ディスプレイの視覚および制御要素を定義するファイルのコレクションです。開発コンピューターでの AVD のウィンドウの外観を説明します。A skin is a collection of files that defines the visual and control elements of an emulator display; it describes what the window of the AVD will look like on your development computer. スキンは画面のサイズ、ボタン、全体のデザインを説明しますが、アプリの操作には影響しません。A skin describes screen size, buttons, and the overall design, but it does not affect the operation of your app.
skin.path スキン パス – skin.name で指定されたエミュレーターのスキン ファイルを含むディレクトリへのパス。このディレクトリには、hardware.ini レイアウト ファイルと、スキンの表示要素に対するイメージ ファイルが含まれます。Skin path – Path to the directory that contains the emulator skin files specified in skin.name This directory contains hardware.ini layout files, and image files for the display elements of the skin.
skin.dynamic スキンが動的 – スキンが動的であるかどうか。Skin dynamic – Whether or not the skin is dynamic. エミュレーターが指定された幅と高さに基づいて特定のサイズのスキンを構築する場合、エミュレーター スキンは動的スキンとなります。The emulator skin is a dynamic skin if the emulator is to construct a skin of a given size based on a specified width and height. no

これらのプロパティについて詳しくは、「Hardware Profile Properties」(ハードウェア プロファイルのプロパティ) をご覧ください。For more information about these properties, see Hardware Profile Properties.