メタデータNuGet編集

プロジェクト オプションを使用して、マルチプラットフォーム NuGetメタデータを編集する

ライブラリ プロジェクトの種類 (PCL、.NET Standard、新しい NuGet プロジェクトの種類など) には、[Project オプション] ウィンドウに [NuGet パッケージ]セクション があります。

Metadata セクション では、パッケージ マニフェスト ファイル の .nuspec でNuGet値を構成します

必須情報

[全般] タブには、パッケージを生成するために入力する必要がある 4 つのフィールドNuGetがあります。

NuGet必須メタデータ ウィンドウ

  • [ID] – パッケージ識別子。NuGet.org 内 (またはパッケージが配布される場所) 内で一意である必要があります。 このガイダンス に従 い、URL で有効な文字のみを使用します (スペースは使用しません。ほとんどの特殊文字は避けます)。
  • バージョン– バージョン管理規則 と一致NuGet バージョン番号を選択します
  • 作成者 – 名前のコンマ区切りのリスト。
  • 説明 – ユーザーがパッケージを選択するときに表示されるパッケージの機能の概要。

注意

ユーザーまたは他のユーザーに配布する新しいバージョンを構築する場合は、NuGetを増やしてください。

詳細については、「必須要素リファレンス」を参照してください。また、「一意のパッケージ識別子の選択とバージョン番号の設定」および「パッケージの種類の設定」の詳細な手順を参照してください

重要

このタブのすべてのフィールドを入力する必要があります。それ以外の場合は、次のエラー メッセージが表示されます。"プロジェクトにはNuGetメタデータが含NuGet パッケージは作成されません。NuGetメタデータは、「オプション」のメタデータ セクションでProjectできます。

省略可能なメタデータ

[詳細] タブには、パッケージ マニフェスト ファイルに含NuGetフィールドが含まれています。

NuGet パッケージの省略可能なメタデータ ウィンドウ

必須フィールドと省略 可能フィールドの 詳細については、「省略可能な要素リファレンス」を参照してください。

注意

NuGetパッケージがNuGet.orgに配布されている場合は、可能な限り多くの情報を指定してください。