Xamarin. iOS と Xamarin. Mac の Unified APIUnified API for Xamarin.iOS and Xamarin.Mac

Xamarin の Unified API を使用すると、Mac と iOS の間でコードを共有し、同じバイナリで32と64ビットのアプリケーションをサポートすることができます。Xamarin's Unified API makes it possible to share code between Mac and iOS and support 32 and 64-bit applications with the same binary. Unified API は、新しい Xamarin および Xamarin プロジェクトで既定で使用されます。The Unified API is used by default in new Xamarin.iOS and Xamarin.Mac projects.

概要Overview

Xamarin の Unified API、その機能、およびその使用方法について説明します。A description of Xamarin's Unified API, its features, and the changes that come along with its use

既存のアプリの更新Update Existing Apps

既存のアプリの Classic API から Unified API への更新に関する一般的な情報General information about updating existing apps from the Classic API to the Unified API

既存の iOS アプリを更新していますUpdating Existing iOS Apps

既存の iOS アプリを Classic API から Unified API に更新する方法に関する情報Information about updating existing iOS apps from the Classic API to the Unified API

既存の Mac アプリを更新していますUpdating Existing Mac Apps

Classic API から Unified API に既存の Mac アプリを更新する方法に関する情報Information about updating existing Mac apps from the Classic API to the Unified API

既存の Xamarin.Forms アプリの更新Update Existing Xamarin.Forms Apps

既存の Xamarin. Forms アプリを Classic API から Unified API に更新する方法に関する情報Information about updating existing Xamarin.Forms apps from the Classic API to the Unified API

バインドの Unified API への移行Migrating a Binding to the Unified API

Classic API から Unified API に Xamarin または Xamarin の Mac バインドプロジェクトを移行する方法について説明します。A description of how to migrate a Xamarin.iOS or Xamarin.Mac binding project from the Classic API to the Unified API

コードを Unified API に更新する場合のヒントTips for Updating Code to the Unified API

Unified API に更新するときに役立つさまざまなヒントVarious tips that can be helpful when updating to the Unified API