Xamarin.Essentials:ランチャーXamarin.Essentials: Launcher

Launcher クラスを使用すると、アプリケーションがシステムで URI を開くことができるようになります。The Launcher class enables an application to open a URI by the system. これは多くの場合、他のアプリケーションのカスタム URI スキームへのディープ リンクを設定するときに使用されます。This is often used when deep linking into another application's custom URI schemes. ブラウザーで Web サイトを開く場合は、Browser API を参照する必要があります。If you are looking to open the browser to a website then you should refer to the Browser API.

作業開始Get started

この API の使用を始めるには、Xamarin.Essentials の概要ガイドを読み、ライブラリが正しくインストールされてプロジェクトに設定されていることを確認してください。To start using this API, read the getting started guide for Xamarin.Essentials to ensure the library is properly installed and set up in your projects.

ランチャーの使用Using Launcher

自分のクラスの Xamarin.Essentials に参照を追加します。Add a reference to Xamarin.Essentials in your class:

using Xamarin.Essentials;

ランチャーの機能を使用するには、OpenAsync メソッドを呼び出し、開く string または Uri を渡します。To use the Launcher functionality call the OpenAsync method and pass in a string or Uri to open. 必要に応じて、デバイス上のアプリケーションで URI スキーマを処理できるかどうかを確認するために CanOpenAsync メソッドを使用できます。Optionally, the CanOpenAsync method can be used to check if the URI schema can be handled by an application on the device.

public class LauncherTest
{
    public async Task OpenRideShareAsync()
    {
        var supportsUri = await Launcher.CanOpenAsync("lyft://");
        if (supportsUri)
            await Launcher.OpenAsync("lyft://ridetype?id=lyft_line");
    }
}

プラットフォームによる違いPlatform Differences

CanOpenAsync から返されたタスクはすぐに完了します。The Task returned from CanOpenAsync completes immediately.

APIAPI