Xamarin.Essentials: バイブレーションXamarin.Essentials: Vibration

Vibration クラスを使用すると、バイブレーション機能を開始して一定時間後に停止することができます。The Vibration class lets you start and stop the vibrate functionality for a desired amount of time.

作業開始Get started

この API の使用を始めるには、Xamarin.Essentials の概要ガイドを読み、ライブラリが正しくインストールされてプロジェクトに設定されていることを確認してください。To start using this API, read the getting started guide for Xamarin.Essentials to ensure the library is properly installed and set up in your projects.

Vibration の機能にアクセスするには、次のプラットフォーム固有の設定が必要です。To access the Vibration functionality the following platform specific setup is required.

Vibrate アクセス許可が必要です。Android プロジェクト内で構成する必要があります。The Vibrate permission is required and must be configured in the Android project. これは次の方法で追加できます。This can be added in the following ways:

[プロパティ] フォルダーにある AssemblyInfo.cs ファイルを開き、以下を追加します。Open the AssemblyInfo.cs file under the Properties folder and add:

[assembly: UsesPermission(Android.Manifest.Permission.Vibrate)]

または、Android マニフェストを追加します。OR Update Android Manifest:

[プロパティ] フォルダーにある AndroidManifest.xml ファイルを開き、manifest ノードの内部に以下を追加します。Open the AndroidManifest.xml file under the Properties folder and add the following inside of the manifest node.

<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE" />

または、Android プロジェクトを右クリックし、プロジェクトのプロパティを開きます。Or right click on the Android project and open the project's properties. [Android マニフェスト] の下で [必要なアクセス許可:] 領域を探し、VIBRATE アクセス許可をオンにします。Under Android Manifest find the Required permissions: area and check the VIBRATE permission. これにより、AndroidManifest.xml ファイルが自動的に更新されます。This will automatically update the AndroidManifest.xml file.

Vibration の使用Using Vibration

自分のクラスに Xamarin.Essentials への参照を追加します。Add a reference to Xamarin.Essentials in your class:

using Xamarin.Essentials;

Vibration 機能では、有効にする時間を要求でき、既定値は 500 ミリ秒です。The Vibration functionality can be requested for a set amount of time or the default of 500 milliseconds.

try
{
    // Use default vibration length
    Vibration.Vibrate();

    // Or use specified time
    var duration = TimeSpan.FromSeconds(1);
    Vibration.Vibrate(duration);
}
catch (FeatureNotSupportedException ex)
{
    // Feature not supported on device
}
catch (Exception ex)
{
    // Other error has occurred.
}

デバイスのバイブレーションの取り消しは、Cancel メソッドで要求できます。Cancellation of device vibration can be requested with the Cancel method:

try
{
    Vibration.Cancel();
}
catch (FeatureNotSupportedException ex)
{
    // Feature not supported on device
}
catch (Exception ex)
{
    // Other error has occurred.
}

プラットフォームによる違いPlatform Differences

プラットフォームによる違いはありません。No platform differences.

APIAPI