Xamarin.iOS アプリの配布の概要

ここでは、Xamarin.iOS アプリケーションで使用できる配布手法の概要について説明します。また、このトピックよりも詳細なドキュメントについても紹介します。

Xamarin.iOS アプリを開発したら、ソフトウェア開発ライフサイクルの次の手順は、下図で強調表示されているセクションのように、ユーザーにアプリを配布することです。

iOS アプリを開発したら、次の手順は下図で強調表示されているセクションのように、ユーザーにアプリを配布することです

Apple では、iOS アプリケーションを配布するために次の方法が用意されています。

これらいずれのシナリオでも、適切なプロビジョニング プロファイルを使用してアプリケーションをプロビジョニングする必要があります。 プロビジョニング プロファイルは、コード署名情報だけでなく、アプリケーションの ID と使用する配布メカニズムも含むファイルです。 App Store 以外の配布には、アプリを展開できるデバイスに関する情報も含まれています。

App Store の配布

重要

Apple は、2019 年 3 月以降に App Store に提出されるすべてのアプリおよび更新プログラムが iOS 12.1 SDK (Xcode 10.1 以降に含まれている) でビルドされる必要があることを通知しました。 アプリでは、iPhone XS および 12.9 インチ iPad Pro の画面サイズもサポートされる必要もあります。

iOS デバイスのユーザーに iOS アプリケーションを配布するには、これが主な方法です。 App Store に提出されたすべてのアプリは、Apple の承認を受ける必要があります。

アプリを App Store に提出するには、iTunes Connect というポータルを使用します。 このポータルをセットアップし、使用して、App Store で Xamarin.iOS アプリを発行する準備をするには、「Configure your App in iTunes Connect」(iTunes Connect でのアプリの構成) ガイドを参照してください。

Apple Developer Program に属する開発者のみが iTunes Connect にアクセスすることができる点に注意してください。 Apple Developer Enterprise Program のメンバーはアクセスできません。

詳細については、「App Store Distribution」(App Store の配布) ガイドを参照してください。

社内配布

社内配布は、エンタープライズ配布とも呼ばれます。社内配布の場合、Apple Developer Enterprise Program のメンバーは、同じ組織内の他のメンバーにアプリを配布できます。 社内配布には、App Store のレビューを必要としないという利点があります。また、アプリケーションをインストールできるデバイス数に制限がありません。 ただし、Apple Developer Enterprise Program メンバーは iTunes Connect にアクセスできないため、ライセンシーがアプリを配布する必要があります。

社内でアプリケーションをセットアップし、配布する方法については、社内配布ガイドのページを参照してください。

アドホック配布

Xamarin.iOS アプリケーションは、アドホック配布を使用してユーザーテストを実行できます。アドホック配布は、Apple Developer ProgramApple Developer Enterprise Program の両方で使用できます。また、最大 100 台の iOS デバイスをテストできます。 アドホック配布の最適なユース ケースは、iTunes Connect が選択肢にない社内での配布です。

社内でアプリケーションをセットアップし、配布する方法については、アドホック配布ガイドのページを参照してください。

ビジネス向けカスタム アプリ

Apple では、アプリのカスタム配布を企業や教育機関に許可しています。 詳細については、「Apple Business Manager ユーザガイド」を参照してください。