Xamarin.iOS アプリの無料プロビジョニングFree provisioning for Xamarin.iOS apps

無料プロビジョニングを使用すると、Xamarin.iOS の開発者は Apple Developer Program に参加することなく、iOS デバイス上でアプリの展開およびテストができます。Free provisioning allows Xamarin.iOS developers to deploy and test their apps on iOS devices without being part of the Apple Developer Program. シミュレーター テストは便利で使いやすいですが、アプリが実際のメモリ、ストレージ、ネットワーク接続の制約下で正しく機能することを確認するため、実際の iOS デバイスでテストすることが重要です。While simulator testing is valuable and convenient, it is also essential to test apps on physical iOS devices to verify that they function properly under real-world memory, storage, and network connectivity constraints.

無料プロビジョニングを使用してアプリをデバイスに展開するには:To use free provisioning to deploy an app to a device:

  • Xcode を使用して、必要な署名 ID (開発者の証明書と秘密キー) とプロビジョニング プロファイル (明示的なアプリ ID と接続されている iOS デバイスの UDID を含む) を作成します。Use Xcode to create the necessary signing identity (developer certificate and private key) and provisioning profile (containing an explicit App ID and the UDID of a connected iOS device).
  • Xamarin.iOS アプリケーションを展開するには、Visual Studio for Mac または Visual Studio 2019 の Xcode で作成された署名 ID とプロビジョニング プロファイルを使用します。Use the signing identity and provisioning profile created by Xcode in Visual Studio for Mac or Visual Studio 2019 to deploy your Xamarin.iOS application.

重要

自動プロビジョニングにより、Visual Studio for Mac または Visual Studio 2019 で開発者テスト用のデバイスを自動的にセットアップできるようになります。Automatic provisioning allows Visual Studio for Mac or Visual Studio 2019 to automatically set up a device for developer testing. ただし、自動プロビジョニングは無料プロビジョニングとの互換性がありません。However, automatic provisioning is not compatible with free provisioning. 自動プロビジョニングを使用するには、有料の Apple Developer Program アカウントが必要です。In order to use automatic provisioning, you must have a paid Apple Developer Program account.

必要条件Requirements

無料プロビジョニングを使用して Xamarin.iOS アプリケーションをデバイスに展開するには:To deploy your Xamarin.iOS applications to a device with free provisioning:

  • 使用する Apple ID が Apple Developer Program に接続されている必要はありません。The Apple ID being used must not be connected to the Apple Developer Program.
  • Xamarin.iOS アプリが、ワイルドカードのアプリ ID ではなく明示的なアプリ ID を使用する必要があります。Your Xamarin.iOS app must use an explicit App ID, not a wildcard App ID.
  • Xamarin.iOS アプリで使用するバンドル ID は一意である必要があり、別のアプリで過去に使用したものは使用できません。The bundle identifier used in your Xamarin.iOS app must be unique and cannot have been used in another app previously. 無料プロビジョニングで使用されたバンドル ID は再利用できませんAny bundle identifier used with free provisioning cannot be re-used.
  • 既にアプリを配布している場合、そのアプリは無料プロビジョニングで展開できません。If you have already distributed an app, you cannot deploy that app with free provisioning.
  • アプリで App Services を使用している場合は、デバイス プロビジョニングのガイドを参照してプロビジョニング プロファイルを作成する必要があります。If your app uses App Services, you will need to create a provisioning profile as detailed in the device provisioning guide.

無料プロビジョニングに関連する制限事項についてはこのドキュメントの「制限事項」のセクションを、iOS アプリケーションの配布については、アプリ配布のガイドを参照してください。Take a look at the Limitations section of this document for more information about limitations associated with free provisioning, and refer to the App distribution guides for more information about distributing iOS applications.

無料プロビジョニングを使用したデバイスのテストTesting on device with free provisioning

無料プロビジョニングで Xamarin.iOS アプリをテストする場合は、次の手順に従います。Follow these steps below to test your Xamarin.iOS app with free provisioning.

Xcode を使用して署名 ID とプロビジョニング プロファイルを作成するUse Xcode to create a signing identity and provisioning profile

  1. Apple ID を持っていない場合は、作成しますIf you do not have an Apple ID, create one.

  2. Xcode を開き、 [Xcode]、[Preferences](設定) の順に移動します。Open Xcode and navigate to Xcode > Preferences.

  3. [Accounts] (アカウント) で + ボタンを使用して既存の Apple ID を追加します。Under Accounts, use the + button to add your existing Apple ID. 次のスクリーンショットのようになります。It should look similar to the screenshot below:

    Xcode の [設定] – [アカウント]Xcode Preferences – Accounts

  4. Xcode の設定を閉じます。Close Xcode preferences.

  5. アプリの展開先に iOS デバイスを接続します。Plug in the iOS device to which you'd like to deploy your app.

  6. Xcode で新しいプロジェクトを作成します。In Xcode, create a new project. [File](ファイル)、[New](新規)、[Project](プロジェクト) の順に移動して、 [Single View App](単一ビュー アプリ) を選択します。Choose File > New > Project and select Single View App.

  7. 新しいプロジェクト ダイアログで、 [Team](チーム) に今追加した Apple ID を設定します。In the new project dialog, set Team to the Apple ID that you just added. ドロップダウン リストでは、 [Your Name (Personal Team)](ユーザーの名前 (個人チーム)) のように表示されます。In the drop-down list, it should look similar to Your Name (Personal Team):

    新しいアプリを作成するCreate a new app

  8. 新しいプロジェクトが作成されたら、(シミュレーターではなく) iOS デバイスを対象とする Xcode ビルド スキームを選択します。Once the new project has been created, choose an Xcode build scheme that targets your iOS device (rather than a simulator).

    Xcode ビルド スキームを選択するSelect an Xcode build scheme

  9. Xcode のプロジェクト ナビゲーターで最上位のノードを選択して、アプリのプロジェクトの設定を開きます。Open your app's project settings by selecting its top-level node in Xcode's Project Navigator.

  10. [General](一般)、[Identity](ID) の下で、バンドル ID が Xamarin.iOS アプリのバンドル ID と "完全に一致している" ことを確認します。Under General > Identity, make sure that the Bundle Identifier exactly matches your Xamarin.iOS app's bundle identifier.

    バンドル ID を設定するSet a bundle identifier

    重要

    Xcode は明示的なアプリ ID のプロビジョニング プロファイルのみを作成し、この ID は Xamarin.iOS アプリのアプリ ID と同一である必要があります。Xcode will only create a provisioning profile for an explicit App ID, and it must be identical to the App ID of your Xamarin.iOS app. 異なる場合、無料プロビジョニングを使用して Xamarin.iOS アプリを展開できなくなります。If they differ, you will not be able to use free provisioning to deploy your Xamarin.iOS app.

  11. [Deployment Info](展開情報) の下で、展開対象の iOS のバージョンが、接続されている iOS デバイスにインストールされているバージョン以下であることを確認します。Under Deployment Info, ensure that the deployment target matches or is lower than the version of iOS installed on your connected iOS device.

  12. [Signing](署名) の下で、 [Automatically manage signing](署名の自動管理) を選択して、ドロップダウン リストから自分のチームを選びます。Under Signing, select Automatically manage signing and select your team from the drop-down list:

    署名を自動管理するAutomatically manage signing

    Xcode で、プロビジョニング プロファイルと署名 ID が自動的に生成されます。Xcode will automatically generate a provisioning profile and signing identity for you. この情報を表示するには、プロビジョニング プロファイルの横の情報アイコンをクリックします。You can view this by clicking on the information icon next to provisioning profile:

    プロビジョニング プロファイルを表示するView the provisioning profile

    ヒント

    Xcode でのプロビジョニング プロファイルの生成時にエラーが発生した場合は、Xcode の現在選択されているビルド スキームが、シミュレーターではなく接続されている iOS デバイスを対象としていることを確認してください。If there is a failure when Xcode attempts to generate a provisioning profile, make sure that Xcode's currently-selected build scheme targets the connected iOS device rather than a simulator.

  13. Xcode でテストするには、[Run](実行) ボタンをクリックして空のアプリケーションをデバイスに展開します。To test in Xcode, deploy the blank application to your device by clicking the run button.

Xamarin.iOS アプリを展開するDeploy your Xamarin.iOS app

  1. iOS デバイスを USB 経由またはワイヤレスで Mac ビルド ホストに接続します。Connect your iOS device to the Mac build host via USB or wirelessly.

  2. Visual Studio for Mac の Solution PadInfo.plist をダブルクリックします。In the Visual Studio for Mac Solution Pad, double-click on Info.plist.

  3. [署名][手動プロビジョニング] を選択します。In Signing, select Manual Provisioning.

  4. [iOS バンドル署名] ボタンをクリックします。Click the iOS Bundle Signing… を追加します。button.

  5. [構成][デバッグ] を選択します。For Configuration, select Debug.

  6. [プラットフォーム][iPhone] を選択します。For Platform, select iPhone.

  7. Xcode で作成された署名 ID を選択します。Select the Signing Identity created by Xcode.

  8. Xcode で作成されたプロビジョニング プロファイルを選択します。Select the Provisioning Profile created by Xcode.

    署名 ID とプロビジョニング プロファイルを設定するSet the signing identity and provisioning profile

    ヒント

    署名 ID または正しいプロビジョニング プロファイルが表示されない場合は、必要に応じて Visual Studio for Mac を再起動します。If you cannot see your signing identity or the correct provisioning profile, you may need to restart Visual Studio for Mac.

  9. [OK] をクリックし、 [プロジェクト オプション] を保存して閉じます。Click OK to save and close the Project Options.

  10. iOS デバイスを選択し、アプリを実行します。Select your iOS device and run the app.

制限事項Limitations

Apple は、無料プロビジョニングを使用して iOS デバイスでアプリケーションを実行できるタイミングと方法について複数の制限を課し、開発者自身のデバイスにのみ展開できるように確保しています。Apple has imposed a number of limitations on when and how you can use free provisioning to run your application on an iOS device, ensuring that you can only deploy to your device:

  • iTunes Connect へのアクセスが制限されるので、アプリケーションを無料プロビジョニングする開発者は、App Store と TestFlight への発行などのサービスを使用できません。Access to iTunes Connect is limited and therefore services such as publishing to the App Store and TestFlight are unavailable to developers provisioning their applications freely. アドホック配布または社内配布を利用するには、Apple Developer アカウント (法人または個人) が必要です。An Apple Developer Account (Enterprise or Personal) is required to distribute via Ad Hoc and In-House means.
  • 無料プロビジョニングで作成したプロビジョニング プロファイルは 1 週間後、署名 ID は 1 年後に期限切れになります。Provisioning profiles created with free provisioning will expire after one week, and signing identities will expire after one year.
  • Xcode は明示的なアプリ ID のプロビジョニング プロファイルのみを作成するため、インストールするすべてのアプリについて前述の手順を実行する必要があります。Since Xcode will only create provisioning profiles for explicit App IDs, you will need to follow the instructions above for every app that you wish to install.
  • 無料プロビジョニングでは、ほとんどのアプリケーション サービスのプロビジョニングを使用できません。Provisioning for most application services is not possible with free provisioning. これには、Apple Pay、Game Center、iCloud、アプリ内購入、プッシュ通知、および Wallet が含まれます。This includes Apple Pay, Game Center, iCloud, In-App Purchasing, Push Notifications, and Wallet. Apple の「Supported capabilities (iOS)」(サポートされている機能 (iOS)) ガイドに、すべての機能のリストを提供しています。Apple provides a full list of capabilities in the Supported capabilities (iOS) guide. アプリケーション サービスで使用するアプリをプロビジョニングする方法については、機能の使用のガイドを参照してください。To provision your app for use with application services, visit the Working with capabilities guides.

まとめSummary

このガイドでは、無料プロビジョニングを使用して iOS デバイスにアプリケーションをインストールする場合の利点と制限について説明しました。This guide explored the advantages and limitations of using free provisioning to install applications on an iOS device. 無料プロビジョニングを使用して Xamarin.iOS アプリをインストールする方法を示した、ステップ バイ ステップのチュートリアルを提供しました。It provided a step-by-step walkthrough that demonstrated how to use free provisioning to install a Xamarin.iOS app.