Visual Studio Team System Web Access 2008 Power Tool 日本語版の開発が完了しました

昨年、12月26日付のブログで Visual Studio Team System Web Access 2008 Power Tool (以下TSWA 2008 と略します)の日本語版の開発が予定されていることについて紹介をさせていただきました。

今回は、TSWA 2008 日本語版の開発作業が完了して、正式にリリースされましたことをお知らせいたします。

日本語版は、以下のダウンロードセンターにて公開されています。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=C568FBA9-3A62-4781-83C6-FDFE79750207&displaylang=ja

インストールや使用方法に関してのドキュメントは、以下のサイトで英語版のみ公開となっていますが、現在日本語版を公開するための準備を行っています。

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb892990.aspx

日本語版ドキュメントに関しては公開準備が整い次第、このブログにてお知らせしたいと思います。

しばらくの間、英語版のみの公開ということでご迷惑をおかけして大変に申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

TSWA 2008 製品版の主な機能としては、以下のようなものがあります。

TSWA 2008 では、Visual Studio 2008 Team Foundation Server のクライアントツールであるチーム エクスプローラがもつ機能のほとんどを Internet Explorer (バージョン 6 以降) または Mozilla Firefox (バージョン 1 以降) の Web インターフェイスから操作を行うことができます。

Ÿ 新機能 : 作業項目、結果リスト、相違点、変更セットなどへの直接リンク

Ÿ 新機能 : 作業項目フォーム上でのカスタム コントロールの表示

Ÿ 新機能 : 新しくキューに配置されたビルドの表示、新しいビルドのキューへの配置

Ÿ 新規作業項目の追加および既存作業項目の編集

Ÿ カスタム作業項目を含むすべての種類の作業項目を操作可能

Ÿ 新規作業項目クエリの追加および既存作業項目クエリの編集

Ÿ SharePoint チーム ポータル上のドキュメントの表示、ダウンロード、アップロード、チェックイン、チェックアウト

Ÿ レポートの表示、PDF 形式または Excel 形式でのエクスポート

Ÿ ソース管理リポジトリの表示、ファイルのダウンロード、変更セット、相違点、履歴、および注釈ビューの表示

Ÿ ビルド結果の表示、ビルドの開始および中止

Ÿ 作業項目に含まれるキーワードの検索

また、TSWA 2008 日本語版をご使用いただく上でご注意いただきたい点があります。

既知の問題
[ドキュメント] タブ、または[ドキュメント] フォルダーから Process Guidance やプロジェクト管理などのドキュメント ライブラリ フォルダーを選択すると、エラー メッセージ “カルチャ ‘ja’ はニュートラル カルチャです。フォーマットや解析に使用できません、スレッドの現在のカルチャとして設定することもできません。” が表示され、ドキュメント ライブラリ フォルダーに対して参照やドキュメントのアップロード等の操作を行うことができない場合があります。

この問題を解決するには、お使いのブラウザにより、以下の手順で言語設定の変更を行ってください。

Internet Explorer 6 の場合

1. Internet Explorer 6 を起動します。
2. [ツール] をクリックします。
3. [インターネット オプション] をクリックします。
4. [インターネット オプション] ダイアログで [言語] ボタンをクリックします。
5. [言語の優先順位] ダイアログで [追加] ボタンをクリックします。
6. [ユーザー定義] のテキスト ボックスに ja-JP と入力して、[OK] をクリックします。
7. 言語一覧に “ユーザー定義 [ja-JP]” と表示されているのを確認して “ユーザー定義 [ja-JP]” を選択します。
8. [上へ] ボタンをクリックして “ユーザー定義 [ja-JP]” を言語一覧の先頭へ移動します。
9. [言語の優先順位] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。
10. [インターネット オプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。

Internet Explorer 7 の場合

1. Internet Explorer 7 を起動します。
2. [ツール] をクリックします。
3. [インターネット オプション] をクリックします。
4. [インターネット オプション] ダイアログで [言語] ボタンをクリックします。
5. [言語の優先順位] ダイアログで [追加] ボタンをクリックします。
6. [言語の優先順位] ダイアログで言語一覧に “日本語 [ja-JP]” が表示されている場合はそれを選択して、[上へ] ボタンをクリックして “日本語 [ja-JP]” を言語一覧の先頭へ移動します。その後、ステップ 11 と ステップ 12 へ進んで言語の設定処理は完了となります。
7. [言語の優先順位] ダイアログで言語一覧に “日本語 [ja-JP]” が表示されていない場合は [追加] ボタンをクリックします。
8. [言語の追加] ダイアログで言語一覧から “日本語 [ja-JP]” を選択して [OK] をクリックします。
9. 言語一覧に “日本語 [ja-JP]” と表示されているのを確認して “日本語 [ja-JP]” を選択します。
10. [上へ] ボタンをクリックして “日本語 [ja-JP]” を言語一覧の先頭へ移動します。
11. [言語の優先順位] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。
12. [インターネット オプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。

Mozilla Firefox の場合

1. %Program Files%\Mozilla Firefox\res フォルダーの下にある language.properties ファイルをメモ帳等で開きます。
2. 開いたファイルの適当な行に “ja-jp.accept = true” という行を新たに追加して、ファイルを保存します。
3. Firefox を起動します。
4. [ツール] をクリックします。
5. [オプション] をクリックします。
6. [オプション] ダイアログで [詳細] をクリックします。
7. [一般] タブの [言語設定] をクリックします。
8. [言語] ダイアログで [追加する言語を選択...] をクリックして、一覧から “日本語/日本 [ja-jp]” を選択します。
9. [追加] ボタンをクリックします。
10. [言語の優先順位] の一覧で “日本語/日本 [ja-jp]” を選択して、[上へ] ボタンをクリックして “日本語/日本 [ja-jp]” を言語一覧の先頭へ移動します。
11. [言語] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。
12. [オプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックします。

最後に、今回リリースされた TSWA 2008 は、Team Foundation Server 用の Power Tool としては初めてのローカライズ版のリリースとなります。是非ともお使いいただければ幸いです。